サービスアカウント

Asana Enterprise に用意されているサービスアカウントでは、Asana の特権管理者が組織のすべてのデータに対する完全なアクセス権を持ち、Asana API を通じてこれをエクスポートしたり、より強力なレポートオプションを利用したり、自動化や連携をより簡単に構築できます。

Asana API の使用について、詳しくはこちらをご覧ください。

Asana Enterprise について、詳しくはこちらをご覧ください。

サービスアカウントの用途

  • 定期的なデータのバックアップを作成
  • 会社のポリシーに基づいてユーザーおよびアクセスの管理を自動化
  • チームメンバーの管理や非アクティブなプロジェクトのクリーンアップなど、繰り返される管理タスクを自動化
  • Asana 内のアクションによってトリガーされるカスタムビジネスルールを追加
  • Asana API を使用した組織のデータのエクスポート
  • 他の内部ツールと Asana との組織固有の統合を構築 (他にも多くの用途があります)

特権管理者は、いつでも管理者コンソールの「アプリ」タブからサービスアカウントのリストを表示して、アカウント名を変更したり、必要のなくなったアカウントの許可を解除できます。サービスアカウントには、通常のユーザーアカウントと同じように名前、プロフィール写真、アクションアイテムを設定できます。

サービスアカウントトークンを、組織レベルの個人アクセストークンとして使用します。

サービスアカウントを追加

サービスアカウントを追加するには、次のことを行います

  1. 管理者コンソールで「アプリ」タブをクリックします
  2. サービスアカウントを追加」ボタンをクリックします

サービスアカウントの管理

サービスアカウントを編集

既存のサービスアカウントの横にある「編集」をクリックし、サービスアカウントメニューを開きます。

サービスアカウントでは、組織のデータにプログラムから完全にアクセスできます。くれぐれもサービスアカウントトークンをプログラム内にハードコードしないでください。また、使用されていないトークンを定期的に確認して許可を解除してください。

サービスアカウントを削除

サービスアカウントを編集」画面では、編集内容の保存やサービスアカウントの削除ができます。

サービスアカウントで Asana にログインすることはできません。サービスアカウントと組織とのやり取りは、必ず Asana API を経由します。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。