チームのワークフロー管理ソフトウェア

チームの誰がいつまでに何をしているのかを常に把握できます。

ワークフロー管理とは

ワークフローとは業務の処理プロセス。全員が足並みをそろえて仕事を効率的に進めるためのシステムです。ワークフロー管理の要はプロセスの作成と追跡ですが、そのベースとなるのが Asana。Asana をワークフローの作成や追跡のツールとして活用しましょう。ここでは一般的なワークフローの例をご紹介します。

投稿カレンダー

投稿プロセスのすべてのステップを計画から公開まで、Asana で追跡できます。

製品ロードマップ

Asana での製品ロードマップの作成は簡単。業務の優先順位付けや、残務の記録などが可能です。

新入社員のオンボーディング

ワークフローを設定してオンボーディングプロセスを追跡し、テンプレートを作成してさらに時間を節約できます。

Asana Product Screenshot

ワークフロー管理に Asana を活用

チームや会社のニーズに合わせてワークフローをカスタマイズ。全員が適切なタイミングで適切なタスクに取り組むことができます。

Asana について詳しく見る

効率的なワークフロー管理を実現するためのヒント

1. コミュニケーションの方法とタイミングを決める

全員で共通の認識を持てるように、あらかじめコミュニケーションのガイドラインを設定して、全員にミッションの大枠を示し、フィードバックを積極的に行うよう促します。

2. 定例作業を合理化する

反復作業で時間を節約できるところがないか、すべて洗い出してみましょう。タスクを自動化する方法はありませんか?

3. 社内でナレッジベースを作る

一元化されたリソースのデータベースを作成し、協力するメンバーが情報やプロジェクトに簡単にアクセスできるようにしましょう。

4. ワークフローの開始時点で役割と指示内容を定義する

すべてのワークフローについて、具体的な成果物、仕事の担当者、各タスクの期日を明確にしましょう。

5. ワークフローはシンプルにし、適宜調整する

ワークフローが複雑になりすぎないようにしてください。まずシンプルなものを作り、定期的に確認して必要な調整を加えます。

タイムラインについて詳しく見る

6. チームのワークフローに目標設定のステップを含める

目標を設定すれば、チームのメンバーが自分の仕事が会社の目標にどう貢献するのかを理解できます。

結果を求めるチームは Asana を導入しています

Asana Product Screenshot

Asana は共有サービスセンターのプロジェクト管理にもはや欠かせません。Asana のおかげで、たった 6 人の小さなチームでさまざまなサービスを移行し、世界中に点在する 1,500 人の全従業員とその他のユーザーに影響する新しいツールを効果的かつ効率的に導入することができました。

