作業間リンク

概要

作業間リンクで背景情報や関連する作業へのアクセスを提供することで、チームのスピードが加速します。作業間リンクは、特定のオブジェクト (タスク、ステータス、更新、メッセージなど) が Asana の他の場所で言及 (@メンション) されたことを視覚的に示すものです。このリンクはユーザーが Asana のタスクやステータス更新、メッセージ、目標などを @メンションしたときに自動で作成され、メンションされたオブジェクトのアクティビティフィードに表示されます。これによりチームのコミュニケーションがより強固になり、作業間に存在するつながりを少ない労力で示すことができるため、見逃しがちな関連オブジェクトの内容まで把握できます。

作業間リンクには ↔ マークが付き、@メンションされているオブジェクトへのアクセス権を持つユーザーにのみ表示されます。アクセス権を持たないユーザーには何も表示されません。

アクティビティフィードに表示できる作業間リンクの数は最大 500 件です。作業間リンクをクリックすると、@メンションされている Asana 内のタスク、ステータス更新、メッセージ、目標にアクセスできます。また、アクティビティフィードに表示されている他のアイテムと同様、作業間リンクは手動で削除できます。

コメント内のタスク

コメント内でタスクを @メンションする

この例では、Neel さんがコメント内でタスクについて @メンションで言及しています。

アクティビティフィード

アクティビティフィードに表示される

この例では、Neel さんによって言及されたことが、言及したタスクのアクティビティフィードに表示されています。

アクティビティフィード

オブジェクトへのアクセス権がある場合

この例では、Neel さんが「Q3 staffing plan」というタスクへのアクセス権を持っているため、アクティビティフィードに作業間リンクが表示されています。

アクティビティフィード

オブジェクトへのアクセス権がない場合

この例では、Sue さんが「Q3 staffing plan」というタスクへのアクセス権を持っていないため、アクティビティフィードに作業間リンクが表示されていません。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。