Slack、Dropbox、Asana が語るリモートワークに関するインサイト

ウェビナーをご覧ください

Slack、Dropbox、Asana が語るリモートワークに関するインサイト

今年、在宅ワークへの移行が突然始まりました。それ以来、従業員の 3 分の 2 がコラボレーションツールの活用を増やしています。一方、従業員の半数は専用のワークスペースがない、もしくは安定したインターネット接続を持っていないという状況です。これが私たちの仕事環境の現状です。私たちは疑問に思います。Slack や Dropbox、Asana のようなコラボレーションツールを作っているチームは、一体どのようにしてリモートワークをこなしているのでしょうか。こういった企業は私たちの働き方について、どのようなインサイトを持っているのでしょうか。

Slack でプラットフォーム部門長を務める Andy Pflaum 氏、Dropbox でビジネス開発部門の VP を務める Jamie Young Perlman 氏、Asana でビジネスおよびコーポレート開発部門長を務める Maria Wu Kiskis の 3 名が以下の内容についてインサイトを語るウェビナーにぜひご参加ください。

  • チームがつながりを維持し、仕事を整理し、集中力を保つためのベストプラクティス
  • 仕事環境がリモートへと移行する中でお客様の行動に見られる傾向
  • 私たちがオフィス環境に戻るとき、発生すると思われる変化やこのまま変わらず継続すると思われる事柄