Asana CSV インポート機能 icon

Asana CSV インポート機能

スプレッドシートや他の仕事管理ツールから簡単にデータを取り込みます。

CSV インポート機能とは?

Asana が構築した CSV インポート機能なら、Excel、Smartsheet、Wrike、Monday.com、Airtable、Trello などのツールからデータを簡単に Asana に移行させることができるため、どのプロジェクトにも即座に取りかかれます。取り込まれたデータはタスクに変換され、Asana プロジェクトに表示されます。

CSV インポート機能は、タスク名と説明に加え、担当者、期日、開始日、依存関係、フォロワー、カスタムフィールドなどの情報をサポートします。

CSV やスプレッドシートを Asana にインポートする方法

Excel、Smartsheet、その他の仕事管理ツールから情報を Asana の新規プロジェクトに移行させるには、まず CSV ファイルを作成します。(データを CSV ファイルにエクスポートするための詳細は、ガイド記事をご覧ください)

CSV ファイルを作成したら、以下の手順に従ってください。

  1. Asana にログインまたは登録します。
  2. トップバーにある + ボタンをクリックして新規プロジェクトを作成します。
  3. プロンプトが表示されたら、インポートのオプションを選択します。
  4. アップロードする CSV ファイルを選択します。
  5. インポートするデータを確認し、必要に応じて変更を加えます。
  6. インポートを開始します。

以上です!

プロジェクトメニューから、スプレッドシートを既存の Asana プロジェクトに取り込むこともできます。

サポートを受ける

さらに詳しい手順については、CSV インポート機能の使い方についての記事をお読みください。 ご不明な点については、Asana サポートにアクセスするか、Asana コミュニティでご質問ください。

既存ツールと Asana の統合で、仕事の効率アップ