タイムラインを使って生産性を高める

電子書籍をダウンロードして詳しくお読みください

facebooktwitterlinkedin
[リソース] タイムラインを使って生産性を高める記事バナー

仕組みがあると仕事がしやすくなります。担当業務の概要をまとめ、目標やタスクを設定し、大きなプロジェクトを管理しやすいサイズのタスクに分割するのはそのためです。仕組みがないと、チームの足並みが乱れたり、仕事が重複されたり、完了できなかったりするので、個々のメンバーやチーム、組織全体に支障が起こります。

仕事を管理するにあたり、プロジェクトを順調に進行させるスキルは最も重要であると同時に、最も習得が難しいスキルの一つでもあります。だからこそ、大抵の共同作業では、その規模に関係なく、タイムラインが効果を発揮します。

しかし、タイムラインとは一体何のことでしょう?生産性を高めることにどう役立つのでしょうか?

この電子書籍では以下のトピックを解説しています。ダウンロードしてお読みください。

  • タイムラインの定義、主な機能、そして誰が使うのか。

  • Asana のタイムラインを使って生産性を高める方法。

  • チームが Asana のタイムラインを導入し、コラボレーションの仕方を見直したことで、高成長を遂げる国際チームの管理とコーディネーションを向上させた実例。

関連リソース

記事

How the sunk cost fallacy influences our decisions