CSVインポート機能 icon

CSVインポート機能 + Asana

AsanaのCSVインポート機能でスプレッドシートのプロジェクトを簡単にAsanaに取り込む。

CSV インポート機能とは?

CSVインポート機能を使って、ワークフローをエクセル、Smartsheet、TrelloのようなツールからAsanaに取り込み、プロジェクトを開始することができます。インポートすると、スプレッドシートの列や行が追跡可能なタスクに変換され、担当者と期日とともにAsanaプロジェクトに表示されます。

CSVをインポートする前に、スプレッドシートで以下のポイントについて簡単に調整を行ってください。

  • 担当者: スプレッドシートの列に入っているタスク担当者の名前を担当者フィールドに割り当てるには、名前の代わりに仕事のメールアドレスである必要があります。

  • 日にち: 期日と開始日の両方をAsanaで追跡できます。スプレッドシートでは、期日と開始日を別の列にしてください。開始日は Asana Premiumの機能です。Premiumバージョンのユーザーでない場合、開始日は説明に表示されます。

  • フォロワー:チームメイトを自動的にタスクのフォロワーに追加したい場合は、別途、列を作成し、チームメイトを仕事のメールアドレスを使って追加します。

  • その他の情報:タスク名、担当者、期日の他に、その他の列をカスタムフィールドに割り当てることができます。その他の列に含まれる情報は、タスク説明フィールドに上から順番にリスト表示されます。カスタムフィールドでは優先度の設定や追跡を行うことができ、またフィールドによるソートや検索も可能です。カスタムフィールドの活用例としては、優先度、プロジェクトステージ、チーム、およその所要時間などがあります。

CSVやスプレッドシートをAsanaにインポートする方法

エクセルやSmartsheetを使用していたり、TrelloのプロジェクトをAsanaに移動したりする場合、これらのファイルを簡単にCSVに変換してインポートすることができます。ファイルの変換ができたら:

  1. Asanaにログインまたは登録してください。
  2. トップバーにある+ボタンをクリックしてプロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトを選択します。
  3. プロジェクト名の横のプロジェクトヘッダードロップダウンメニューで、「次を使用してタスクを追加」にカーソルを合わせ、CSVを選択します。
  4. ファイルを検索し、インポート機能にドラッグ & ドロップします。
  5. スプレッドシートにヘッダーの行がある場合、「1行目を列の名前として使用する(Use first row as column names)」のチェックボックスにチェックを入れてください。
  6. インポートを開始します。

スプレッドシートをプロジェクトにインポートしたら、同じプロジェクトにさらにスプレッドシートをインポートしても、追加されるだけですでにプロジェクトに入っている情報を上書きすることはありません。

サポートを受ける

さらに詳しい手順については、CSV機能の使用に関する記事のガイドをご覧ください。

ご不明な点は、 Asanaサポートをご覧いただくか、Asanaコミュニティでご質問ください。

既存ツールと Asana の統合で、仕事の効率アップ

無料で試す