Asana ゴールを使って組織の目標管理プロセスを導く

Asana ゴールを選ぶ理由

目標管理は、仕事とその目的をつなぐものです。これにより、会社とチームが足並みをそろえ、積極的に取り組み、ニーズの変化に機敏に対応できるようになります。

Asana ゴールを使えば、マイルストーン、プロジェクト、ポートフォリオなど、会社の目標とそれを実現するための仕事を一か所でつなげられます。

経営幹部から一般社員まで、Asana は組織に所属するすべてのメンバーをサポートします。Asana ゴールが、あなた自身、そして、あなたのチームが目標を仕事につなげる上でどのように役立つのかを説明します。

目標管理は一筋縄ではいかない可能性があります。Asana ゴールは目標管理プロセスのすべてのステップで有効に働きます。

目標管理の 5 つの基盤

適切に目標管理を実行するには、5 つの重要な基盤を用意する必要があります。これらの基盤の概要を確認し、盤石な基盤を作る方法を学びましょう。

適切な目標管理プロセスは次の条件を満たしています。

  1. 目標追跡は優先度が高く、力を入れる価値があるということが、組織やチームに浸透している。
  2. 組織やチームの目標管理を指揮する専任のメンバーがいる。
  3. 優れた目標の特徴を明示し、それを記録する方法 (OKR など) を明確に規定するメソッドを持っている。
  4. 発案から作成、完了に至るまでの適切なマイルストーンを定めた目標管理プロセスを確立している。
  5. 目標管理のプロセス、方法、Asana の使い方をチームが理解するための適切なリソースを揃えている。

Asana ゴールは上記の基盤を構築し、適切な目標管理プロセスをとおして組織を導くために必要なツールとリソースを備えています。

1. アラインメント (共通認識を持つ)

目標管理の対象が組織全体であれ、単一のチームであれ、組織全体のステークホルダーに適切なインセンティブを与えて、目標管理の重要性について同意を得る必要があります。

この動画では、Asana ゴールが一般社員やチームリーダー、経営幹部を含む組織のメンバー全員にどのように価値をもたらすのかを説明しています。目標管理プロセスのこれらのステークホルダーに会う時間をとり、疑問点や考えを聞き出しましょう。目標管理が組織にとって重要である理由を伝え理解してもらう必要があります。

トップダウンによる擦り合わせを行い、組織のミッションと戦略を起点にすることで、目標管理プロセスを効果的に実施できます。

2. ゴールを推進するチャンピオン

第二の基盤はゴールを推進するチャンピオンの存在です。つまり、目標管理プロセスの実行責任者のことです。この人物は、自主的に目標を効果的に記録し、目標追跡プロセスの各フェイズ内で必要とされるアクションを実行する環境を育む役目を担います。

大規模な組織の場合、目標追跡を適切に実行するため、フルタイムの専任メンバーが 1 人または複数名でこの任務を担当しています。しかし、チームが目標管理を成功させる上で、これは比較的余裕のある状況と言えます。

他にも仕事があるにもかかわらず、目標管理プロセスの実行を任されたとしても、心配には及びません。Asana ゴールには、組織全体の目標を追跡する際に有効に時間を利用することが可能なツールやリソースが揃っています。

3. ゴールの活用メソッド

Asana は柔軟性に優れたプラットフォームであり、OKR や SMART 目標など、さまざまな標準的な枠組みに準拠する上で最適です。

目標追跡が初めての方や、チームに伝授できるシンプルな方法に興味をお持ちの方は、目標の書き方に関する Asana のガイドラインをお読みください。

Asana を使って OKR を測定することに興味がある場合は、この Asana アカデミーの動画OKR に関する電子書籍で詳細を確認してください。

4. ゴールのプロセス

目標管理プロセスの取り組みを成功に導くには、1 年のさまざまな時期にチームが達成しなければならないマイルストーンを明確に定めたプロセスを用意する必要があります。目標の発案から実行については、Asana の目標追跡プロセスに関する記事で詳しく説明しています。

5. チームのオンボーディングおよびサポートに役立つリソース

Asana では、仕事と目標を容易に追跡できるシステム作りを優先しています。また、オンボーディングとトレーニング向けのリソースを用意し、チームが Asana を使って目標を追跡できる環境を整えています。その他にもサポートが必要な場合はご連絡ください。

Asana ゴールの使い方

ゴールのプロセスとメソッド

Asana チームから直接サポートを受ける

  • ウェビナー "Driving business outcomes with goals" (ゴール機能で業績アップ) を受講する
  • ゴールチームによるコンサルティングにご興味のある方は、担当のカスタマーサクセスマネージャーまでお問い合わせください

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。