タスクの権限

Asana のタスクへのアクセス権は、さまざまな条件によって異なります。

タスク:アクセスできるユーザー:
非公開タスクタスクのコラボレーターのみ
公開タスク組織メンバー全員
非公開プロジェクト内のタスクタスクコラボレーターとプロジェクトメンバー
公開プロジェクト内のタスクタスクコラボレーター、プロジェクトメンバー、チームメンバー
サブタスク親タスクへのアクセス権を持つユーザー

この記事では以下について説明します。

  • タスクの権限の確認方法
  • タスクを閲覧できるユーザー
  • タスクへのアクセス権の設定方法
  • タスクへのアクセスの制限方法

How to Asana で詳しく見る

How to Asana の動画シリーズでは、Asana での非公開タスク、プロジェクト、チームの作成方法を説明します。

非公開タスク

非公開タスク

タスクが非公開でプロジェクトに属していないことを確認する方法

  1. タスク名の上に、タスクが自分とタスクコラボレーター以外には非公開であることを示すバナーが表示されます。
  2. タスク詳細ウィンドウのプロジェクトフィールドに、タスクがプロジェクトに属しているかどうかが表示されます。

マイタスクで作成されたタスクは、デフォルトでプロジェクトに属さず、自分以外のコラボレーターがいない非公開タスクになります。

タスクを閲覧できるユーザー

プロジェクトに属さない非公開タスクにアクセスできるメンバー

プロジェクトに属さない非公開タスクにアクセスできるのはコラボレーターのみです。

このタスクへのアクセス権を設定するには

プロジェクトに属さない非公開タスクを共有するには、次の方法があります。

  1. タスクを公開する: タスクを公開すると、組織メンバー全員に公開されますが、アクセスするには検索が必要です。
  2. タスクをプロジェクトに追加する: タスクをプロジェクトに追加すると、プロジェクトのメンバー全員とチームメンバーにタスクへのアクセス権が付与されます。
  3. 共有先のメンバーをコラボレーターとして追加する: タスクを共有したいメンバーをコラボレーターとして追加することで、そのタスクへのアクセスが許可されます。

タスクをプロジェクトに追加する前に、プロジェクトの権限を確認してください。 

このタスクへのアクセスを制限するには

プロジェクトに属さないタスクへのアクセスを制限するには

  1. タスクをコラボレーター以外には非公開にするか
  2. すべてのコラボレーターを削除し、自分以外のメンバーには非公開にします

自分自身をタスクコラボレーターから削除すると、タスクにアクセスできなくなります。

公開タスク

タスクが公開されていて、プロジェクトに属していないことを確認するには

  1. タスクタイトルの上にあるバーに、タスクが[組織名]の全員に表示されることを示すバナーが表示されます
  2. タスク詳細ウィンドウのプロジェクトフィールドに、タスクがプロジェクトに属しているかどうかが表示されます

タスクを閲覧できるユーザー

プロジェクトに属さない公開タスクを閲覧できるメンバー:

  1. タスクコラボレーター
  2. 組織メンバー全員

このタスクへのアクセス権を設定するには

プロジェクトに属さない公開タスクを共有するには、次の方法があります。

  1. 共有先のメンバーをタスクコラボレーターとして追加する: タスクを共有したいメンバーをタスクコラボレーターとして追加することで、このタスクへのアクセスが許可されます。そのメンバーが組織メンバーの場合、タスクを検索してアクセスできます。
  2. タスクをプロジェクトへ追加する: タスクをプロジェクトに追加すると、プロジェクトメンバー全員にタスクへのアクセス権が付与されます。

タスクをプロジェクトへ追加する前に、プロジェクトの権限およびプロジェクトメンバーを確認してください。 

このタスクへのアクセスを制限するには

プロジェクトに属さない公開タスクへのアクセスを制限するには、次の方法があります。

  1. タスクコラボレーターを削除する: 自分以外のタスクコラボレーターを全員削除することで、タスクの通知が組織メンバーに送られなくなります。ただし、検索によってアクセスすることはできます。
  2. タスクを非公開に設定する: タスク詳細ウィンドウのタスクアクションボタンをクリックし、「プロジェクトメンバーのみに公開」を選択します。タスクはどのプロジェクトにも属していないため、自分自身およびタスクコラボレーターのみに表示されます (タスクコラボレーターは削除することもできます)。

公開プロジェクト内のタスク

タスクが公開プロジェクトに属していることを確認するには:

  1. タスク詳細ウィンドウのプロジェクトフィールドでタスクが属するプロジェクトを確認できます。プロジェクト名をクリックし、プロジェクトを読み込みます。
  2. プロジェクトを読み込んだら、ヘッダーに、プロジェクトが[チーム名]と共有されていることが表示されます。

タスクを閲覧できるユーザー

公開プロジェクトにあるタスクを閲覧できるメンバー:

  1. タスクコラボレーター
  2. プロジェクトメンバー
  3. チームメンバー

このタスクへのアクセス権を設定するには

公開プロジェクトアクセス

公開プロジェクトに所属するタスクを共有するには、次の方法があります。

  1. 共有先のメンバーをタスクコラボレーターとして追加する: タスクを共有したいメンバーをタスクコラボレーターとして追加すると、そのメンバーはタスクの最新情報を受け取るようになります。そのメンバーがプロジェクトメンバーまたはチームメンバーである場合、すでにタスクへのアクセス権を持っています。
  2. 共有先のメンバーをプロジェクトメンバーとして追加する: タスクを共有したいメンバーをプロジェクトメンバーとして追加すると、プロジェクト内のすべてのタスクへのアクセス権が付与されます。そのメンバーがチームメンバーである場合、すでにタスクへのアクセス権を持っています。

