「仕事の解剖学」: インポスター症候群

ウェビナーを視聴

facebooktwitterlinkedin
「仕事の解剖学 2021」EMEA ウェビナー - インポスター症候群 ウェビナーのバナー画像

先日 Asana は、世界中の 13,000 人を超えるナレッジワーカーを対象にアンケートを実施した「仕事の解剖学」インデックス 2021 を発表しました。このレポートによると、回答者の 62% がインポスター症候群を体験しており、「自分は周りの人々が思うほどの実力を持っていない」と感じるナレッジワーカーは、特にイギリスに多いことが明らかになっています。

このウェビナーでは、インポスター症候群のエキスパートが以下の項目について語り合います。

  • Elizabeth Day 氏、受賞経験のある著者・ジャーナリスト・アナウンサー

  • Matthew Syed 氏、ジャーナリスト・アナウンサー・『Black Box Thinking』(邦訳: 失敗の科学) の著者

  • Owen O’Kane 氏、心理学者・NHS (イギリスの国民保健サービス) の前クリニカルリーダー・講演者・ベストセラー作家

本ウェビナーの進行役は、Asana で EMEA のゼネラルマネージャーを務める Simon O'Kane が務めます。パネリストの方々がインポスター症候群における経験、個人やチーム、組織全体におよぶ影響、自分の日常において対応する方法について意見交換を行います。

関連記事

レポート

仕事の解剖学 2021: 勢いづくワークマネジメント