オフィス復帰プラン

オフィス復帰プランの作成は、ビジネスがどのように対面式のコラボレーションに移行していくのかについて話し合うことで行われます。この実行可能な To-Do リストを使って、規約を設定し、関係者との調整を行い、主要なオフィス復帰ポリシーについて認識を共有しましょう。

プロジェクトテンプレートによるオフィス復帰 (RTO) のルールの設定と伝達

リモートワークを始めて 1 年が過ぎ、オフィス勤務に戻る方法を考え始めている企業もあります。このオフィス勤務の再開に正解はありません。オフィスでの仕事に戻るにしても、ハイブリッドなワークモデルを構築するにしても、事前に計画を考えておくことで、各チームメンバーに関係のあるオフィス復帰ポリシーを明確に伝えることができます。この職場復帰テンプレートを使用して、再開プランを決め、対面式のコラボレーションへの移行にあたってのルールを設定します。このテンプレートは以下に役立ちます。

  • ポリシーを設定して伝達する オフィスに戻る前に、影響を受ける既存のポリシーや慣習を確認します。次に、このテンプレートを使用して、オフィスへの復帰に向けてチームを支える新しいポリシーを作成しましょう。これには、オフィスワーク、ハイブリッドワーク、またはリモートワークのポリシーが含まれます。
  • 安全衛生上の要求事項についてルールを決める オフィス勤務再開のためのオフィス所在地のローカルな要件やガイドラインを 1 つのツールにまとめます。このチェックリストを方針決定の資料およびコンプライアンス確保のために使用しましょう。
  • 日付とフェーズを設定する フィードバックを集めながらチームにとって最適な方法で再開できるよう、段階的な再開を検討してください。段階的な再開を予定していない場合でも、このテンプレートを使って重要な日付やマイルストーンを設定し、チームで共有しましょう。
  • 必要に応じてフィードバックを募り、軌道修正を行う リモートワークへの突然の移行がそうだったように、オフィス勤務の再開はあなたと会社にとって学びの多い経験となるでしょう。この復帰計画では、フィードバックや仕事の現状診断を行って調整し、必要に応じて復帰戦略を軌道修正します。

オフィス復帰プランに関するあなたの質問にお答えします。

ビジネスの形態はそれぞれ異なるため、人によってオフィス復帰プランにも若干の違いがあります。どのように再開すればよいかは誰にも正確にわからないものですが、ここではいくつかのベストプラクティスとよくある質問をご紹介します。

  • オフィス復帰ポリシーをどのように伝えればよいのでしょうか? ポリシーを伝える前に、復帰のプロセスに関わる主要関係者や意思決定者とポリシーを定義する必要があります。その上で、オフィス復帰テンプレートを使って、チームに送る情報や指示を調整します。
  • 最適な復帰方法は? 復帰の方法に正解はありません。復帰の方法やタイミングを計画する際には、会社の価値観に合わせて、チームにとって何が理に適っているかを判断してください。もっとヒントを見るには分散ワークの世界における Asana を使ったチームの再結成と成長をお読みください。
  • 複数のグローバルオフィスがある場合、どのように復帰を計画すべきでしょうか? 全社でオフィス復帰を計画しているとしても、グローバルに分散したチームを管理するには追加のポリシーが必要です。たとえば、グローバルオフィスごとに、その地域の安全衛生要件に応じて異なる復帰ポリシーを策定する必要があるかもしれません。

オフィス復帰プランを作成することは、ビジネスを対面式のコラボレーションに移行する方法を伝えることです。このテンプレートを使用して、RTO の方針を決め、調整しましょう。

テンプレートを使用

関連リソース

  • 分散ワークの世界におけるチームの再結成と成長

    Asana は、グローバルチームが対面式のコラボレーションに復帰するための準備をどのようにして行っているのでしょうか。

    ブログを読む
  • Asana で通常業務を再開する 6 つのステップ

    完全な対面型、100% リモート型、またはハイブリッド型のワークスタイルのいずれに移行しても、Asana がお手伝いします。

    ブログを読む
  • 分散チームにおけるインクルーシブなコミュニケーションの実践方法

    分散チームがどこで仕事をしていてもシームレスなコミュニケーションを実現するための 3 つのヒントをご紹介します。

    ブログを読む
  • グローバルリーダーとして時間とエネルギーを管理するための 5 つの方法

    分散チームのマネージャーとして働く上で最も大切なことの一つは、自分の時間とエネルギーをどのように管理するかを意識して考えることです。

    ブログを読む
  • 時差を乗り越え、チームの結束を高めるコツ

    国や地域を越えた緊密なつながりを築き、長期的にそれを維持していくための 3 つの方法をご紹介します。

    ブログを読む

チームのつながりを維持

Asana は、場所、部門、ツールを超えてチームつなぎます。