Asana でイノベーションを続ける Overstock.com

Asana でイノベーションを続ける Overstock.com
  • Asana でイノベーションを続ける Overstock.com
  • 会社の規模
    • 従業員数 1500 人
  • 拠点
    • ユタ州ミッドヴェイル
  • カスタマーサクセスマネージャー
    • Amy Lee

大規模だがスピードも兼ね備える

「Overstock.comの規模は大きいですが、動きが遅い訳ではありません」と、UXデザインとオンライン小売製品のシニアディレクターを務めるJaimeは言います。この業界で20年ビジネスを営み、何千人もの従業員を抱えながら、スタートアップさながらのエネルギーを持っています。

「この会社は、イノベーションと実験精神が旺盛なのです。もちろんコアビジネスにはフォーカスしていますが、同時にOverstock.comができることの幅を広げることは常に念頭に置いています。現在、チームは消費者と新しいブランドを結びつけて、Overstockが過去20年間培ってきたバリューに基づいた高品質製品を売り出しつつも新しいバーチャルなショッピングの体験を作り出すためにはどうしたらいいか、ブレーンストーミングをしているところです」

一瞬でスピードに乗る

Jaimeにとって、成功の鍵はコミュニケーションだといいます。「大きなチームを小さなチームのように動かすには、ビジネスの様々な部分で何が起こっているのかを把握している必要があります。ここでは皆、自分が何に取り組んでいるのかシェアすることに関してはオープンですが、実際に作業までシェアしたいとなると、それは簡単なことではありませんでした」

チームを異なるツールの上で動かしたり複数のプラットフォーム上でコミュニケーションを取らせたりすることで、必要な情報が行き渡らなくなる可能性があります。「どのチームがどのソフトウェアを使っているか、あるいはそれぞれのシステムにアクセスできるかやツールの仕組みを確認するというのは、時間の上手な使い方ではありません」

JaimeのチームはJIRAなどの追跡ツールを試してみましたが、不自然で複雑だったといいます。こういったツールの使い方を覚えるのに費やした時間はプロジェクトのタイムラインに遅れを生じさせ、チームの連携が乱れてしまいました。「このような大きなプロジェクトに取り組むとき、チームメイトをスピードに慣らすだけの時間は取れません。何が起こっているのかを明確に捉えた上でミーティングに臨む必要があります」

また、チームは簡単にプロジェクト内のグループの様子を見る必要があり、それぞれがその情報をもとに何をすべきかを明確に提示しました。「戦略的に計画を練るとき、チームの全員が、自分が今何をしているのか理解し、他人に頼らずに何をすべきかを把握できる何かが必要なのです」

ひとつのチームから始まる

Overstock.comにとって、彼らが使っているツールがトップダウンではなくボトムアップで採用されたものであったことは大きな意味を持ちます。イノベーションを起こし素早く動くために、チームメンバーには自分たちにとって自然なかたちで作業することができる環境が必要でした。Asanaは現在Overstock.comの標準ツールとして作業の追跡に使われていますが、社内で公式にこの決断を下した人物がいる訳ではありません。

Asanaはもっと有機的なかたちで社内に広まっていきました。「最初は、あるチームがプロジェクトの計画のためにAsanaを使い始めました。それから私たちのチームも、何に取り組むべきか把握するためにAsana導入の検討を始めました」Asana上に複数のチームが現れたことで、詳細なレポートやプライバシーの設定ができるPremiumにアップグレードするのは理にかなっていました。「そこからあらゆるチームや部署に広がり、現在ではすべてのチームがAsanaを使っています」

JaimeはOverstock.comにおけるAsanaの人気の秘密はその使いやすさにあると考えています。「Asanaでは誰もがプロジェクトの内容を確認して状況を把握することができます。誰か新しい人を雇い、Asanaへのアクセスを与えてこのチームに参加するように言うだけで、使い方を教える必要はありません。パワフルです」

初日から一緒に

Jaimeのチームが新製品をローンチするとき、それぞれのチームは初日から取り組むべきことに集中できます。ローンチのプランは1ヵ所にまとめられており、チームは必要なタスクと期日を担当者に割り当てることができます。

Jaimeは、Asanaはキャンペーンのクオリティが水準に達しているか確認するのにも役立っているといいます。「Asanaでひとつのグループになっており、製品のローンチのためにやるべきことのリストを作らなければいけないとき、はじめの段階から空白期間を見つけることは簡単で、最後のほうで混乱したり、何かを忘れてタイムラインに遅れをきたすというようなことはありません」

