コメント限定プロジェクト

プロジェクト用のコメント限定権限を利用すると、ユーザーの編集権限を制限しながらプロジェクトの閲覧やコメントを許可できます。誤って不必要な編集が行われることを防ぎながら、プロジェクトの情報を関係者と簡単に共有できます。プロジェクトの枠組みを維持しながら、プロジェクトのフィードバックを取得し、関係者と最新情報を共有しましょう。コメント限定の権限は、会社の Wiki、テンプレート、参考資料、変更されるべきでない確定したプロセスなどに最適です。

プロジェクトをコメント限定に変更

プロジェクトページの「共有」ボタンをクリックし、権限設定にアクセスします。

コメント限定プロジェクトを編集できるのは、編集権限を持つプロジェクトメンバーのみです。プロジェクトメンバーでなくてもプロジェクト全体もしくはプロジェクト内の個々のタスクにアクセスできる場合がありますが、プロジェクトへのアクセスはコメント限定になります。

プロジェクトメンバーのアクセス設定

プロジェクトの権限設定をコメント限定に変更するには、次のことを行います。

  1. プロジェクトの「検索」バーの横にある「共有」ボタンをクリックし、プロジェクトメンバーと権限の設定メニューを開きます。
  2. コメント限定にするプロジェクトメンバーを選択し、メニューから「コメント可能」を選択します

このメニューから、プロジェクトをチームと共有したり、プロジェクトメンバーのみに公開したり、そのメンバーができることを制限したりといった設定ができます。

この設定を変更すると、プロジェクトメンバー以外のチーム、ディビジョン、または組織のメンバーに対して公開プロジェクトはコメント限定になります。この変更は既存のプロジェクトメンバーに対するプロジェクトのアクセス設定には影響しません。

個々のプロジェクトメンバーに対する権限設定の変更

プロジェクトオーナーと編集権限を持つプロジェクトメンバーは、他のプロジェクトメンバーの権限設定を編集可能に変更することにより、編集権限を付与できます。

メンバーのアクセス設定を変更

プロジェクトメンバーの権限設定を変更するには、次のことを行います。

  • 設定を変更しようとしているプロジェクトメンバーの名前の横にあるドロップダウンメニューをクリックします。
  • 編集可能」を選択し、プロジェクトに対するすべての権限を付与するか、「コメント可能」を選択し、コメント限定の権限に制限します。
  • プロジェクトオーナーは別のプロジェクトメンバーをオーナーとして割り当てることができます。
  • 変更は自動保存されるので、メニューを閉じます。

コメント限定ビュー

プロジェクトメンバーの権限は、タスクビューの中で、プロジェクト名の上、ハイライトされたバーに表示されます。

個々のユーザーのプロジェクト権限

プロジェクトのデフォルトの設定とは関係なく、プロジェクトメンバーに個別に権限を付与できます。プロジェクトレベルでは、コメント限定の権限を持つメンバーやコメント限定権限のタスクを割り当てられたメンバーは、プロジェクトのメッセージやプロジェクトのステータス更新のみ投稿できます。

下の表は、編集権限のあるプロジェクトメンバー、コメント限定アクセス権のあるプロジェクトメンバー、プロジェクトのコメント限定アクセス権があり、かつそのプロジェクトのタスクが割り当てられているプロジェクトメンバーのそれぞれの権限の概要を示しています。

編集可能:コメント可能:コメント限定、タスク割り当てあり:
タスクを完了するタスクを完了する
担当者を変更する担当者を変更する
期日を変更する期日を変更する
タスクのタイトルと説明を編集する
タグを追加 / 削除する
サブタスクを追加 / 編集する
タスクの依存関係を追加 / 編集する
フォームを編集 /表示する
カスタムフィールドの値を編集するカスタムフィールドの値を編集する
添付を追加 / 削除する添付を追加 /削除する添付を追加 /削除する
タスクにコメントするタスクにコメントするタスクにコメントする
タスクのコラボレーターを変更するタスクのコラボレーターを変更するタスクのコラボレーターを変更する
タスクやコメントにいいねするタスクやコメントにいいね!するタスクやコメントにいいね!する

コメント限定アクセスのメンバーにタスクが割り当てられている場合、そのタスクのサブタスクへのアクセスもコメント限定になります。サブタスクに対するアクションを行うには、サブタスクもそのメンバーに割り当てる必要があります。

複数のプロジェクトに関連付けられたタスク

タスクが複数のプロジェクトに属する (マルチホームされている) 場合、タスクが存在するプロジェクトすべてにアクセスできるプロジェクトメンバーは、付与されている権限の中で最大の権限を維持します。

たとえば、あるプロジェクトのタスクに対して完全な編集権限を持つユーザーは、タスクが別の複数のプロジェクトに属していて、そのプロジェクトに対しコメント限定アクセスしかない場合でも編集権限が維持されます。つまり、ユーザーが編集権限を持つタスクが、コメント限定アクセスしかないプロジェクトに追加されても、そのタスクに対する編集権限は維持できるということです。

また、あるプロジェクトでコメント限定の権限を持つユーザーは、編集可能権限を持つ別のプロジェクトにタスクが追加されれば、そのタスクを編集できるようになります。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。