Asana の有料プランとユーザーごとの料金

概要

無料版の Asana Basic では、メンバー全員が同じ組織用のメールを持っていても、個人用のメールを持っていても、メンバーライセンス数にカウントされます。

Asana のプランは、お客様のチームの成長に合わせて、階層別にご用意しています。

サブスクリプションは、Asana の特定のワークスペース、組織、チーム、またはディビジョンのユーザー数に応じて、スペースに関連付けられます。

Asana の料金は以下の 2 つの変数に基づいています。

  1. ニーズに合う階層のプラン
  2. プランまたは請求可能なグループのユーザー数またはライセンス数

既存のプランに問題がある場合は、Asana のサポートチームまでお問い合わせください。

階層別の機能やプランを比較するには、Asana の料金ページをご覧ください。

Asana の構成員

ユーザーとは、Asana ドメインへのフルアクセスが可能な個々のライセンスです。ワークスペースの場合、ユーザーとはワークスペースに所属するメンバーであり、組織の場合、ユーザーとは同じメールのドメインを共有しているメンバーを指します。

誰が Asana ユーザーを構成するのか?

  • ワークスペースメンバー: ワークスペースのメンバーの詳細については、こちらを参照してください。

  • ワークスペース限定アクセスメンバー: ワークスペースへのアクセスが制限されているメンバー。

*ワークスペースには共通のメールドメインは必要ありません。また、タスクやプロジェクトで共同作業をするために招待したメンバーは、メンバーと限定アクセスメンバーのどちらとして追加されたかにかかわらず、ワークスペースのメンバーとしてカウントされます。有料プラン (Premium、Business、または Enterprise のプラン) のメンバー数は、このようにカウントされます。

  • 組織メンバー: 組織のメンバーについての詳細はこちらをご覧ください。

  • 組織のゲスト - ゲストは組織に紐づけられます。

これらのゲストは、組織のメールドメインを共有していないユーザーで、特定のタスク、プロジェクト、またはチームに招待されたユーザーです。組織のゲストは、有料プラン (Premium、Business、または Enterprise) にはカウントされません。

  • チームメンバー: チームメンバーの詳細についてはこちらをご覧ください。

  • チームゲスト: 特定のチームに招待されたゲスト。

  • チーム限定アクセスメンバー: 特定のチームへのアクセスが制限されているユーザー。

誰が有料プランの機能を利用できるのか

会社のメールアドレスを使って Asana に登録したユーザーは自動的に組織に追加され、その分の Premium 組織の料金が発生します。

組織をアップグレードする場合は、組織の全メンバーに対して料金が発生します。この場合、組織全体、そして組織内のすべてのチームが有料機能を利用できます。

特定のチームをアップグレードした場合、その特定のチームのみが有料プランとみなされ、有料機能を利用できます。

アップグレードにご興味のある方は、セールスチームまでお問い合わせください。

Asana の有料プランには誰が含まれるか

Asana では、無料プランでも有料プランでも、組織のメンバーシップはメールドメインで定義されます。

つまり、組織のドメインを持つ人 (例: kmooney@apolloenterprises.com) は自動的にそのメンバーとして扱われ、持たない人 (例: kmooney@gmail.com) はゲストとして扱われます。

Asana の Premium プランでは、無制限でゲストを招待できます。つまり、ゲストはメンバーシップの制限にカウントされません。

有料プランに数えられるのは誰ですか?

ライセンス数

有料プランに数えられるのは誰か

  • 有料のワークスペースでは、メールドメインに関係なく、メンバーおよび限定アクセスメンバーを含む、すべての人が有料プランの対象となります
  • チーム、組織、ディビジョンでは、会社のメールドメインを持つメンバー (フルメンバーおよび限定アクセスメンバー) がプランのライセンス数にカウントされます
  • 会社のメールドメインを持たないゲストは、有料プランのライセンス数にカウントされないため、無料で利用できます

要約:

ゲスト 限定アクセスメンバー
Premium プラン人数へのカウントなし 有料チーム、ワークスペース、組織の人数としてカウント

管理者コンソールから「メンバー」タブに移動すると、より上手にユーザーを管理し、全体のメンバーシップ数に誰が含まれているのかを理解できます。

ゲストを招待する

ゲストユーザーは、ベンダー、クライアント、フリーランサー、外部コンサルタントなど、チームの外部から参加するユーザーです。

チームゲスト

(組織のメールドメインを持っているかどうかには関係なく) 誰でもチームメンバーとして追加できます。以下の手順に従ってください。

ゲストとは、自社のメールドメインを持っていないユーザーで、特定のタスク、プロジェクト、またはチームで作業するために組織に招待された人のことです。

組織のゲスト

(組織のメールドメインを持っていない) ユーザーをゲストとして無料で招待できます。組織のメールドメインとは異なるドメインを使用している場合は、Premium プランの料金の対象外となります。チームのメンバーとしてゲストを招待した場合でも、Premium プランの対象外となります。ただし、組織メンバー (組織のメールドメインを持っているユーザー) をチームの限定アクセスメンバーとして招待した場合は、Premium プランの料金の対象となります

組織の限定アクセスメンバーを Asana Premium にアップグレードする場合、メンバーはプランの料金に含まれます。

限定アクセスメンバーを維持する場合は、特に行う作業はありません。限定アクセスメンバーをチームの総数に含めたくない場合は、簡単にプロビジョンを解除できます。

限定アクセスメンバーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

組織レベルのサブスクリプションでは、すべての組織メンバーがプランの有料ライセンスにカウントされます。

ゲストは、組織全体をアップグレードする際には、全体のメンバーシップ数には数えられません。

*Asana の段階別プランの詳細を確認して、Asana がチームや組織のために提供できる必要な機能、コントロール、カスタマイズされたアプローチをご覧ください。

Asana の有料プランの対象者についてご質問がある場合は、当社のセールスチームにお問い合わせください。

関連記事:

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。