これの良い例がOverstock.comのSEOチームです。「製品・デザイン方面の人間として、普段SEOに関わることはありません。何年か前、自分たちの製品プランにSEOグループを巻き込むなんて想像もしませんでした。関係があるとは思っていなかったからです。チームは活用されず、結果は良くありませんでした

現在私たちはAsana上の同じプロジェクトで作業しており、SEOチームも私たちがどのような作業をしているか確認することができ、計画段階から彼らを巻き込むことがいかに重要かを実感しています。Asanaでこのプロセスの管理を始めてからSEOの状況が改善されていて嬉しく思います」

コラボレーションは品質向上につながる

Jaimeによると、Asanaを導入したことによる驚くべき結果の1つに、コラボレーションの活発化とチーム同士の共同作業に楽しさが芽生えたことです。「新製品の試作品のリンクと現在取り組んでいるデザインをシェアして、それに対してチームがコメントをしています。そのコメントがまた、面白いんです」彼女はまた、Asanaで達成した作業の量に驚いているといいます。「Asanaを使うことでスムーズになったものは、挙げたらきりがありません」その抜粋はこちら:

  • 製品ロードマップ: Overstock.comのチームはあらゆる新製品を検討段階からAsana上で扱い、誰でも最初の段階から状況を把握することができます。
  • デジタルマーケティング: Overstock.comのSEO、SEM、そして有料広告戦略はすべてAsanaで管理されています。
  • 1on1: マネージャーはそれぞれAsanaのレポートから、プライバシー設定により限られた人しかアクセスができないようにしつつ1on1をキープすることができます。
  • チームミーティング: Asanaでチームミーティングの管理を始めたとき、Jaimeはミーティングの生産性の大幅な向上を実感しました。ミーティングの日程はプロジェクト内で管理されているため、誰もが状況を正確に把握することができます。

“Asanaでは誰もがプロジェクトの内容を確認して状況を把握することができます。誰か新しい人を雇い、Asanaへのアクセスを与えてこのチームに参加するように言うだけで、使い方を教える必要はありません。パワフルです” — Jaime Wilson, Overstock.com UX・製品デザインシニアディレクター

Overstock.comにおける作業のクオリティの向上をJaimeは誇りに思っています。「1つのチームとして、お客様にとって最高の体験を作り出していきたいし、Asanaでプロジェクトを完了したとき、ゴールを達成したという自信がつきます」