—Tamas Kadar 氏、Air France KLM グループ、ビジネス開発マネージャー

今すぐ Asana でチームのワークフローを設定しましょう。

そして短時間でより良い成果を出しましょう。

Asana を探索

Asana は、チームがプロジェクトやタスクを管理し、成果を出すための一番の近道です。

マーケティングキャンペーン

マーケティングキャンペーン

製品リリース

製品リリース

会社の目標

会社の目標

月面探査ミッション

月面探査ミッション

仕事を整理

はっきりとしたタスクやマイルストーンを設定することで、チームはするべきことを明確に把握できるようになります。

仕事を整理

期限を遵守できるようチームをサポート

担当者と期日を明確に設定することで、すべてのマーケターは自分がやるべきことを正確に知ることができます。

期限を遵守できるようチームをサポート

期限を遵守

キャンペーンの計画を詳細に視覚化することで、全体像を把握しつつ、潜在的な問題を発見して仕事を順調に進めることができます。

期限を遵守

実行可能な会話をする

進行中の仕事について質問をしたり最新情報を提供したりすることで、会話を実際の行動につなげることができます。

実行可能な会話をする

仕事にファイルを添付

共有文書、デザインファイル、予算のスプレッドシートなどを 1 か所にまとめることで、チームが情報を求めて右往左往することがなくなります。

仕事にファイルを添付

仕事の全体像を一目で確認

カレンダー上で仕事を確認することで、期限などの重要な日付を見逃すことがなくなります。

仕事の全体像を一目で確認

進捗を追跡

プロジェクトの進捗を常に把握しておくことで、問題が発生したときに迅速に対応できます。

進捗を追跡

外出先で作業

ベンダーとの打ち合わせやカンファレンスなど、オフィスを離れているときでも、モバイル版 Asana があれば常につながっていることができます。

外出先で作業

プログラムを例外なく成功させる

Asana は、マーケティングチームがオーディエンスに働きかけるイニシアチブを計画、管理、追跡、開始するために役立ちます。

プログラムを例外なく成功させる

各ステップを綿密に計画

開発からリリースまでの重要なステップを綿密に計画することで、全員がロードマップを明確に把握できます。

各ステップを綿密に計画

現在の担当者を知る

リリースまでの各段階のオーナーと期日を明確にすることで、スケジュール通りのリリースを実現できます。

現在の担当者を知る

計画通りにリリースする

計画の全体像と詳細を把握することで、調整しながら仕事を順調に進めることができます。

計画通りにリリースする

全員が最新情報を把握

重要な最新情報や会話を仕事につなげることで、メールスレッドに埋もれてしまうことを防ぎます。

全員が最新情報を把握

仕事を 1 か所にまとめる

ファイルをプロジェクトに添付することで、全員が正しい情報のありかを把握できます。

仕事を 1 か所にまとめる

日付とマイルストーンを管理

リリース計画をカレンダーに表示することで、重要な日付を見逃すことがなくなります。

日付とマイルストーンを管理

順調な作業と問題のある作業を把握

仕事の進捗を確認することで、期限や目標に向けて仕事を順調に進めていくことができます。

順調な作業と問題のある作業を把握

どこにいても常につながりをキープ

モバイル版 Asana があれば、どこにいてもリリースの進捗を把握できます。

どこにいても常につながりをキープ

位置について、用意、リリース!

期限の遵守に役立つ Asana があれば、製品チームは素晴らしい製品リリースを実現できます。

位置について、用意、リリース!

優先度を洗い出す

各目標をタスク化することで、会社全体の目標を全員に対して視覚化できます。

優先度を洗い出す

適切な責任者を決める

それぞれの目標を適切な人物に割り当てることで、誰が担当者で、誰に質問すればいいかを全員が知ることができます。

適切な責任者を決める

目標達成のための計画を立てる

それぞれのマイルストーンがどのように目標につながっているのかを描き出し、目標達成に向けて自信を持って取り組んでいくことができます。

目標達成のための計画を立てる

関連情報や最新情報の共有

目標と直接結び付いた更新情報やコメントを提供することで、関係者は最新情報と進捗を常に把握できます。

関連情報や最新情報の共有

重要なファイルを添付

お使いのファイル共有ツールと Asana を連携することで、重要な文書をすべて 1 か所にまとめることができます。

重要なファイルを添付

重要な日付を見逃さない

イニシアチブの期限やマイルストーンをカレンダー上ではっきりと確認できます。

重要な日付を見逃さない

会社の進捗を追跡

どの目標が順調に進んでいて、どの目標が要注意かを理解することで、目標達成に向けて着実に進むことができます。

会社の進捗を追跡

最新情報を把握

モバイル版 Asana があれば、どこにいても最新情報を受け取り、重要な決定に加わることができます。

最新情報を把握

目標を達成

Asana を使用するとチーム全員が組織の目標を把握し、最も重要な業務に集中できます。

目標を達成

ミッションに備える

ミッションの各ステップを綿密に計画することで、万全の状態で高い目標を狙えます。

ミッションに備える

担当者を知る

各タスクのオーナーを明確に割り当てることで、パイロットもコマンダーも、そしてフライトエンジニアも、自分がやるべきことを把握できます。

担当者を知る

各ステップを綿密に計画

ローンチの計画を作成して、スタートからゴールまでの進路を決定します。これをチームと共有し、状況の変化に合わせて調整します。

各ステップを綿密に計画

万全の状態を整える

大切な質問をしたり会話をしたり、あるいはステータスの更新を行うことで、クルーが発射日に万全の状態になるよう準備を進めることができます。

万全の状態を整える

すべてをつなげる

ミッションに必要な他のツールに Asana を接続することで、すべての情報を 1 か所に集めることができます。

すべてをつなげる

重要なステップを注視

各マイルストーンをカレンダー上に表示することで、離陸までの重要な日付を追跡できます。

重要なステップを注視

進捗を追跡

順調な作業と問題のある作業を把握することで、発射日に向けて着々と準備を進められます。

進捗を追跡

作業をどこからでも

インターネット接続さえあれば、オフィスにいても月面にいても変わらず最新情報を把握し続けることができます。

作業をどこからでも

3、2、1、発射!

Asana があれば、クルーは月に向かって飛び立ち、月面に到着できます。必要なのは小さな第一歩だけです…

3、2、1、発射!