ご購入に関するよくある質問

Asana の料金は?

Asana を 15 人以下でご利用いただく場合は無料で使用できます。ただし、ワークスペースチームで Premium の機能を利用したい、組織管理者機能を利用したい、またはメンバー数の上限を増やしたい場合のために、アップグレードオプションが用意されています。

料金については、料金ページをご覧ください。

購入するには?

アップグレード対象として選ぶことができるのは、所属先の組織、チーム、またはワークスペースです。アカウント自体は無料で、これは個人 (ユーザーの名前、メールアドレス、写真) に紐付けられています。順序としては、まず自分のアカウントを作成し、それから所属先の会社の組織を作成するか、すでに組織があれば参加することになります。組織の要件を満たしていない場合は、代わりにワークスペースを作成するか、すでにあれば参加します。それから、あなたが会社の請求管理者である場合、共有スペースである組織、チーム、またはワークスペースをアップグレードします。

ワークスペース、チーム、または組織のアップグレード方法については、こちらをご覧ください。

ユーザーが 1 人しかいない場合でも Asana Premium にアップグレードできますか?

プランはユーザー数に応じて段階的に変化する体系になっており、この中で最も小さいプランでも最少メンバー数は 5 人になっています。1 人のユーザー向けの Asana Premium は提供されていません。アップグレードするときは、チームのサイズに最も適切な段階を選択する必要があります。たとえば、メンバーが 2 人のチームの場合は、メンバー 5 人のプランにアップグレードする必要があります。

組織とチームのどちらをアップグレードするべきですか?

簡単な回答は以下のとおりです。

会社の管理者を設定し、すべてのチームで Premium の機能を利用したい場合は、組織全体をアップグレードしてください。

管理者が不要ですべてのチームに Premium の機能は必要ないが、一部のチームの組織ゲストを増やしたい場合、対象のチームでプロジェクトごとの権限を設定したい場合、または組織の他のメンバーから対象のチームを非表示にするオプションが必要な場合は、1 つのチームだけをアップグレードしてください。

通常、チームのアップグレードに向いているのは規模が大きい会社のチームです。会社の規模がそこまで大きくない場合は、組織全体をアップグレードしていただくことをおすすめします。

詳細は以下のとおりです。

無料プランの組織の Premium チームは、以下の機能を利用できます。

  • チーム内の Premium プロジェクト権限 - 非公開プロジェクトをチーム内の小さなグループと共有することができます。
  • 組織内の非公開チーム - 機密資料を伴う仕事の場合、Premium チームのメンバーであればチーム名をチームブラウザーで非表示にすることができます。
  • 優先サポート - Premium プランのお客様は、優先的にサポートを受けることができます。

Premium 組織の場合は、以下の機能を利用できます。

  • 組織で作成されたすべてのチームが Premium チームになります。
  • 管理者インターフェイスを使って、従業員 (とゲスト) を簡単に管理することができます。
  • すべてのチームが Premium プロジェクト権限を持ちます。
  • すべてのチームを組織に公開したり、完全に非表示にしたり、承認制にすることができます。
  • 組織全体の組織ゲストの人数が無制限です。
  • 管理者は Asana の組織のデータをすべて定期的にエクスポートすることができます。

管理者の利点は以下のとおりです (Premium 組織のみ)。

  • 組織の名前を変更できます
  • 組織メンバーのプロビジョンの解除を一元的にできます
  • Google アカウントによる認証を強制できます
  • 組織メンバーの管理者ステータスを追加 / 削除できます
  • すべてのチームの請求を一元化できます (支払いを 1 か所にまとめることができます)
  • 組織メンバーの最新のアクティビティを確認できます
  • 組織のすべてのゲストのリストを見ることができます

なお、会社のメールアドレスを使って Asana に登録したユーザーは自動的に組織に追加され、その分の Premium 組織の料金が発生します。

ワークスペースと組織のどちらを使うべきですか?