その他の Asana のサクセスストーリー

Asana を探索

Asana は、チームが協力してプロジェクトやタスクを管理するための一番の近道。そして業績を伸ばすことができます。

マーケティングキャンペーン

マーケティングキャンペーン

製品リリース

製品リリース

会社の目標

会社の目標

月面探査任務

月面探査任務

仕事を整理

はっきりとしたタスクやマイルストーンを設定することで、チームはするべきことを明確に把握できるようになります。

仕事を整理

期限を遵守できるようチームをサポート

担当者と期日を明確に設定することで、すべてのマーケターは自分がやるべきことを正確に知ることができます。

期限を遵守できるようチームをサポート

期限を遵守

キャンペーンの計画を綿密に立てることで、全体像を把握し、潜在的な問題を特定して仕事を順調に進めることができます。

期限を遵守

実用的な会話をする

進行中の仕事の質問をしたり最新情報を提供したりすることで、行動につながる会話をすることができます。

実用的な会話をする

仕事にファイルを添付

共有書類や設計ファイル、予算書のスプレッドシートなどをまとめることで、チームが情報を求めて右往左往することがなくなります。

仕事にファイルを添付

仕事の全体像を一目で確認

カレンダー上で仕事を確認することで、期限などの重要な日付を見逃すことがなくなります。

仕事の全体像を一目で確認

進捗を追跡

プロジェクトの進捗を常に把握しておくことで、問題が発生したときに迅速に対応できます。

進捗を追跡

外出先で作業

ベンダーとの打ち合わせやカンファレンスなど、オフィスを離れているときでもモバイル用 Asana があれば常につながっていることができます。

外出先で作業

プログラムを例外なく成功裏に実施

Asana は、マーケティングチームがオーディエンスに働きかけるイニシアチブを計画、管理、追跡、開始するためのお役に立ちます。

プログラムを例外なく成功裏に実施

各ステップを綿密に計画

開発からリリースまでの重要なステップを綿密に計画することで、全員がロードマップを明確に把握することができます。

各ステップを綿密に計画

誰がボールを握っているのかを知る

リリースまでの各段階のオーナーと期日を明確にすることで、スケジュール通りのリリースを実現できます。

誰がボールを握っているのかを知る

スケジュール通りのリリース

計画の全体像を把握することで、調整しながら仕事を順調に進めることができます。

スケジュール通りのリリース

全員が最新情報を把握

重要な最新情報や会話を仕事につなげることで、メールスレッドに埋もれてしまうことを防ぎます。

全員が最新情報を把握

仕事を 1 か所にまとめる

ファイルをプロジェクトに添付することで、全員が正しい情報のありかを把握することができます。

仕事を 1 か所にまとめる

日付とマイルストーンを管理

リリース計画をカレンダーに表示することで、重要な日付を見逃すことがなくなります。

日付とマイルストーンを管理

何が順調で、何がそうでないかを把握

仕事の進捗を確認することで、期限や目標に向けて仕事を順調に進めていくことができます。

何が順調で、何がそうでないかを把握

どこにいても常につながりをキープ

モバイルで Asana があれば、どこにいてもリリースの進捗を把握できます。

どこにいても常につながりをキープ

位置について、用意、リリース!

期限の遵守に役立つ Asana があれば、製品チームは素晴らしい製品リリースを実現することができます。

位置について、用意、リリース!

優先度を設定

それぞれの目標に向けてタスクを作成することで、全員が会社全体の目標を理解できます。

優先度を設定

適切な責任者を決める

それぞれの目標を適切な人物に割り当てることで、誰が担当者で、誰に質問すればいいかを全員が知ることができます。

適切な責任者を決める

目標達成のための計画を立てる

それぞれのマイルストーンから目標までの道のりを把握することで、目標達成に向けて自信を持って取り組んでいくことができます。

目標達成のための計画を立てる

情報を共有し、現状を把握

目標と密接につながった更新情報やコメントを提供することで、関係者は最新情報と進捗を常に把握できます。

情報を共有し、現状を把握

重要なファイルを添付

お使いのファイル共有ツールと Asana を統合することで、重要な書類をすべて 1 か所にまとめることができます。

重要なファイルを添付

重要な日付を見逃さない

イニシアチブの期限やマイルストーンをカレンダー上で確認することで、首尾よく行動することができます。

重要な日付を見逃さない

会社の進捗を追跡

どの目標が順調に進んでいて、どの目標が要注意かを理解することで、目標達成に向けて着実に進めます。

会社の進捗を追跡

最新情報を把握

モバイルで Asana があれば、どこにいても最新情報を受け取り、重要な決定に加わることができます。

最新情報を把握

目標を達成

Asana を使用するとチームが組織の目標を把握できるため、するべきことに全員が集中できます。

目標を達成

ミッションに備える

ミッションの各ステップを綿密に計画することで、万全の状態で高い目標を狙えます。

ミッションに備える

責任者を知る

各タスクのオーナーを明確に割り当てることで、パイロットもコマンダーも、そしてフライトエンジニアもやるべきことを把握できます。

責任者を知る

各ステップを綿密に計画

リリース計画を作成することでスタートからゴールまでの進路を決定。これをチームと共有し、状況の変化に合わせて調整します。

各ステップを綿密に計画

万全の状態を整える

大切な質問をしたり会話をしたり、あるいはステータスの更新を行うことで、クルーが発射日に万全の状態になるよう準備を進めることができます。

万全の状態を整える

すべてをつなげる

ミッションに必要な他のツールに Asana を接続することで、すべての情報を同じ場所で管理できます。

すべてをつなげる

成功を見逃さない

各マイルストーンをカレンダー上に表示することで、離陸までの重要な日付を追跡することができます。

成功を見逃さない

進捗を追跡

何が順調で、何がそうでないかを把握することで、発射日に向けて着々と準備を進められます。

進捗を追跡

作業をどこからでも

インターネット接続さえあれば、オフィスにいても月面にいても変わらず最新情報を把握し続けることができます。

作業をどこからでも

3、2、1、発射!

Asana があれば、クルーは月に向かって発射し、月面に到着することができます。必要なのは小さな第一歩だけです…

3、2、1、発射!