組織の管理

Asana アカウントアカウントAsana に初めて参加するには、まずアカウントを作成します。1 つのアカウントにアクセスできるのは 1 人のユーザーのみです。続きを読むは無料で、個人に紐付けられています。Asana アカウントを持つことで、共有のワークスペースワークスペースワークスペースとは、会社のメールドメインやカスタムメールドメインを必要としない Asana のユーザーとプロジェクトの集合体です。続きを読むや組織にアクセスして他の Asana ユーザーとコラボレーションをできます。

1 つの Asana アカウントを使用して複数のワークスペースや組織を作成し、参加できるため、さまざまなグループの Asana ユーザーとコラボレーションできます。所属するワークスペースや組織はそれぞれ独立しており、メンバー、プロジェクト、タスクはそのワークスペースや組織に限定されています。

各ワークスペースや組織は独立しているため、あなたや同僚は、お互いに所属していないワークスペースや組織を見ることはできません。スペース間のプライバシーについて詳しくはこちらをご覧ください。

アカウントの構造

各ワークスペースおよび組織内のプロジェクトやタスクの権限設定について、詳しくはこちらをご覧ください。

組織とは?

組織は、Asana を使っているあなたの会社のすべての従業員が、会社の共有メールドメインに基づいて、つながることのできるスペースです。

組織内のメンバーは、チームチームチームとは、プロジェクトに共同で取り組む、組織内の人々で構成されるグループのことです。続きを読むに分かれてプロジェクトプロジェクトプロジェクトとは、さまざまなタスクがリスト化されたものです。続きを読むタスクタスクタスクは Asana における仕事の基本単位です。あらゆる種類の仕事をタスクにして、小さな要素に分割したり情報を格納したりといったことができます。続きを読むに共同で取り組みます。

組織の構成

独自の共有メールドメインがない場合は、ワークスペースでコラボレーションをできます。

組織の構成員

組織にはメンバー、ゲスト、限定アクセスメンバーといった複数の構成員が存在します。社内の従業員は組織のメンバーに、社外関係者は組織のゲストに振り分けられます。

たとえば、michael@yourco.com は組織 yourco.com のメンバーですが、他のメールアドレス (@gmail.com@anotherco.com など) を使用する人は組織 yourco.com のゲストになります。

組織メンバーをゲストに変換することはできません。組織のメンバーシップは、その人のメールアドレスによって自動的に決まります。

組織メンバー

組織のメンバーシップは、メールアドレスに関連付けられているドメインを基にしています。組織のメンバーになるには、組織が承認しているメールドメインのいずれかを持つメールアドレスを使用する必要があります。

組織が承認しているメールドメインのメールアドレスを使って Asana に登録した人は、自動的に組織のメンバーになります。

組織のメンバーができることは以下のとおりです。

  • チームチームチームとは、プロジェクトに共同で取り組む、組織内の人々で構成されるグループのことです。続きを読むを新規作成
  • 参加リクエスト参加リクエストチームのプロジェクトにアクセスするための参加リクエストです。チームへの参加リクエストは、既存のチームメンバーによって承認される必要があります。続きを読むが可能な組織内の全チームのリストを表示
  • チーム設定から組織の他のメンバーやゲストの名前とメールアドレスを表示。Premium 組織の管理者は、組織設定から組織メンバーとゲストの完全なリストを見ることもできます。
  • 組織に対して公開されているプロジェクトプロジェクトプロジェクトとは、さまざまなタスクがリスト化されたものです。続きを読むタスクタスクタスクは Asana における仕事の基本単位です。あらゆる種類の仕事をタスクにして、小さな要素に分割したり情報を格納したりといったことができます。続きを読むにアクセス

自動的に組織に参加したメンバーが、「公開」に設定されていないプロジェクトやタスクでコラボレーションするには、チームに参加リクエストをするか、招待される必要があります。詳しくはこちらをご覧ください

組織のゲスト

組織で承認されたメールドメインのアドレスを持たないクライアントや業者、お客様など (@gmail.com@yahoo.com など) は、組織のゲストとしてコラボレーションできます。ゲストには、組織内で限定的なアクセス権が与えられ、本人に共有されたもののみ閲覧できます。

組織のゲストは、招待されない限りチームに参加することはできません。また、他のチームを作成、表示したり、チームへの参加をリクエストしたりすることはできません。

組織のゲストは、自分にアクセス権が与えられているプロジェクトやタスクを共有することで、組織に他のゲストを招待できます。

メンバーとゲストの識別

ゲストの識別

ゲストの場合、入力データ候補またはメンバーリストの名前の横に地球のアイコンが表示されます。

限定アクセスメンバー

チームにはそれぞれ独自のメンバーが所属し、固有のプロジェクトがあります。チーム内の一部のプロジェクトにアクセス権がない人は、チーム設定のメンバータブで「限定アクセスメンバー」と表示されます。

限定アクセスメンバーは、自分が追加されたプロジェクトとタスクは見ることができますが、チームの会話や他のプロジェクトは表示されません。

組織内のチームを Asana Premium にアップグレードする場合は、限定アクセスメンバーをプランに含める必要があります。

既存の組織に参加する

社内で作成された別の組織に参加する方法は 2 つあります。

  1. 会社のメールアドレスで Asana に登録します。この場合、自動的に組織に参加します。
  2. 既存の組織内のユーザーに、チームに招待招待ユーザーを招待して組織の公開チームに参加させ、コラボレーションを始められます。続きを読むしてもらいます。
  3. すでに他のメールアドレスで Asana を使っている場合は、Asana アカウントに会社のメールアドレスを追加すれば自動的に組織に参加します。

