管理者コンソール

現在、管理者コンソールを段階的に展開しています。ぜひご意見をお寄せください。

管理者コンソールは、Asana 管理者が組織内で Asana を活用するための管理を可能にします。

組織管理者コンソールにアクセスする

管理者コンソールにアクセス

管理者コンソールにアクセスするには

  1. プロフィール写真をクリック
  2. ドロップダウンメニューから管理者コンソールを選択

組織のすべてのメンバーを管理する

メンバーの管理

メンバータブからは次のことができます。

  1. 新しいメンバーを組織のチームに招待
  2. 組織のメンバー、ゲスト、保留中の招待、使用可能なライセンスの数を確認
  3. 組織の誰かを検索
  4. 各ユーザーの名前、そのユーザーが管理者、メンバー、ゲストのいずれであるか、およびそのユーザーの組織内の最終アクティブ日時を表示
  5. 管理者アクセスを付与/取り消す、またはユーザーを削除 (名前にカーソルを合わせて三点リーダーアイコンをクリックし、オプションを選択)

メンバーを名前と最新のアクティビティでソート

名前/アクティビティでソート

メンバーとゲストのリストを名前(アルファベット昇順/降順)または最新のアクティビティでソートします。組織内で最近行われた活動の詳細や、承認待ちの招待がないかなどを確認できます。

メンバーシップデータを CSV にエクスポートする

CSV をエクスポート

メンバーシップデータを CSV にエクスポートするには

  1. メンバータブの三点リーダーアイコンをクリック
  2. メンバーの CSV リストをリクエストをクリック

チームを管理する

チーム

チームタブからは次のことができます。

  1. 組織のチームを新規作成
  2. 各チームの名前、メンバー数、プライバシー権限、作成日、作成者を表示
  3. チームを編集 (名前にカーソルを合わせ、表示される青色のチームを編集オプションをクリック)

請求情報の管理

請求情報の閲覧

請求タブでは以下の操作が可能です。

  1. 有料プランの種類変更
  2. 有料メンバー数(シート数)の追加
  3. 請求情報の更新
  4. アカウントの請求管理権限の再割り当て
  5. 最新の請求書ダウンロード

請求情報の更新、請求管理権限の再割り当て、最新の請求書のダウンロードは、組織における現在の請求管理者のみ実行できます。

セキュリティ

セキュリティ

セキュリティタブからは次のことができます。

  1. 組織用の Google SSO を有効化/無効化
  2. 組織の SAML を有効化
  3. 組織メンバーのパスワード要件を設定、またはすべてのパスワードを強制的にリセット
  4. 組織のすべての管理者を表示

パスワード強度の変更は新しく作成されるパスワードにのみ影響します

Google SSO

SSO

Google SSO を有効にするには、組織管理者はまず自身の Google アカウントにログインします。メールアドレスとパスワードを使用してログインしている場合は、一旦ログアウトして、青の Google アカウントを使用 ボタンをクリックしてログインし直します。

SSO

セキュリティタブの Google アプリ認証からは次のことができます。

  1. Google サインインをメンバー全員に対してオプションまたは必須として設定
  2. オプションを選択したら、設定を保存をクリック

組織のゲストは、メンバーに Google SSO が必要か否かにかかわらず、常にメールアドレスとパスワードでログインできます。

SAML

Enterprise 組織の場合は、管理者コンソールのセキュリティタブからも SAML を有効にできます。

saml

有効化

組織名および確認済みメールドメイン

セキュリティ

設定タブからは次のことができます

  1. 組織名を変更
  2. 組織の確認済みドメインのリストを表示または変更
  3. 組織のすべてのデータを JSON ファイルにエクスポートすることをリクエスト

ドメインのエクスポート

管理者は組織のすべてのデータを JSON ファイルにエクスポートすることをリクエストできます。これは、管理者コンソールの設定タブから行います。ドメインのエクスポートは Enterprise の機能です。

