EasyCSVAsana Integration

EasyCSV + Asana

Asana と EasyCSV を接続し、スプレッドシートの列を Asana のフィールドにマッピングするだけでインポートできます。 FTP、 Dropbox、 Google Drive、 Microsoft OneDrive などからの CSV / XLSX ファイルの取得をスケジューリングすることで、インポートを自動化できます。スプレッドシートが添付されたメールからのインポートも自動化可能です。

プラットフォームパートナー

カテゴリー

Asana for EasyCSV をインストール

EasyCSV とは?

EasyCSV を使うべき理由

以下のフィールドを使って Asana タスクを一括で作成できます。

  1. 名前
  2. メモ
  3. 期日
  4. 締め切り時刻
  5. 担当者
  6. フォロワー
  7. いいね
  8. タグ - EasyCSV は新規タグをその場で作成できます
  9. サブタスク
  10. カスタムフィールド

他のオブジェクトをインポートして作成したい場合や、他のフィールドが必要な場合は、EasyCSV サポートまでご連絡ください。すぐに追加できる可能性があります。

EasyCSV + Asana をはじめる

  1. Asana アカウントにログインします。
  2. https://www.easycsv.io にアクセスして、アカウントを作成します。
  3. 最初の CSV 、XLSX 、Google Sheet のインポートページを作成し、データのインポート先として Asana を選択します。
  4. 新しく作成したインポートページ上で、Asana と EasyCSV を接続するボタンをクリックします。
  5. スプレッドシートの列を Asana のフィールドにマッピングします。
  6. これで一括インポートできるようになりました!

手順はこちらの動画でも紹介されています: https://www.easycsv.io/docs/asana

詳細とサポート

EasyCSV と Asana の連携機能の使い方について詳しくは、サポートページをご覧いただくか、担当チーム support@easycsv.io までメールでお問い合わせください。

このアプリ連携はサードパーティの開発者によって構築されています。Asana はこの連携を一切保証せず、またこれに対する責任を負いません。詳細とサポートについては、アプリの開発者にお問い合わせください。

既存ツールと Asana の連携で、仕事の効率をさらにアップ