アカウント

Asana アカウントは無料で、個人に紐付けられています。Asana アカウントを持つことで、共有されたワークスペースワークスペース ワークスペースとは、会社のメールドメインやカスタムメールドメインを必要としない Asana のユーザーとプロジェクトの集まりです。 続きを読む 組織組織 組織とは、共有メールドメインに基づき、Asana を利用する社内の全員がつながることのできる場所です。 続きを読む にアクセスして他の Asana ユーザーとコラボレーションすることができます。

1 つの Asana アカウントを使用して複数のワークスペースや組織を作成、参加できるため、さまざまなグループの Asana ユーザーとコラボレーションすることができます。所属するワークスペースや組織はそれぞれ独立した固有の存在なので、メンバーもプロジェクトもタスクもそのワークスペースや組織だけのものです。

接続に問題がある場合は、こちらの記事をご参照ください。

Asana アカウントの略図

それぞれのワークスペースや組織は独立した固有のエンティティであるため、所属する他のワークスペースや組織が同僚に見られたり、逆に同僚が所属する他のワークスペースや組織を見たりすることはありません。

スペース間のプライバシーについて詳しくはこちらをご覧ください。  

各ワークスペースおよび組織内のプロジェクトやタスクの権限設定について、詳しくはこちらをご覧ください。 

アカウントを作成する

Asana には自分で登録することも、招待を受けて参加することもできます。Asana アカウントは無料で作成できます。

登録時に名前とメールアドレスが求められます。後でアカウントに他のメールアドレスを追加することも可能です。会社の組織組織 組織とは、共有メールドメインに基づき、Asana を利用する社内の全員がつながることのできる場所です。 続きを読む に所属する場合は、会社用のメールアドレスを使用します。会社用メールアドレスを使って登録し、その企業のドメインで組織がすでに存在する場合は、この組織内のチームに参加リクエストを送ることができます。

アカウントを複数持つ必要はありません。以下の図にあるように、アカウントが 1 つあれば複数の組織やワークスペースに参加、作成、または離脱することができます。

ホームページから

自分でアカウントを作成する場合は、https://asana.com にアクセスして無料で試すを選択します

Asana のホームページ

登録方法を次から選択します。

  • メールアドレスを入力して、Asana 固有の新しいパスワードを設定する
  • Google アカウントを使う (Asana Premium をご利用の場合)
  • SAML を使う (Asana Enterprise をご利用の場合)

Google アカウントで登録することを選んだ場合

  • 現在ログイン中の Google アカウントの認証情報が使用されます。ログインしていない場合は、Google アカウントにログインすることが求められます
  • Asana 固有のパスワードは設定されませんが、パスワードリセットの手続きからいつでもパスワードを作成することが可能です (この記事で後述)

パスワードは 8 文字以上である必要があります。

招待から

招待を受けた場合

  • 招待用のメールのリンクをクリックして、Asana がサポートするブラウザ(英語)で開きます
  • 今すぐ[チーム名]に参加ボタンをクリックするか、その下にあるリンクをコピーアンドペーストします

NUX

アカウント作成ページで

  1. 名前を入力
  2. 会社のメールアドレスを入力
  3. プロフィール写真を選択
  4. パスワードを作成

アカウント作成中にプロフィール写真をアップロードすることは任意です。この時点でアップロードしないことを選んだ場合、後でプロフィール設定からいつでも追加できます。

ログイン

Asana にログインするには、https://app.asana.com/ または https://asana.com にアクセスします。

ログインページ

ログインページから、次のいずれかの方法でログインします。

  1. Google アカウントを使用をクリック
  2. アカウントのメールアドレスとパスワードを入力

現在 Google 経由でアカウントにログインしていて、パスワードに切り替えたい場合は、パスワードリセット用リンクをリクエストしてください。

SAML によるログイン

組織が Asana Enterprise バージョンにあり、SAML を有効にしている場合は、アカウントのログインにパスワードは必要ありません。アカウントはメールアドレスだけで認証されます。

SAML が有効なアカウントにログインするには

  • https://asana.com または https://app.asana.com にアクセスします
  • アカウントに関連付けられているメールアドレスを入力し、パスワードフィールドは空のままにします
  • ログインボタンをクリックします

