Asana と IDC によるコラボレーションと仕事の新たな未来 (ヨーロッパ編)

ウェビナーをご覧ください

Oru Mohiuddin 氏と Simon O’Kane が語るコラボレーションと仕事の新たな未来

ここ数か月の間に、世界中の多くの企業が一瞬にしてリモートワークに移行し、コラボレーションツールの導入が劇的に加速しました。最近、IDC がヨーロッパ企業による IT への支出について実施した調査では、チームコラボレーションのソリューションに向けた投資が、テクノロジー分野における最優先事項トップ 5 の 1 つに挙げられています。また、別のアンケート調査で、IDC は企業の 58.5% が在宅勤務のあり方は恒久的に変化し、今後は人事ポリシーに含まれるようになると考えていると報告されています。

このウェビナーでは、IDC の European Enterprise Communications and Collaboration と題したプログラムでリサーチマネージャーを務める Oru Mohiuddin 氏をゲストスピーカーにお迎えします。Mohiuddin 氏には、分散型コラボレーションの現状について、また新しい常識に適応しようと悪戦苦闘する多くの企業を待ち受ける未来についてお話しいただきます。プレゼンテーションの後は、Asana で EMEA のゼネラルマネージャーを務める Simon O’Kane が Q&A セッションを行います。

Oru Mohiuddin 氏と Simon O’Kane がイギリスのインサイトを共有し、以下について話し合います。

  • ワークマネジメントツールが分散型の仕事環境で組織が必要とする柔軟性とセキュリティをどのように提供しているか。
  • 統合されたテクノロジースタックからコラボレーションカルチャーの構築にいたる、さまざまな導入を加速させる方法。
  • 未来のオフィスがすでに実現していること、分散型チームを成功に導く方法。