共同ワークフロー管理 - コラボレーションの新たな形

詳細は IDC のインフォグラフィックをダウンロードしてご確認ください

共同ワークフロー管理 - IDC のロゴ

パンデミックの影響でビジネス環境が大きく変化する中、企業の共同作業はより重要な役割を担うようになり、ビジネスにおける成果を上げるためにその規模も大きくなってきています。このようなビジネス環境の変化を受けて、企業は事業継続のためにワークフロー管理ツールなどの適切なソリューションを選択することが重要です。

このインフォグラフィックでは、IDC の European Enterprise Communications and Collaboration と題したプログラムでリサーチマネージャーを務める Oru Mohiuddin 氏が、ビジネス価値の向上を阻む最大の障壁と、ワークフロー管理ツールがどのようにして現在の課題を解消し、効率性を高めるかについて紹介しています。

このインフォグラフィックでは以下のようなことが学べます。

  • IDC Future of Work 2020 の調査結果に基づいた、ビジネス価値の向上において最大の障壁となる仕事上の課題。
  • IDC の回答者の 27% がビジネス価値向上における最大の障壁は情報過多だと答えている中、ワークフローの可視性が成功に不可欠となる理由。
  • 従業員を支え、生産性を向上させるのに適切なツールが必要な理由。