SAML が有効な組織のユーザーは、カスタム URL を使ってアカウントにログインすることも可能です。この場合は、URL https://app.asana.com/a/ の末尾に会社のメールドメインを付け足せば、カスタムログインポータルにアクセスできます。

たとえば、組織 acme.com のメンバーは https://app.asana.com/a/acme.com からアカウントにログインできます。

SAML が義務付けられている組織のメンバーは、アカウントで使用するメールアドレスの数にかかわらず、SAML に関連づけられたメールアドレスを使ってアカウントにログインする必要があります。

ログアウト

アプリからログアウト

Asana からログアウトするには

  1. プロフィール写真をクリック
  2. ログアウトをクリック

Asana からログアウトすると、モバイルセッションを含むすべてのアクティブなセッションからログアウトすることになります。

パスワードのリセット

Asana では登録時にパスワードを設定します。Google アカウントを使って登録した場合は Asana のパスワードはありませんが、パスワードをリセットすることでパスワードを作成することができます。

パスワードを忘れた場合や変更したい場合は、ログインページからパスワードをリセットします。

パスワードをリセットすると、それまでにログインした他のすべてのコンピューターやモバイルデバイス上のアカウントからログアウトします。

パスワードを忘れた場合

パスワードリセット用リンクを生成するには

ログインページパスワードを忘れた場合のリンクをクリックし、次に表示される手順に従います

こちらをクリックするとパスワードをリセットできます

メールの受信トレイに Asana からパスワードリセット用のメールが届いていることを確認します。このメールに記載されているリンクを使用して、アカウントにログインし新しいパスワードを設定します。

アカウントに複数のメールアドレスがある組織メンバー組織メンバー 共有された会社のメールドメインを持つ組織内のユーザーのことです。 続きを読む の場合、パスワードリセット用リンクは組織のドメインに関連付けられているメールアドレスに送信されます。

複数アカウントと統合

複数のアカウントを統合したい場合は、プロフィール設定プロフィール設定 プロフィール設定では、自分の特定のアカウントに関する環境設定を調整することができます。 続きを読む から 1 つのアカウントに関連付けられているメールアドレスを他のアカウントに追加します。

アカウントを統合すると、

  • 元の両方のアカウントのメールアドレスが 1 つの新しいアカウントに関連付けられます
  • 新しいアカウントから、元の各アカウントのすべての組織やワークスペースにアクセスできるようになります

メールを追加

メインアカウントにログインしたら、

  1. プロフィール写真をクリックして、プロフィール設定プロフィール設定 プロフィール設定では、自分の特定のアカウントに関する環境設定を調整することができます。 続きを読む を選択
  2. メール通知タブに移動して、+ メールを新規追加をクリック
  3. 新しいメールアドレスを入力
  4. パスワードを入力
  5. 確認用のメールを送信ボタンをクリック

サブアカウントのメールアドレスに送信されたリンクから統合を確認するよう求められます。

統合が完了すると、アカウントに関連付けられているあらゆるメールアドレスを使用してアカウントにログインできます。

Google でログイン機能を使っている場合は、上記の代わりに Google アカウントの確認が求められます。Google にログインするためのポップアップウィンドウが表示されるので、現在 Asana アカウントに関連付けられているメールアドレスの認証情報を入力して手続きを開始します。

Google のシングルサインオン (SSO) または SAML でログインすることを義務付けている組織に 1 つ以上所属している場合は、アカウントを統合することはできません。それぞれの Asana アカウントは独立して各々の組織に関連付けられているため、ログインも別々に行う必要があります。

アカウントのセキュリティは Asana の最重要事項です。複数の Premium 組織に所属しているユーザーのログインプロセスをより安全にすることで、お客様のデータを保護することがこの仕様の目的です。

アカウントの無効化

個人の Asana アカウントの無効化は、Asana の利用を中止する場合のみ行ってください。

アカウントの無効化は、プロフィール設定プロフィール設定 プロフィール設定では、自分の特定のアカウントに関する環境設定を調整することができます。 続きを読む の「アカウント」タブから行います。

