管理者ロール

概要

Asana では、管理者のロールに特権管理者管理者という 2 種類のロールがあります。管理者は、ユーザーとチームを管理するための機能、および個々のユーザーに対するセキュリティ設定にアクセスできます。特権管理者は、すべての管理者機能と組織全体のセキュリティ設定にアクセスできます。特権管理者は組織全体のセキュリティ機能を監督できるため、IT 管理者に与えるべき役割と言えます。組織の 1 人目の特権管理者は、確認プロセスを受ける必要があります。確認が済んだら、特権管理者はこの確認プロセスを実行しなくても他のユーザーに特権管理者ステータスを付与できます。このプロセスにより、重大なセキュリティ設定へのアクセスが限られた数のユーザーに限定されます。

特権管理者と管理者の違い

特権管理者と管理者は、有料の (アップグレードされた) 組織とディビジョンでのみご利用いただけます。他の機能にアクセスする必要がある場合は、特権管理者の確認プロセスを開始してください。

  • 特権管理者は、組織の IT 管理者であることが一般的です。SCIM や組織全体のパスワードリセットなどの機能を監督します。

  • 管理者は、IT ヘルプデスクや事業リーダーが担当する傾向にあります。管理者は、個人のパスワードリセットやカスタムブランディング、ユーザーとチームを管理するための機能にアクセスできます。

管理者および特権管理者の権限

権限グラフ

限定的: 機能にはアクセスできますが、非公開チームの情報など、そのユーザー以外には非公開となっている情報は表示できません。

特権管理者の確認

特権管理者を追加

ドメインに特権管理者が必要になることは滅多にありませんが、必要な場合は管理者コンソールに確認プロセスのガイダンスが表示されます。 確認プロセスを事前に済ませておきたい場合は、管理者コンソールを開き、「セキュリティ」タブ、「管理者アクセス」を順にクリックしてから新しい特権管理者を追加します。

組織では、ユーザーが特権管理者になるには、確認プロセスを完了させる必要があります。その後、その特権管理者は他の特権管理者を作成できます。ディビジョンでは、特権管理者になることを希望するユーザーは、個別に確認プロセスを行う必要があります。

確認プロセスでは、Asana インスタンスにつながっているメールドメインの 1 つと一致するドメイン (Asana.com など) の所有者であること、またそれを変更できることを証明しなくてはいけません。その証明は、対象ドメインのドメインネームシステム (DNS) のレコードを変更して行います。具体的には、ウェブサイトの運用に影響を与えずにオーナーシップを証明するかたちで TXT レコードを追加していただきます。確認の開始時に詳しい手順をお送りいたします。

特権管理者を追加する

組織の特権管理者は、他の特権管理者を追加できます

特権管理者を追加する

他の特権管理者を追加するには、そのユーザーは管理者コンソール内の「セキュリティ」カテゴリにある「管理者アクセス」セクションで「特権管理者を追加」ボタンをクリックします。

特権管理者の表示と管理

特権管理者と管理者の表示と管理は、管理者コンソールのセキュリティタブにある管理者アクセスモーダルで行えます。


申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。