Asana で世界にプログラミングを教える HackReactor

Asana で世界にプログラミングを教える HackReactor
  • Asana で世界にプログラミングを教える HackReactor
  • Asana の導入効果
    • 運営コストを半分に削減
    • 採用コストをゼロに削減
    • 卒業率 97.3%
    • 卒業後の就職率 98.1%

世界に通用する教育を

HackReactor はコーディングを徹底的に学ぶための学校です。就職後のキャリアアップを重視し、世界に通用する教育を何千という生徒たちに提供することで知られています。

「サービス業で最も大変なのは、周りに驚かれるほどサービスの質を上げなくてはならないことです」と HackReactor の CEO、Tony Phillips は言います。全米で 6 つの都市に教室を展開する HackReactor のように、チームが互いに離れた場所で働く企業の場合、これは特に重要です。

どんなに些細なことにも気を抜かない。これは Hack Reactor がすべての教室において重きを置いている点です。「セールスポイントは、几帳面すぎると思われるほど細かく生徒の面倒を見ること。たとえば、入学後のオリエンテーションで生徒が付ける名札なども、名前や綴りが間違っていないか完璧にチェックします。これができるとできないとでは大きく違います。小さなことを一つずつ積み重ねてこそ、競争に打ち勝つ企業へと成長できるのです。一番大切なのはそこです」

頭の中にある情報をどう利用するか

HackReactor を創設した当初は、些細なことにも大きなことにも目を光らせておくのは、Tony にとって難しいことではありませんでした。しかし、教室の数を増やし、スタッフや生徒が増えていくにつれて、それまでのように細かく気を遣って生徒に接するのが困難になっていきました。Tony は何かと行き届かなくなることに不安を感じていました。

「さまざまな業務を標準化し、それをすべての教室で徹底させる必要がありました。HackReactor はニューヨーク、オースティン、ロサンゼルス、サンフランシスコに教室があり、オンラインのクラスもあります。ニューヨークとサンフランシスコで同じことをするのは大変です。たとえば、両校で同じ種類のイベントを開催し、生徒に同じように感じてもらい、同じように満足してもらうことは、簡単ではありません」

標準化のためにプロセスを整理していると、新しい教室が増えた時にもそのプロセスを簡単に適用できるように、情報を 1 か所にまとめておく場所が必要だと Tony は思うようになりました。また、自分が持っている情報をすべてそこに整理したいとも考えました。

大事なことはすべて Tony の頭の中にありました。あとはそれを頭の中から出して、HackReactor で働く社員たちが動けるよう整理する必要がありました。「私たちは莫大な量の情報を扱っています。人間の脳には、物事を記憶する能力は少ししか備わっていませんが、考える能力には非常に長けています。だから、情報を記録することは他の何かに任せて、その情報を利用して何をするかを考えた方が良いのです」

この目的でツールを選ぶにあたり、Tony は次の 3 点に注目しました。

  • 細部まで行き届いたサービスを提供できているか確認できること。
  • プロセスを隅々まで標準化し、それがすべての教室で徹底できているか確認できること。
  • 繰り返し行うプロセスに必要な時間を削減できること。

あうんの呼吸から情報の管理へ

Tony は自分で Asana を使った後で、HackReactor の全員にそれを使用するよう指示したと言います。「Asana の導入を決めたきっかけは、あうんの呼吸がもはや通じないと思ったことです。少人数のスタッフ同士で感じていたテレパシーのようなものが消えた瞬間、私は強い危機感を覚えました」

Asana を使って最初に行ったのは、重要なプロセスを詳細に文書化することでした。教室のコース開発や施設管理などのプロセスについて、詳しい説明をどの教室からでも参照できるようにしたのです。こうして Asana に情報を入れて管理することで、Tony はこれまで培った知識や経験が全員に伝わると、手ごたえを感じたと言います。

また、教室を増やす際にも、このツールを使ってスムーズに業務を開始できることが重要です。そのために偉大な効果を発揮したのが Asana の API でした。

「Asana が他のツールよりも飛び抜けて素晴らしいと思ったことがあります。それは API をとても簡単に使えることです。Asana にうまくフィットしないワークフローがあったとしても、私のように本職でもないエンジニアが API を使って機能を追加し、ソリューションをカスタマイズしてチームの効率を上げることができるのです」