組織の使用要件を満たしている場合は、ぜひ組織を使用してください。組織の作成方法については、こちらをご覧ください

個人の Asana アカウントがあれば、作成または参加できる組織やワークスペースの数に制限はありません。プロフィール設定からそれらを切り替えることができます。

一意のドメインを持つ会社のメールアドレスがアカウントに登録されている場合は、会社のプロジェクトに対して組織を使います。たとえば、Acme Co. という名前の会社で Asana を使っている場合、組織 acmeco.com を作成することになります。個人の Asana アカウントには、必ず勤務先メールアドレスを追加してください。

個人的な目標やタスクのために Asana を使っている場合や、会社に一意のメールドメインがない場合は、ワークスペースを使用します (大学の環境でよくあるケースです)。

会社で Asana を使って仕事をしているが、社外の用途でも Asana を使いたいという場合は、両方を使用します。

無料トライアルを利用できますか?

Asana Premium のトライアルを開始したい場合は、お問い合わせください。ご利用いただけるオプションをご紹介します。

Premium バージョンの Asana に用意されている権限は?

Asana では通常、ユーザーに表示されているものはすべて編集することができます。しかし Asana Asana Premiumの場合、プロジェクトをコメント限定や非公開にすることができます。コメント限定プロジェクトでは編集アクセス権を付与する相手を指定することができるため、不要に編集されたり誤って変更される心配をせずにチームや会社全体に情報を共有することができます。一方、非公開プロジェクトを使うと、機密性の高いタスクや情報を特定のプロジェクトメンバーにだけ共有することができます。なお、タスクも所属先のプロジェクトから権限を継承します。

容量の制限はありますか?

ありません。作成できるタスクやプロジェクトの数も、アップロードできるファイルの数も無制限です。有効期限もありません。Asana に直接アップロードできるファイルのサイズは 1 件あたり 100 MB までですが、Dropbox、Google ドライブ、Box を使えばこの制限を超えるファイルも添付できます。

Premium でセキュリティ機能は追加されますか?

セキュリティは Asana の最重要事項です。このため、私たちは無料バージョンの有料バージョンのどちらのお客様にも同じように高い水準のセキュリティを提供しています。Asana のデータ保護対策について、詳しくはセキュリティステートメントプライバシーポリシー、および Asana ガイドの関連セクションをご覧ください。

Asana Enterprise のお客様は、さらなるコントロールとサポートをご利用いただけます。Enterprise について詳しくは、こちらをご覧ください。

過去の請求書を見るには?

請求管理者は、ワークスペースまたは組織の設定の請求 タブからいつでも最新の請求書にアクセスできます。Premiumプランの請求管理者を兼任するPremium組織の管理者は、管理者コンソールから請求書にアクセスできます。

請求サイクルごとに、請求管理者はメールで請求書のコピーを受け取ります。このメールの下部にあるリンクをクリックすると、過去の請求書にアクセスすることができます。

過去のすべての請求書にアクセスするには

Asana の請求書メールを見つけて開きます。

請求書 2

メールの下部のView your invoice online (請求書をオンラインで表示) をクリックします。

請求書 3

Asana の請求書メールを受信し、過去の請求書にアクセスできるのは、請求管理者のみです。

Asana のサブスクリプションに売上税がかかっているはなぜですか?

売上税に関する税制に基づき、特定の地域のお客様からサブスクリプション料金に対する州税および地方税を徴収することが Asana には法的に義務付けられています。課税の有無は、購入者の所在地によります。また、実際の税率は該当する州および / または地方の税率により決まるため、これも所在地により異なります。

2019 年 2 月現在、請求先住所に応じて適用される州および地方の売上税が、請求金額に対して課税されます。

Asana で免税は受けられますか?

米国を拠点とする非営利団体または教育機関のお客様で免税資格をお持ちの場合は、Asana カスタマーサポートにお問い合わせいただき、免税フォームの写しを添付してください。

請求されている売上税を確認するには?

サブスクリプション料金に対する売上税は、請求書上で独立した項目として計上されます。請求書はアカウントページからご覧いただけます。

キャンセルポリシーは?

請求管理者は、Premium の組織、チーム、ワークスペースをいつでもダウングレードすることができます。

返金ポリシーはどのようになっていますか?