組織にユーザーを招待する

チームに招待招待ユーザーを招待して組織の公開チームに参加させ、コラボレーションを始められます。続きを読むすることで、ユーザーを組織に追加できます。

共有可能な招待リンクを使用すれば、簡単にたくさんのメンバーをチームやプロジェクトに招待できます。ユーザーはさまざまなチャネル (メール、Slack、SMS など) を使ってリンクを共有できます。チームのオンボーディング用 Wiki ページや Google ドキュメントにも投稿できます。

共有可能な招待リンクはメンバー用として、メールのオプションはゲスト用として使用します。

リンクを使ってプロジェクトに招待する

プロジェクトの共有

プロジェクトに招待するには、次のことを行います。

  1. 左側のサイドバーのプロジェクトをクリックします
  2. 共有」アイコンをクリックします
  3. ポップアップウィンドウから「リンクで招待する」を選択します
  4. リンクをコピーし、プロジェクトを共有します

共有可能な招待リンクからプロジェクトに参加するメンバーには、デフォルトでそのプロジェクトの編集 / コメント権限が与えられます。

リンクを使ってチームに招待する

チームにメンバーを招待する

チームに招待するには、次のことを行います。

  1. 左側のサイドバーの「チーム」からチーム名を見つけます
  2. 招待」アイコンをクリックします。
  3. ポップアップウィンドウから「リンクで招待する」を選択します
  4. ドロップダウンリストからチームを選択します
  5. リンクをコピーし、新しいメンバーをチームに招待します

オレンジ色のプラスアイコンから共有可能なリンクを使えば、新しいメンバーを組織に招待することもできます。

プラスアイコンを使って新しいメンバーを招待する

プラスアイコンを使って新しいメンバーを招待するには、次のことを行います。

プラスアイコンからドロップダウンメニューをクリックし、「招待」を選択します。ポップアップウィンドウが開くので、リンクを使って新しいメンバーを組織に招待できます。

ゲストの招待

プロジェクトまたはチームにゲストを招待する場合は、「メールで招待する」オプションをお使いください。

組織ゲストは共有可能な招待リンクからチームやプロジェクトに参加することはできません。それができるのは、組織ドメインのメールアドレスを持つ組織メンバーに限られています。ゲストを招待する場合は、「メールで招待する」オプションを使用してください。

リンクを無効化する

無効化」をクリックすると、リンクは完全に無効化されます。そのリンクは使用できなくなります。

リンクの無効化

組織を離脱する

組織を離脱

組織を離脱するには:

  1. プロフィール写真をクリックします
  2. ドロップダウンメニューの「その他」にカーソルを合わせます
  3. この組織から自分を削除」を選択します

組織のメンバーの場合、この操作により組織に関連付けられているメールアドレスが Asana アカウントから削除されます。Asana アカウントに引き続きアクセスできるよう、離脱する前にまずアカウントに個人用のメールアドレスを追加してください。

アカウントから会社のメールアドレスを削除したメンバーは、組織から削除されることになります。

組織からユーザーを削除する

組織からユーザーを削除すると、そのユーザーは組織とそのプロジェクトやタスクに対するアクセス権がなくなります。

組織からユーザーを削除すると、そのユーザーが作成したタスクタスクタスクは Asana における仕事の基本単位です。あらゆる種類の仕事をタスクにして、小さな要素に分割したり情報を格納したりといったことができます。続きを読むプロジェクトプロジェクトプロジェクトとは、さまざまなタスクがリスト化されたものです。続きを読む会話会話Asana では、ユーザーは会話機能を使ってコミュニケーションを取ります。すべてのプロジェクトやチームページで会話を始められます。続きを読む添付添付タスクや会話に添付されたファイルのことです。続きを読むコメントコメントタスクや会話にコメントを追加して、ヘルプを申し出たり、質問に答えたり、仕事の進行をサポートしたりすることができます。続きを読むはそのまま残りますが、担当していたタスクは割り当てなしになります。

タスクが放置されないように、プロビジョンを解除する前に対象者のマイタスクに移動してタスクを再割り当て再割り当てタスクまたはサブタスクを担当する人です。タスクまたはサブタスク 1 件につき、1 人の担当者を割り当てることができます。続きを読むすることをおすすめします。

なお、組織からユーザーのプロビジョンを解除すると、そのユーザーの会社のメールアドレスがアカウントから削除されます。このアドレスをアカウントに戻すと、また組織に参加することになります。また、ユーザーが Asana のユーザーアカウントに他のメールアドレスを登録していない場合は、プロビジョンを解除するとそのユーザーは Asana から締め出される場合があります。

組織からユーザーを削除するには、次の条件を満たす必要があります。

  • 削除の操作を行う人が組織メンバーであること
  • 削除の操作を行う人と、削除される人が同じチームチームチームとは、プロジェクトに共同で取り組む、組織内の人々で構成されるグループのことです。続きを読むに所属していること

対象者がすでにチームから削除されているなど、あなたと同じチームにいない場合は、そのユーザーをチームに招待してから、すぐに組織から削除します。

無料プランのプロビジョン解除

次の手順で組織から最近のチームメンバーを削除します。

  • サイドバーのチーム名にカーソルを合わせます
  • 三点リーダーアイコンをクリックします
  • チーム設定を編集」を選択します
  • メンバー」タブに移動します
  • 対象者の名前とメールアドレスにカーソルを合わせます
  • 削除」を選択します (ユーザーがまだ招待を受け入れていない場合、このボタンは「招待をキャンセル」になります)
  • アクセスを削除」を選択して、チームからそのユーザーを削除します
  • プロビジョンを解除」をクリックして、組織からそのユーザーを削除します

Premium 組織の場合、メンバーのプロビジョンを解除できるのは管理者のみです。手順はこちらをご覧ください

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。