彼らは Asana のテンプレート機能を使ってプロジェクトやプロセスをコピーした後、さらに API を使って自分たちで機能を追加し、Show Runner という名前のプログラムを完成させます。「API を使って作成したこの巨大なテンプレートシステムは、新しい教室に必要なすべてのタスクを自動的にコピーし、それらを自動的に割り当てます。繰り返し行うタスクをすべて取りこぼしなく、それぞれに合ったタイミングでスタッフに正確に割り振ることができます。どんなに些細なことも逃しません」

あらゆる仕事を Asana で

現在、HackReactor の 200 名を超えるスタッフは、Asana を使ってさまざまなワークフローを管理しています。「私たちは管理プロセスに Asana を使い、パフォーマンスレビューに Asana を使い、標準化した業務手続きに Asana を使い、人事のポリシーにも Asana を使います。スタッフのモラル向上イベントにさえ Asana が必要です。Asana がなければ何も始まりません。」

  • 文書化とテンプレート: 「Asana の軸になるのはコピーの機能です。私たちが使うテンプレートの数は、かなりのものです。プロジェクトでも、プロセスでも、そのままコピーして送るだけで、全員が毎回まったく同じように作業できます」
  • パフォーマンスレビュー: Asana を見れば、自分たちが何を作業していて、どこまで進んでいるかがすぐにわかります。仕事がうまくいっていないスタッフを見つけたり、その人にどの程度のサポートが必要かを考える際にも Asana が非常に役に立ちます。
  • 1on1 ミーティング: 「プロジェクトを非公開で作成し、1on1 ミーティングでチームのメンバーを追加したり、上司と話し合う項目を入力するのに使うと便利です。
  • 施設管理: 「施設に関連する業務のチェックリストとしても Asana を使っています。植物の水やりをチェックするタスクもありますよ」
  • 入学手続き: 「入学の見込みのある生徒一人に対し、すでにタスクを作成しています。Asana を使って生徒がプログラムに申し込む手続きも追跡しています」

“本当に、Asana がなければ何も始まりません。社全体ですべてのスタッフが Asana を使っています” — Tony Phillips, HackReactor CEO

Asana をフルに活用することは、Hack Reactor を成長させるために欠かせない要素です。Tony は言います。「Asana でセットアップしたプロセスでより効率的に授業を行うことができるおかげで、私たちは運営コストを半分に削減することができています」また、コストが下がると同時に授業の質も向上。Hack Reactor 卒業後の就職率が 98% であることが、その証左です。

