WhimsicalAsana Integration

Whimsical + Asana

Whimsical のワイヤーフレーム、フローチャート、マインドマップなどを埋め込み、パワフルで美しい視覚的コミュニケーションを Asana プロジェクトにもたらしましょう。

百聞は一見にしかずと言いますが、Whimsical と Asana を連携すると、それを実感できます。この連携を使って、Whimsical のワイヤーフレーム、フローチャート、マインドマップ、スティッキーノート、文書 (ベータ版) を、Asana のプロジェクトにシームレスに埋め込むことができます。

Whimsical のボードを Asana に埋め込めば、アプリを何度も切り替えずに、仕事に必要なツールをいつでも使用できます。パワフルなプロジェクト管理ソフトウェアである Asana でチームとの連携を維持しつつ、Whimsical の高速で美しいオンラインコラボレーションツールを使って、ワイヤーフレーム、製品仕様、ユーザーフロー、カスタマージャーニー、アーキテクチャダイヤグラムを作成し、あらゆる種類のブレインストーミングに役立てましょう。リモートチームにとっては、千の言葉をつくすより、たった 1 枚の画像が物を言う場合も少なくありません。

もちろん、リモートチーム会議でのリアルタイムコラボレーションから、異なるタイムゾーン間での非同期コミュニケーションまで、Whimsical と Asana の連携で対応できます。

Whimsical の図を Asana に埋め込むには、共有リンクをコピーするか、ボードからリンクを埋め込みます。ボード全体のほか、特定の「Viewport (ビューポート)」を選択できます。また、埋め込んだオブジェクトの公開先を、全体にするか、Whimsical のワークスペースのメンバーのみに限定するかを指定できます。

Whimsical とは?

ワイヤーフレーム、フローチャート、マインドマップ、スティッキーノート、文書 (ベータ版) を驚くほどすばやく作成できる Whimsical は、考える速さでコミュニケーションできる、チームの視覚的なワークスペースです。

Whimsical を使えば、リアルタイムでのコラボレーションをはじめ、非同期での作業、コメントやディスカッションによるコミュニケーションが自在にできます。

Whimsical には使いやすさと強力な機能が見事に調和したツールがずらり。「Whimsical = 気まぐれな」というその名の通り、自由な発想で図表や文書を作成できます。

ワイヤーフレーム

フローチャート

マインドマップ

スティッキーノート (付箋)

文書 (ベータ版)

Whimsical + Asana をはじめる

  1. 埋め込みたい Whimsical のボードまたはファイルを開きます。右上の紙飛行機の形をした「Share (共有)」ボタンをクリックします。
  2. 「Get Shareable Link (共有リンクを入手)」をクリックすると、リンクがクリップボードにコピーされます。
  3. Asana で、Whimsical のチャートやマップを埋め込むプロジェクトを開きます。
  4. 「概要」タブにアクセスします
  5. 「主な参考資料」セクションで、「プロジェクトの要旨を作成」をクリックします。すでに存在する場合は、タイトルをクリックします。
  6. プロジェクトの要旨が開くと、右上隅の「編集」をクリックします
  7. 要旨の中で動画を埋め込む場所をクリックします
  8. URL をペーストすると、その下に Whimsical のボードが展開されます。
  9. また、編集中の行の左側にある「+」アイコンをクリックし、「挿入」>「メディア」を選択します。ボックスに URL をペーストし、「リンクを埋め込む」をクリックします。

既存ツールと Asana の連携で、仕事の効率をさらにアップ