エクスポート

プロビジョンを解除されたユーザーに割り当てられていたタスクの復元

組織からユーザーのプロビジョンを解除すると、解除前にそのユーザーに割り当てられていたタスクが含まれた非公開プロジェクトが管理者に対して作成されます。プロビジョンを解除されたユーザーが残した保留中のタスクを簡単に確認し、再割り当てすることができます。

このプロジェクトに追加できるタスクは 1000 件までです。

ログイン

or

パスワードを忘れた場合

登録

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

登録

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

無料トライアルを始める

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

無料トライアルを始める

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

Asana Premium を入手

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

Asana Business を入手

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

登録できませんでした。

アカウントの作成中に問題が発生しました。このウィンドウを閉じてもう一度試してください。

こんにちは。以前にもお会いしましたね!

リンクを次に追加

エラー: リンクを追加する前にワークスペースを選択してください


申し訳ありませんが、このブラウザは非対応です

Asana は現在お使いのインターネットブラウザに対応していません。こちらの対応ブラウザを使ってご登録ください。


料金を計算するには Asana にログインまたは登録してください

or

パスワードを忘れた場合

Asana レッスン

15 分以内の短いレッスンで Asana のいろはを学ぶことができます

タスク

タスク Lessons

あらゆる仕事を管理

3 分

マイタスク

マイタスク Lessons

次にするべきことを常に把握

3 分

プロジェクト

プロジェクト Lessons

チームメイトと一緒に仕事をする

3 分

受信トレイ

受信トレイ Lessons

コミュニケーションをさらに加速

3 分

タスクを使えばあらゆる仕事の管理、コラボレーション、整理を行うことができます。

タスクとは、To-Do やアイデア、メモ、覚えておくべきことなどです。

タスクを自分やチームメイトに割り当てます

Tab+M を押すと、自分にタスクをすばやく割り当てることができます。

期日を追加することで、期限が明確になります。

タスクの説明フィールドには指示内容やするべきことを入力します。

@ を入力すると、他のタスクやメンバー、会話、プロジェクトへのリンクを作成できます。

誰かを @メンションすると、その相手はフォロワーとしてタスクに追加されます。

新しいコメントや添付が追加されると、フォロワーは通知を受け取ります。

タスクの最新情報を把握する必要があるメンバーは、フォロワーとして追加します。

フォロワーは、フォローを外すことでタスクの通知の受信をいつでも停止することができます。

質問またはフォロワーに情報を提供する場合はコメントを追加します。

コメントにいいねすると、あなたが確認したことがフォロワーに伝わります。

関連ファイルを添付として追加できます。

DropboxGoogle DriveBox から直接添付することも可能です。

サブタスクを作成してタスクを小さなステップに分けます。

サブタスクの追加後に Enter を押すと、他のサブタスクも追加できます。

サブタスクには通常のタスクとまったく同じように詳細を含めることができます。

サブタスクにコメントや添付を追加するには、コメントの吹き出しをクリックします。

タスクはどの画面からでもトップバーを使って作成できます。

すべてのタスクには一意の URL があり、簡単にコピーして共有できます。

おめでとうございます!これでタスクについて習得しました。

次のレッスンに進みましょう!

