チームのワークフロー管理ソフトウェア

チームの誰がいつまでに何をしているのかを常に把握できます。

ワークフロー管理とは

ワークフローとは業務の処理プロセス。全員が足並みをそろえて仕事を効率的に進めるためのシステムです。ワークフロー管理の要はプロセスの作成と追跡ですが、そのベースとなるのが Asana。Asana をワークフローの作成や追跡のツールとして活用しましょう。ここでは一般的なワークフローの例をご紹介します。

投稿カレンダー

投稿プロセスのすべてのステップを計画から公開まで、Asana で追跡できます。

製品ロードマップ

Asana での製品ロードマップの作成は簡単。業務の優先順位付けや、残務の記録などが可能です。

新入社員のオンボーディング

ワークフローを設定してオンボーディングプロセスを追跡し、テンプレートを作成してさらに時間を節約できます。

Asana Product Screenshot

ワークフロー管理に Asana を活用

チームや会社のニーズに合わせてワークフローをカスタマイズ。全員が適切なタイミングで適切なタスクに取り組むことができます。

Asana について詳しく見る

効率的なワークフロー管理を実現するためのヒント

1. コミュニケーションの方法とタイミングを決める

全員で共通の認識を持てるように、あらかじめコミュニケーションのガイドラインを設定して、全員にミッションの大枠を示し、フィードバックを積極的に行うよう促します。

2. 定例作業を合理化する

反復作業で時間を節約できるところがないか、すべて洗い出してみましょう。タスクを自動化する方法はありませんか?

3. 社内でナレッジベースを作る

一元化されたリソースのデータベースを作成し、協力するメンバーが情報やプロジェクトに簡単にアクセスできるようにしましょう。

4. ワークフローの開始時点で役割と指示内容を定義する

すべてのワークフローについて、具体的な成果物、仕事の担当者、各タスクの期日を明確にしましょう。

5. ワークフローはシンプルにし、適宜調整する

ワークフローが複雑になりすぎないようにしてください。まずシンプルなものを作り、定期的に確認して必要な調整を加えます。

タイムラインについて詳しく見る

6. チームのワークフローに目標設定のステップを含める

目標を設定すれば、チームのメンバーが自分の仕事が会社の目標にどう貢献するのかを理解できます。

結果を求めるチームは Asana を導入しています

Asana Product Screenshot

Asana は共有サービスセンターのプロジェクト管理にもはや欠かせません。Asana のおかげで、たった 6 人の小さなチームでさまざまなサービスを移行し、世界中に点在する 1,500 人の全従業員とその他のユーザーに影響する新しいツールを効果的かつ効率的に導入できました。

—Tamas Kadar 氏、Air France KLM グループ、ビジネス開発マネージャー

今すぐ Asana でチームのワークフローを設定しましょう。

そして短時間でより良い成果を出しましょう。