以下の特例を除き、返金は行っておりません。

次の更新サイクルに入る前にプランをキャンセルした場合、サブスクリプション期間の終わりまでは引き続き有料機能をご利用いただけます。サブスクリプションの有効期限が切れると、有料機能とそれに関連するすべてのデータにアクセスできなくなります。

返金ポリシーの例外: サブスクリプションの初回購入または更新時点から 48 時間以内にキャンセルを行った場合、全額が返金されます。ただし、この期間内にキャンセルした場合は、キャンセルを行った時点で即座に有料機能とその関連データにアクセスできなくなります。 詳細は加入者契約でご確認ください。

ログイン

or

パスワードを忘れた場合

登録

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

登録

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

無料トライアルを始める

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

無料トライアルを始める

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

Asana Premium を入手

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

Asana Business を入手

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

登録できませんでした。

アカウントの作成中に問題が発生しました。このウィンドウを閉じてもう一度試してください。

こんにちは。以前にもお会いしましたね!

リンクを次に追加

エラー: リンクを追加する前にワークスペースを選択してください


申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。


料金を計算するには Asana にログインまたは登録してください

or

パスワードを忘れた場合

Asana レッスン

15 分以内の短いレッスンで Asana のいろはを学ぶことができます

タスク

タスク Lessons

あらゆる仕事を管理

3 分

マイタスク

マイタスク Lessons

次にするべきことを常に把握

3 分

プロジェクト

プロジェクト Lessons

チームメイトと一緒に仕事をする

3 分

受信トレイ

受信トレイ Lessons

コミュニケーションをさらに加速

3 分

タスクを使えばあらゆる仕事の管理、コラボレーション、整理を行うことができます。

To-Do リストやアイデア、メモ、リマインダーなどにタスクを使用します。

タスクを自分やチームメイトに割り当てます

Tab+M を押すと、自分にタスクをすばやく割り当てることができます。

期日を追加することで、期限が明確になります。

タスクの説明フィールドには指示内容や期待することを入力します。

@ を入力すると、他のタスクやメンバー、会話、プロジェクトへのリンクを作成できます。

他のユーザーを @メンションすると、その相手はタスクのフォロワーとして追加されます。

新しいコメントや添付が追加されると、フォロワーは通知を受け取ります。

タスクの最新情報を把握する必要があるメンバーは、フォロワーとして追加します。

フォロワーは、フォローを外すことでタスクの通知の受信をいつでも停止できます。

質問をしたり、フォロワーに最新情報を提供したりするには、コメントを追加します。

コメントにいいねすると、あなたがコメントを確認したことがチームメイトに伝わります。

関連ファイルや楽しい GIF ファイルを添付として追加できます。

DropboxGoogle DriveBox から直接添付することもできます。

サブタスクを作成してタスクを小さなステップに分割します。

サブタスクの追加後に Enter を押すと、他のサブタスクも追加できます。

サブタスクには通常のタスクとまったく同じように詳細を含めることができます。

サブタスクにコメントや添付を追加するには、コメントの吹き出しをクリックします。

どの画面でも、トップバーからタスクを作成できます。

すべてのタスクには一意の URL があり、簡単にコピーして共有できます。

おめでとうございます!これでタスクについて習得しました。

次のレッスンに進みましょう!