マイタスクを使うと、次にするべきことが必ずわかります。

マイタスクとは、自分に割り当てられているすべてのタスクのリストです。

これがあると、仕事をシンプルに管理できます。

マイタスクのリストをクリックし、タスクを入力して追加します。

入力はテキスト文書を作成するときと変わりません。タスクを新規作成するたびに新しい行を追加します。リストにペーストすることもできます。

x@mail.asana.com にメールを転送すれば、タスクに変換することができます

添付も含め、メールは Asana のタスクに変換されます。

新しいタスクは新規タスクのリストの一番上に表示されます。

マイタスクに追加したタスクは自分以外には公開されません。

公開をクリックすると、チームと共有できます。

タスクは今日近日後日に分類することで優先度をつけることができます。

タスクの隣にある青のドットをクリックすると、すばやくソートできます。

今日行うタスクは今日にします。

チームメイトは、あなたのマイタスクのリストを表示して、あなたが何に取り組んでいるかを確認できます。

ただし、表示されるのはあなたが公開したタスクとプロジェクトで共有したタスクだけです(後述のプロジェクトのところで詳しく説明します)。

期限が 1 週間以内のタスクは近日にします。もうすぐ期限のタスクが一目瞭然です。

期日になると、タスクは近日から今日に移動します。

とっても便利。

期限が 1 週間以上先のタスクは後日にします。

このタスクは期日が近付くまで後方で控えています。

期限まで残り 1 週間を切ると、そのタスクは後日から近日に移動します。

マイタスクの優先度を維持することで、今何に取り組めばいいか、次に何が待っているかを常に把握しておくことができます。

これで仕事の管理と計画の方法について習得しました!

に、Asana でチームと一緒に仕事をする方法を学びましょう。

プロジェクトを使うと、一連のタスクについて一緒に仕事をすることができます。

プロジェクトで、プロセスやイニシアチブのステップを管理および整理することができます。

イベント計画や製品リリース、投稿カレンダーのようなものです。

マイタスクと同じように、クリックして入力すればプロジェクトにタスクを追加できます。

すでに書類やメールにステップがある場合は、それをリストにペーストします。

タスクをメールからプロジェクトに追加します。

プロジェクトの一意のメールアドレスは、プロジェクトのドロップダウンメニューから確認できます。

タスクを他の関連するプロジェクトに追加します。

タスクは複数のプロジェクトに含めることができます。

セクション を追加すれば、タスクをリストプロジェクトに整理することができます。

タスクのタイトルの最後に : を入力して、セクションにします。

また、を追加すればタスクをボードプロジェクトに整理できます。

列間または列内でタスクをドラッグアンドドロップして並べ替えます。

タスクを割り当てて期日を設定します。

プロジェクトカレンダーがあれば期限の見逃しを防ぐことができます。

カレンダーでタスクをドラッグアンドドロップして期日を変更します。

プロジェクトの最新情報を受け取る必要がある人をメンバーとして追加します。

プロジェクトメンバーには、新しい会話、ステータス、タスクの通知が送信されます。

告知やディスカッションを開始する場合は会話を投稿します。

投稿した内容はプロジェクトメンバー全員に送信されます。

進捗を使うと、プロジェクトの進み具合を確認することができます。

プロジェクトのステータスを設定し、プロジェクトの進み具合をチームに知らせます。

プロジェクトオーナーは、週に 1 回ステータスを設定するよう促されます。

プロジェクトはサイドバーから開いて整理します。

プロジェクトをお気に入りに登録すれば、サイドバーの一番上にピン留めすることができます。

プロジェクト名の左にある ボタンをクリックすると、プロジェクトはお気に入りに登録されます。

トップバーを使うと、どの画面からでもプロジェクトを新規作成できます。

これでチームと一緒にプロジェクトを進めることができるようになりました。

実際に始める前にあと 1 つだけレッスンを受けましょう。

受信トレイを使えば、コミュニケーションと調整がさらに速くなります。

受信トレイをチェックして更新情報をすばやく確認し、対応します。

期限が来たタスクがあると、受信トレイから通知があります。

また、あなたがフォローしているタスクや会話、プロジェクトをチームメイトが更新したときも同様です。

受信トレイを閉じずに、更新情報を開いて対応することができます。

更新情報をクリックすると、対応するために必要なすべてのコンテキストが表示されます。

対応が終了した更新情報はアーカイブします。

更新情報の右に表示される X をクリックすると、アーカイブすることができます。

アーカイブを開けば、一度閉じた更新情報を受信トレイに戻すことができます。

アーカイブされた更新情報の右に表示される矢印をクリックすると、受信トレイに戻ります。

タスクやプロジェクトのフォローを外すと、その更新情報の受け取りを停止することができます。

つまり、受け取る(または受け取らない)更新情報をコントロールすることができるのです。

希望する場合は、Asana のメール通知をオフにできます。

チーム内コミュニケーションの大半は、受信トレイを使うとより簡単に管理できます。頻繁にチェックするようにしましょう。

おめでとうございます!これで Asana で仕事を進める準備ができました。