タイムトラッキング

Asana のタイムトラッキングは Business および Enterprise のお客様にご利用いただける機能です。

Asana のネイティブなタイムトラッキング機能を使うことで、タスクの完了にかかる時間を推定したり、実際にかかった時間を記録したりできます。 時間に関する貴重なデータは、ワークロードやリソース管理の判断材料や、プロジェクトの進捗をリアルタイムで推測するための情報として役立ち、予測や予算管理などでも欠かせない要素となります。

時間は手動で記録することも、タイムログを使い、そのタスクに取り組んだ履歴に基づいて実際にかかった時間の合計を自動で計算することもできます。タイムトラッキングのデータをダッシュボードで報告することも、推定時間を他のカスタムフィールドのようにソートすることも可能です。

プロジェクトでタイムトラッキングを有効にする

推定時間と実際の時間

プロジェクトでタイムトラッキングを有効にするには、以下の手順に従ってください。

  1. 右上の「カスタマイズ」をクリックします。
  2. リストから「タイムトラッキング」を選択します。

推定時間フィールドと実際の時間フィールド

推定時間」と「実際の時間」カスタムフィールドがプロジェクトに追加されます。これらはカスタムフィールドライブラリからも追加できます。

時間のフィールド

  1. 推定時間
  2. 実際の時間
  3. タイムログには、タスクに取り組むたびに時間を記録できます
  4. タイムログに基づいて合計時間が自動で計算されます

タイムトラッキングのデータでレポートを作成する

プロジェクト内の時間データは、ダッシュボードで他のカスタムフィールドと同じように報告できます。

担当者別の推定時間

担当者別の推定時間

この例では、プロジェクト内のタスク完了にかかる推定時間を担当者別で表示しています。 このレポートは以下の設定で作成できます。

  • X 軸: 担当者
  • Y 軸: カスタムフィールド > 推定時間

担当グループ別の推定時間

担当者の選択

プロジェクト内の特定の担当グループの合計推定時間に関するレポートも作成できます。

実際の合計時間 (セクション別)

合計時間 (セクション別)

実際の合計時間を報告することもできます。このダッシュボードでは、合計時間をセクション別に表示します。

このレポートは以下の設定で作成できます。

  • X 軸: セクション
  • Y 軸: 時間の入力 > 実際の時間

実際の合計時間 (カスタムフィールド別)

合計時間 (カスタムフィールド別)

実際の合計時間を、プロジェクトのカスタムフィールド別に報告できます。

このレポートは以下の設定で作成できます。

  • X 軸: カスタムフィールド > 部署
  • Y 軸: 時間の入力 > 実際の時間

タイムトラッキングのライブタイマー

開始と停止のライブタイマーを使って、タスクにかかった「実際の時間」を記録できるようになりました。

タイムトラッキング 1

タイマー計測中は、画面の右下隅に計測中のタイマーとタスク名がポップアップ表示されます。ポップアップをクリックすると、タイマーで計測中のタスクへリダイレクトされます。これにより、正確かつシームレスにタスクにかかった時間を計測できます。

タイムトラッキング 2

タスクの「実際の時間」をクリックすると、タスク作業中の計測時間がインスタンスごとに表示され、タイマーを開始したユーザーもあわせて表示されます。上の画像の例では、タスクにかかる時間は 1 時間と推定されており、実際の作業は 45 分と 15 分の 2 回に分けて行われています。

API によるタイムトラッキングの読み取り

API でタスクのタイムトラッキング情報を読み取れるようになりました。詳しくはコミュニティフォーラムをご確認ください。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。