マイタスクでは、次にするべきことが必ずわかります。

マイタスクとは、自分に割り当てられているすべてのタスクのリストです。

これにより、仕事をシンプルに管理できます。

マイタスクのリストをクリックし、文字を入力するだけでタスクを追加できます。

テキスト文書に入力するときのように、改行すると各行が 1 つの新規タスクになります。任意のリストをペーストして一度に複数のタスクを作成することもできます。

x@mail.asana.com にメールを転送すれば、タスクに変換できます。

添付も含め、メールが Asana のタスクに変換されます。

新しいタスクは最近の割り当てリストの一番上に表示されます。

マイタスクに追加したタスクは自分以外には公開されません。

公開をクリックすると、チームと共有できます。

タスクは今日近日後日に分類することで優先度を設定できます。

タスクの横にある青丸をクリックすると、すばやくソートできます。

今日行うタスクは今日にします。

チームメイトは、あなたのマイタスクリストを見て、あなたが何に取り組んでいるかを確認できます。

ただし、表示されるのはあなたが公開したタスクとプロジェクトで共有されたタスクだけです (プロジェクトについては後述します)。

期限が 1 週間以内のタスクは近日にします。もうすぐ期限のタスクが一目瞭然です。

期日になると、タスクは近日から今日

自動的に移動します。

期限が 1 週間以上先のタスクは後日にします。

期日が近付くまでこれらのタスクを非表示にしておくことができます。

期限の 1 週間前になると、そのタスクは後日から近日に移動します。

マイタスクの優先度を常に設定しておくことで、今取り組むことと、近日中に予定されていることを常に把握できます。

これで仕事の管理と計画の方法について習得しました!

に、Asana でチームと一緒に仕事をする方法を説明します。

プロジェクトを使うと、チームで一緒に一連のタスクに取り組むことができます。

プロジェクトは、プロセスやイニシアチブのステップを管理および整理するのに役立ちます。

イベント計画や製品リリース、投稿カレンダーなどを管理するのに最適です。

マイタスクと同じように、クリックして入力すればプロジェクトにタスクを追加できます。

ステップがすでに文書やメールに記載されている場合は、そのリストをペーストするだけでタスクを作成できます。

タスクをメールからプロジェクトに追加します。

プロジェクトのドロップダウンメニューから、プロジェクトの一意のメールアドレスを確認できます。

タスクを他の関連するプロジェクトに追加します。

タスクは複数のプロジェクトに含めることができます。

リストプロジェクトにセクションを追加して、タスクを整理できます。

タスクの行で Tab+N を押せば新しいセクションを作成できます。

ボードプロジェクトでタスクを整理するにはを追加します。

列間または列内でタスクをドラッグ & ドロップして並べ替えます。

タスクを割り当て期日を設定します。

プロジェクトカレンダーがあれば期限の見逃しを防ぐことができます。

カレンダーでタスクをドラッグ & ドロップすると、それに伴って期日が変更されます。

プロジェクトの最新情報を受け取る必要があるユーザーをメンバーとして追加します。

プロジェクトメンバーには、新しい会話、ステータス、タスクの通知が送信されます。

告知をしたりディスカッションを開始したりするには、プロジェクトに会話を投稿します。

投稿した内容はプロジェクトメンバー全員に送信されます。

進捗を使うと、プロジェクトの進み具合を確認できます。

プロジェクトのステータスを設定し、プロジェクトの進み具合をチームに知らせます。

プロジェクトオーナーは、週に 1 回ステータスを更新するよう促されます。

プロジェクトはサイドバーから開いたり整理したりします。

プロジェクトをお気に入りに登録すれば、サイドバーの上部にピン留めできます。

プロジェクト名の左にあるボタンをクリックすると、プロジェクトがお気に入りに登録されます。

どの画面でも、トップバーからプロジェクトを新規作成できます。

これでチームと一緒にプロジェクトを進めることができるようになりました。

残るレッスンはあと 1 つだけです。

受信トレイでコミュニケーションと調整がさらに速くなります。

受信トレイをチェックして最新情報をすばやく確認し、対応します。

タスクの期日になると、受信トレイに通知が表示されます。

フォローしているタスク、会話、プロジェクトが更新されたときも同様です。

受信トレイを閉じずに、更新情報を開いて対応できます。

更新情報をクリックすると、対応するために必要なすべてのコンテキストが表示されます。

対応が終了した更新情報はアーカイブします。

更新情報の右に表示される X をクリックして、通知をアーカイブします。

アーカイブを開いて、非表示にした更新情報を受信トレイに戻します。

アーカイブされた更新情報の右に表示される矢印をクリックすると、受信トレイに戻ります。

タスクやプロジェクトのフォローを外すと、その更新情報の受信を停止できます。

受け取る (または受け取らない) 更新情報をコントロールできます。

Asana を使い慣れたら、メール通知をオフにできます。

チーム内コミュニケーションの大半は、受信トレイを使うとより簡単に管理できます。頻繁にチェックするようにしましょう。

おめでとうございます!これで Asana で仕事を進める準備ができました。