アカウントを無効化

アカウントを無効化するには

  1. プロフィール設定のアカウントタブに移動
  2. アカウントを無効化をクリック

アカウントを無効化すると、アカウントのあらゆるデータにアクセスできなくなります。その後再び Asana を利用することになった場合は、新しいアカウントで登録し直す必要があります。

無効化されるのは個人の Asana アカウントのみです。所属している組織やワークスペースは共有スペースなので存続します。

ログイン

or

パスワードを忘れた場合

登録

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

登録

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

無料トライアルを始める

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

無料トライアルを始める

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

Asana Premium を入手

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

Asana Business を入手

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

登録できませんでした。

アカウントの作成中に問題が発生しました。このウィンドウを閉じてもう一度試してください。

こんにちは。以前にもお会いしましたね!

リンクを次に追加

エラー: リンクを追加する前にワークスペースを選択してください


申し訳ありませんが、このブラウザは非対応です

Asana は現在お使いのインターネットブラウザに対応していません。こちらの対応ブラウザを使ってご登録ください。


料金を計算するには Asana にログインまたは登録してください

or

パスワードを忘れた場合

Asana レッスン

15 分以内の短いレッスンで Asana のいろはを学ぶことができます

タスク

タスク Lessons

あらゆる仕事を管理

3 分

マイタスク

マイタスク Lessons

次にするべきことを常に把握

3 分

プロジェクト

プロジェクト Lessons

チームメイトと一緒に仕事をする

3 分

受信トレイ

受信トレイ Lessons

コミュニケーションをさらに加速

3 分

タスクを使えばあらゆる仕事の管理、コラボレーション、整理を行うことができます。

タスクとは、To-Do やアイデア、メモ、覚えておくべきことなどです。

タスクを自分やチームメイトに割り当てます

Tab+M を押すと、自分にタスクをすばやく割り当てることができます。

期日を追加することで、期限が明確になります。

タスクの説明フィールドには指示内容やするべきことを入力します。

@ を入力すると、他のタスクやメンバー、会話、プロジェクトへのリンクを作成できます。

誰かを @メンションすると、その相手はフォロワーとしてタスクに追加されます。

新しいコメントや添付が追加されると、フォロワーは通知を受け取ります。

タスクの最新情報を把握する必要があるメンバーは、フォロワーとして追加します。

フォロワーは、フォローを外すことでタスクの通知の受信をいつでも停止することができます。

質問またはフォロワーに情報を提供する場合はコメントを追加します。

コメントにいいねすると、あなたが確認したことがフォロワーに伝わります。

関連ファイルを添付として追加できます。

DropboxGoogle DriveBox から直接添付することも可能です。

サブタスクを作成してタスクを小さなステップに分けます。

サブタスクの追加後に Enter を押すと、他のサブタスクも追加できます。

サブタスクには通常のタスクとまったく同じように詳細を含めることができます。

サブタスクにコメントや添付を追加するには、コメントの吹き出しをクリックします。

タスクはどの画面からでもトップバーを使って作成できます。

すべてのタスクには一意の URL があり、簡単にコピーして共有できます。

おめでとうございます!これでタスクについて習得しました。

次のレッスンに進みましょう!