その他の Asana のサクセスストーリー

Asana を探索

Asana は、チームが協力してプロジェクトやタスクを管理するための一番の近道。そして業績を伸ばすことができます。

マーケティングキャンペーン

マーケティングキャンペーン

製品リリース

製品リリース

会社の目標

会社の目標

月面探査任務

月面探査任務

仕事を整理

はっきりとしたタスクやマイルストーンを設定することで、チームはするべきことを明確に把握できるようになります。

仕事を整理

期限を遵守できるようチームをサポート

担当者と期日を明確に設定することで、すべてのマーケターは自分がやるべきことを正確に知ることができます。

期限を遵守できるようチームをサポート

期限を遵守

キャンペーンの計画を綿密に立てることで、全体像を把握し、潜在的な問題を特定して仕事を順調に進めることができます。

期限を遵守

実用的な会話をする

進行中の仕事の質問をしたり最新情報を提供したりすることで、行動につながる会話をすることができます。

実用的な会話をする

仕事にファイルを添付

共有書類や設計ファイル、予算書のスプレッドシートなどをまとめることで、チームが情報を求めて右往左往することがなくなります。

仕事にファイルを添付

仕事の全体像を一目で確認

カレンダー上で仕事を確認することで、期限などの重要な日付を見逃すことがなくなります。

仕事の全体像を一目で確認

進捗を追跡

プロジェクトの進捗を常に把握しておくことで、問題が発生したときに迅速に対応できます。

進捗を追跡

外出先で作業

ベンダーとの打ち合わせやカンファレンスなど、オフィスを離れているときでもモバイル用 Asana があれば常につながっていることができます。

外出先で作業

プログラムを例外なく成功裏に実施

Asana は、マーケティングチームがオーディエンスに働きかけるイニシアチブを計画、管理、追跡、開始するためのお役に立ちます。

プログラムを例外なく成功裏に実施

各ステップを綿密に計画

開発からリリースまでの重要なステップを綿密に計画することで、全員がロードマップを明確に把握することができます。

各ステップを綿密に計画

誰がボールを握っているのかを知る

リリースまでの各段階のオーナーと期日を明確にすることで、スケジュール通りのリリースを実現できます。

誰がボールを握っているのかを知る

スケジュール通りのリリース

計画の全体像を把握することで、調整しながら仕事を順調に進めることができます。

スケジュール通りのリリース

全員が最新情報を把握

重要な最新情報や会話を仕事につなげることで、メールスレッドに埋もれてしまうことを防ぎます。

全員が最新情報を把握

仕事を 1 か所にまとめる

ファイルをプロジェクトに添付することで、全員が正しい情報のありかを把握することができます。

仕事を 1 か所にまとめる

日付とマイルストーンを管理

リリース計画をカレンダーに表示することで、重要な日付を見逃すことがなくなります。

日付とマイルストーンを管理

何が順調で、何がそうでないかを把握

仕事の進捗を確認することで、期限や目標に向けて仕事を順調に進めていくことができます。

何が順調で、何がそうでないかを把握

どこにいても常につながりをキープ

モバイルで Asana があれば、どこにいてもリリースの進捗を把握できます。

どこにいても常につながりをキープ

位置について、用意、リリース!

期限の遵守に役立つ Asana があれば、製品チームは素晴らしい製品リリースを実現することができます。

位置について、用意、リリース!

優先度を設定

それぞれの目標に向けてタスクを作成することで、全員が会社全体の目標を理解できます。

優先度を設定

適切な責任者を決める

それぞれの目標を適切な人物に割り当てることで、誰が担当者で、誰に質問すればいいかを全員が知ることができます。

適切な責任者を決める

目標達成のための計画を立てる

それぞれのマイルストーンから目標までの道のりを把握することで、目標達成に向けて自信を持って取り組んでいくことができます。

目標達成のための計画を立てる

情報を共有し、現状を把握

目標と密接につながった更新情報やコメントを提供することで、関係者は最新情報と進捗を常に把握できます。

情報を共有し、現状を把握

重要なファイルを添付

お使いのファイル共有ツールと Asana を統合することで、重要な書類をすべて 1 か所にまとめることができます。

重要なファイルを添付

重要な日付を見逃さない

イニシアチブの期限やマイルストーンをカレンダー上で確認することで、首尾よく行動することができます。

重要な日付を見逃さない

会社の進捗を追跡

どの目標が順調に進んでいて、どの目標が要注意かを理解することで、目標達成に向けて着実に進めます。

会社の進捗を追跡

最新情報を把握

モバイルで Asana があれば、どこにいても最新情報を受け取り、重要な決定に加わることができます。

最新情報を把握

目標を達成

Asana を使用するとチームが組織の目標を把握できるため、するべきことに全員が集中できます。

目標を達成

ミッションに備える

ミッションの各ステップを綿密に計画することで、万全の状態で高い目標を狙えます。

ミッションに備える

責任者を知る

各タスクのオーナーを明確に割り当てることで、パイロットもコマンダーも、そしてフライトエンジニアもやるべきことを把握できます。

責任者を知る

各ステップを綿密に計画

リリース計画を作成することでスタートからゴールまでの進路を決定。これをチームと共有し、状況の変化に合わせて調整します。

各ステップを綿密に計画

万全の状態を整える

大切な質問をしたり会話をしたり、あるいはステータスの更新を行うことで、クルーが発射日に万全の状態になるよう準備を進めることができます。

万全の状態を整える

すべてをつなげる

ミッションに必要な他のツールに Asana を接続することで、すべての情報を同じ場所で管理できます。

すべてをつなげる

成功を見逃さない

各マイルストーンをカレンダー上に表示することで、離陸までの重要な日付を追跡することができます。

成功を見逃さない

進捗を追跡

何が順調で、何がそうでないかを把握することで、発射日に向けて着々と準備を進められます。

進捗を追跡

作業をどこからでも

インターネット接続さえあれば、オフィスにいても月面にいても変わらず最新情報を把握し続けることができます。

作業をどこからでも

3、2、1、発射!

Asana があれば、クルーは月に向かって発射し、月面に到着することができます。必要なのは小さな第一歩だけです…

3、2、1、発射!