このタスクへのアクセスを制限するには

  • タスクコラボレーターを削除する
  • プロジェクトメンバーを削除する
  • タスクをプロジェクトから削除する
  • プロジェクトを非公開にする

タスクコラボレーターを削除する

公開プロジェクト内のタスクでタスクコラボレーターを削除すると、タスクの通知が届かなくなります。削除したメンバーがプロジェクトメンバーまたはチームメンバーの場合は、引き続きタスクにアクセスできます。

プロジェクトメンバーを削除する

プロジェクトメンバーを削除すると、タスクおよびプロジェクトの通知が届かなくなります。ただしプロジェクトが所属するチームのメンバーである場合は、そのタスクやプロジェクト内の他のタスクを閲覧できます (公開されているため)。

タスクをプロジェクトから削除する

プロジェクトメンバーはタスクへのアクセス権を失いますが、タスクコラボレーターは引き続きタスクにアクセスできます。

プロジェクトを非公開にする

チームメンバーはタスクおよびプロジェクト全体へのアクセス権を失いますが、プロジェクトメンバーやタスクコラボレーターは引き続きタスクにアクセスできます。

非公開プロジェクト内のタスク

タスクが非公開プロジェクトに属していることを確認するには、次のことを行います。

  1. タスク詳細ウィンドウのプロジェクトフィールドに、タスクが属するプロジェクトが表示されます。プロジェクト名をクリックし、プロジェクトを読み込みます。
  2. プロジェクトが読み込まれたら、ヘッダーに、プロジェクトがメンバーのみに公開されていることが表示されます。プロジェクトが自分にだけ表示されるように設定されている場合、プロジェクトヘッダーには自分のみに公開と表示されます。

タスクのアクセスが一部のグループに制限されている場合、タスク詳細ウィンドウのプロジェクトフィールド上の黄色でハイライトされた部分に、タスクにアクセスできるメンバーが表示されます。

タスクを閲覧できるユーザー

非公開プロジェクト内のタスクを閲覧できるメンバー:

  1. タスクコラボレーター
  2. プロジェクトメンバー

このタスクへのアクセス権を設定するには

非公開プロジェクトのタスクを共有するには、次の方法があります。

  1. 共有先のメンバーをタスクコラボレーターとして追加する: タスクを共有したいメンバーをタスクコラボレーターとして追加すると、そのメンバーはそのタスクだけにアクセスできるようになります。そのメンバーがプロジェクトメンバーの場合、すでにタスクへのアクセス権を持っています。
  2. 共有先のメンバーをプロジェクトメンバーとして追加する: タスクを共有したいメンバーをプロジェクトメンバーとして追加すると、プロジェクト内のすべてのタスクへのアクセス権が付与されます。
  3. プロジェクトを公開する: プロジェクトを公開すると、プロジェクトが属するチームの全メンバーがアクセスできます。

このタスクへのアクセスを制限するには

  • タスクコラボレーターを削除する
  • プロジェクトメンバーを削除する
  • タスクをプロジェクトから削除する

タスクコラボレーターを削除する

削除されたタスクコラボレーターは、タスクにアクセスできなくなります。そのメンバーがプロジェクトメンバーの場合は、プロジェクトからタスクへアクセスできますが、タスクに関する通知は受け取りません。

プロジェクトメンバーを削除する

削除されたプロジェクトメンバーは、プロジェクト内の全タスクにアクセスできなくなりますが、タスクコラボレーターである場合、そのタスクにはアクセスできます。

タスクをプロジェクトから削除する

タスクをプロジェクトから削除すると、プロジェクトメンバーはタスクへのアクセス権を失いますが、タスクコラボレーターは引き続きタスクにアクセスできます。

非公開タスクへのアクセス権をリクエストする

非公開タスクへのアクセス権をリクエストするオプションを表示した画面

非公開プロジェクトへのアクセス権をリクエストするには、次のことを行います。

  1. アクセスが必要が非公開タスクへのリンクをクリックします。そのタスクへのアクセス権がないことを示すダイアログが表示されます。
  2. アクセス権をリクエスト」ボタンをクリックし、そのタスクの担当者にアクセス権をリクエストします。
  3. 担当者にはタスクが割り当てられ、あなたがアクセス権をリクエストしたこと、およびあなたをコラボレーターとして追加するオプションがあることが伝えられます。

非公開タスクにコラボレーターを追加するリクエストを承認または拒否する

非公開タスクへのアクセス権がない場合、コラボレーターとして追加してもらうことをリクエストできます。そのタスクにアクセスするには、まずそのリクエストが承認される必要があります。

  • 非公開タスクへのアクセスをリクエストすると、担当者にアクセスがリクエストされていることを通知するタスクが割り当てられます。その担当者はそのメンバーをプロジェクトに追加し、アクセス権を与えることができます。
  • そのタスクの担当者がいない場合、アクセスの許可または拒否をするタスクは、そのタスクの作成者に割り当てられます (引き続き編集可能なアクセス権を持っている場合)。
  • そのタスクの担当者がおらず、タスクの作成者も編集可能なアクセス権を持っていない場合は、そのタスクの編集可能なアクセス権を持つ最初のコラボレーターにタスクへのアクセスを許可または拒否するタスクが割り当てられます。
  • プロジェクトの複数のメンバーがそのタスクにアクセスできる場合は、そのタスクへのアクセスを承認したり、却下したりするタスクはプロジェクトオーナーに割り当てられます。そのプロジェクトのオーナーが存在しない場合、そのタスクはそのプロジェクトの編集可能なアクセス権を持つメンバーに割り当てられます。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。