セッション時間を管理する

概要

セッション時間とは、ユーザーがシステムによって自動的にログアウトされるまで、Asana にログインしていられる期間のことです。特権管理者は Asana ウェブとデスクトップのユーザーのセッション時間を管理することで、コントロールと柔軟性を一層強化できます。セッション時間のコントロールを設定することで、特権管理者は企業の基準を考慮してセッション時間を決定でき、ユーザーのセッション時間を 14 日間にするか、無制限 (ユーザーを自動的にログアウトしない) にするかを選択できます。セッション時間を選択する機能は、組織とディビジョンで、Premium、Business、Enterprise プランの特権管理者が利用できます。

セッション時間の管理

セッション時間の設定

組織の特権管理者は、以下を行うことによりセッション時間を管理できます。

  1. プロフィールを開き、「管理者コンソール」をクリックします。
  2. 管理者コンソールの「セキュリティ」セクションに移動し、「セッション時間」までスクロールします。
  3. 以下の 2 つのオプションから 1 つを選択します。
  • 「自動ログアウトしない」を選択すると、自動的にログアウトしなくなります
  • 「14 日後にログアウト」
  1. 2 つのオプションから選択したら、「設定を保存」をクリックします

ディビジョンの特権管理者がディビジョンのセッション時間を設定するには、Asana サポートに連絡してください

既存のユーザー向け

特権管理者が組織のセッション時間を延長した場合、既存のセッションに影響はありません。ユーザーの今後のセッション時間が、自動的に長くなります。 特権管理者が 14 日後に自動ログアウトするオプションを選択した場合、ユーザーのセッションは 14 日後に失効します。

複数のドメインに所属しているユーザーのタイムアウト (ログアウトまでの時間) は、すべてのドメインで最も短いセッション時間に設定されます。

SAML ログイン向け

組織の SAML ログインによって管理されているユーザーは、セッション時間設定の影響を受けません。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。