マイタスクを使うと、次にするべきことが必ずわかります。

マイタスクとは、自分に割り当てられているすべてのタスクのリストです。

これがあると、仕事をシンプルに管理できます。

マイタスクのリストをクリックし、タスクを入力して追加します。

入力はテキスト文書を作成するときと変わりません。タスクを新規作成するたびに新しい行を追加します。リストにペーストすることもできます。

x@mail.asana.com にメールを転送すれば、タスクに変換することができます

添付も含め、メールは Asana のタスクに変換されます。

新しいタスクは新規タスクのリストの一番上に表示されます。

マイタスクに追加したタスクは自分以外には公開されません。

公開をクリックすると、チームと共有できます。

タスクは今日近日後日に分類することで優先度をつけることができます。

タスクの隣にある青のドットをクリックすると、すばやくソートできます。

今日行うタスクは今日にします。

チームメイトは、あなたのマイタスクのリストを表示して、あなたが何に取り組んでいるかを確認できます。

ただし、表示されるのはあなたが公開したタスクとプロジェクトで共有したタスクだけです(後述のプロジェクトのところで詳しく説明します)。

期限が 1 週間以内のタスクは近日にします。もうすぐ期限のタスクが一目瞭然です。

期日になると、タスクは近日から今日に移動します。

とっても便利。

期限が 1 週間以上先のタスクは後日にします。

このタスクは期日が近付くまで後方で控えています。

期限まで残り 1 週間を切ると、そのタスクは後日から近日に移動します。

マイタスクの優先度を維持することで、今何に取り組めばいいか、次に何が待っているかを常に把握しておくことができます。

これで仕事の管理と計画の方法について習得しました!

に、Asana でチームと一緒に仕事をする方法を学びましょう。

プロジェクトを使うと、一連のタスクについて一緒に仕事をすることができます。

プロジェクトで、プロセスやイニシアチブのステップを管理および整理することができます。

イベント計画や製品リリース、投稿カレンダーのようなものです。

マイタスクと同じように、クリックして入力すればプロジェクトにタスクを追加できます。

すでに書類やメールにステップがある場合は、それをリストにペーストします。

タスクをメールからプロジェクトに追加します。

プロジェクトの一意のメールアドレスは、プロジェクトのドロップダウンメニューから確認できます。

タスクを他の関連するプロジェクトに追加します。

タスクは複数のプロジェクトに含めることができます。

セクション を追加すれば、タスクをリストプロジェクトに整理することができます。

タスクのタイトルの最後に : を入力して、セクションにします。

また、を追加すればタスクをボードプロジェクトに整理できます。

列間または列内でタスクをドラッグアンドドロップして並べ替えます。

タスクを割り当てて期日を設定します。

プロジェクトカレンダーがあれば期限の見逃しを防ぐことができます。

カレンダーでタスクをドラッグアンドドロップして期日を変更します。

プロジェクトの最新情報を受け取る必要がある人をメンバーとして追加します。

プロジェクトメンバーには、新しい会話、ステータス、タスクの通知が送信されます。

告知やディスカッションを開始する場合は会話を投稿します。

投稿した内容はプロジェクトメンバー全員に送信されます。

進捗を使うと、プロジェクトの進み具合を確認することができます。

プロジェクトのステータスを設定し、プロジェクトの進み具合をチームに知らせます。

プロジェクトオーナーは、週に 1 回ステータスを設定するよう促されます。

プロジェクトはサイドバーから開いて整理します。

プロジェクトをお気に入りに登録すれば、サイドバーの一番上にピン留めすることができます。

プロジェクト名の左にある ボタンをクリックすると、プロジェクトはお気に入りに登録されます。

トップバーを使うと、どの画面からでもプロジェクトを新規作成できます。

これでチームと一緒にプロジェクトを進めることができるようになりました。

実際に始める前にあと 1 つだけレッスンを受けましょう。

受信トレイを使えば、コミュニケーションと調整がさらに速くなります。

受信トレイをチェックして更新情報をすばやく確認し、対応します。

期限が来たタスクがあると、受信トレイから通知があります。

また、あなたがフォローしているタスクや会話、プロジェクトをチームメイトが更新したときも同様です。

受信トレイを閉じずに、更新情報を開いて対応することができます。

更新情報をクリックすると、対応するために必要なすべてのコンテキストが表示されます。

対応が終了した更新情報はアーカイブします。

更新情報の右に表示される X をクリックすると、アーカイブすることができます。

アーカイブを開けば、一度閉じた更新情報を受信トレイに戻すことができます。

アーカイブされた更新情報の右に表示される矢印をクリックすると、受信トレイに戻ります。

タスクやプロジェクトのフォローを外すと、その更新情報の受け取りを停止することができます。

つまり、受け取る(または受け取らない)更新情報をコントロールすることができるのです。

希望する場合は、Asana のメール通知をオフにできます。

チーム内コミュニケーションの大半は、受信トレイを使うとより簡単に管理できます。頻繁にチェックするようにしましょう。

おめでとうございます!これで Asana で仕事を進める準備ができました。