Asana のカレンダーでプランを立てる

カレンダーを見たとき、今日、今週、今月には何が記されていますか? Asana なら、タスクやプロジェクトをカレンダー上で確認し、時間、仕事量、期日を管理できます。

カレンダーを表示する

マイタスクのカレンダービューで仕事のスケジュールを立て、管理しているスクリーンショット

Asana には複数のカレンダービューが用意されています。カレンダーでは、自分のタスクリストやプロジェクトを確認できます。次にチームメイトから余力について聞かれたら、マイタスクのカレンダーを確認しましょう。モバイルアプリでもチェックできるので、デスクから離れていても、すばやくスケジュールを見直せます。

期日のあるプロジェクトを 計画するには、タイムラインのほうがおすすめです。依存関係を管理でき、プロジェクト開始前にしっかりとスケジュールを立てられ、仕事に変更があってもチームの軌道修正ができます。

カレンダービューのヒント

プロジェクトのカレンダーでタスクをドラッグ & ドロップして期日を変更している様子を示す GIF

  • 予定が立て込んでいる日があれば、タスクを新しい期日にドラッグ & ドロップして期日を変更してください。
  • すべてのタスクを「カレンダービュー」で表示したい場合は、カレンダービューをマイタスクかプロジェクトでデフォルトビューに設定しましょう。
  • 希望の期日をダブルクリックして新しいタスクを作成します。期日の上にカーソルを置き、表示されるチェックマークをクリックすると、タスクを完了にできます。
  • プロジェクトのカレンダービューでは、たとえばエディトリアルカレンダーなら、コンテンツの抜けを一目で確認できますし、イベントスプリントプランニングプロジェクトなら、実現可能な期日を確実に設定できます。
  • カレンダーの絞り込みを使って、プロジェクトのカスタムフィールドによってソートすれば、最優先事項、コンテンツタイプ、承認ステータスなどカスタムフィールドに設定した項目の内容をすばやくチェックできます。
  • タスクの開始日と期日を使って、その仕事にかかる時間を確認できます。期日と同じく、仕事を始める日の把握も重要です。
  • プロフィール設定」の「表示」タブで、カレンダーの週の初日を変更できます。

カレンダーとタイムラインの使い分け

タイムラインとカレンダービューで得られる情報は異なるので、目的に合わせて使い分ける必要があります。プロジェクトビューはいつでも切り替えが可能ですが、次の点に注意してください。

注意する点 タイムラインが有効なケース カレンダーが有効なケース
期日 プロジェクトに終了日がある プロジェクトが継続中である
ワークフロー プロジェクトに依存関係があり、決まった順番で仕事が発生する タスク同士が独立している
スケジュール プロジェクトのスケジュールを作成し、進捗を見たい 今週あるいは今月の仕事の状況を一目で把握したい
オーディエンス プランを上司、他チーム、プロジェクトの関係者と共有したい マイタスクの自分のスケジュール や チーム全体のスケジュールを見たい

How to Asana を視聴する

How to Asana を見て、Asana カレンダーの使い方と詳細をご確認ください。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。