VAT

概要

Asana は、特定の法域において、Asana のお客様に VAT または GST を請求します。それは、Asana のようなデジタルサービスを提供する海外企業に VAT または GST の徴収を義務付ける法律に基づいたものです。

特定の法域においては、お客様が VAT または GST の納税目的で登録を済ませている場合、サービス提供者による VAT または GST の請求は必要とされません。そういったお客様には、VAT または GST の請求を避けるために、VAT または GST の登録番号を Asana に提供していただく必要があります。

VAT 番号を追加する

VAT ID を追加するには、次のことを行います。

  1. 有料プランの組織またはディビジョンの場合は「管理者コンソール」に、有料プランのチームの場合は「チーム設定」に移動します。
  2. 請求」タブをクリックします。
  3. VAT 番号を追加」(「JST 番号を追加」など) を選択します。

有料プランの組織とディビジョンでは、「管理者コンソール」の「請求」タブから VAT 番号を追加します。

追加

有料チームでは、「チーム設定」の「請求」タブから VAT 番号を追加します。

チームの追加

VAT 番号を入力し忘れた場合

「管理者コンソール」か「チーム設定」の「請求」タブから、いつでも VAT 番号を追加できます。そうすると、今後の請求書に VAT が含まれなくなります。

VAT 番号を入力し忘れて EU VAT を請求されてしまった場合には、Asana のサポートチームまでご連絡ください。

VAT 番号に関するサポート

管理者コンソール

有料プランの組織と有料ディビジョンでは「管理者コンソール」の「請求」タブから、有料チームでは「チーム設定」の「請求」タブから、アカウントに VAT 番号を追加できます。

Asana サポートチームへの直接の問い合わせ

Asana のサポートチームと直接連絡を取れるようになります。サポートチームは、あなたの代わりに Asana アカウントに VAT ID を追加できます。

返金のための直接の問い合わせ

返金が必要な際にも、Asana のサポートチームに直接連絡が取れます。

VAT 番号のメリット

VAT 番号により、EU の数多くのユーザーが、VAT の免除を受けられるようになります。場所や VAT/GST 要件によって、さまざまな国でさまざまな免税が適用されます。

売上税 (米国)

米国のお客様は、税や地方の売上・使用税の対象となる可能性があります。

請求書が税の対象となるかどうかは、「販売先の所在地」により決定されます。所在地が正しいことを確認するために、情報の相互参照が行われます。

米国で免税対象となる場合、Asana ユーザーは免税書類 (免税証明書再販証明書直接支払許可証など) をサポートチームに提出する必要があります。

そこから書類がチェックされ、その結果に応じて、アカウントの非課税ステータスが更新されます。

非課税関連の書類が、お客様の販売先住所に記載されている米国の州と一致していること、および、証明書に記載されている組織名が、お客様の顧客プロフィールに記載されている名前と一致していることをご確認ください。

GST (オーストラリア)

Asana は、簡易化された GST 制度により、非居住ベンダーとして登録されています。

Asana は、お客様が GST に登録しており、かつ ABN (Australian Business Number) を提供しない限り、オーストラリア所在のすべてのお客様から GST を徴収することが義務付けられています。お客様の所在地がオーストラリアかどうかを判断するためには、お客様のアカウントに関連づけられた販売先の住所が使用されます。

オーストラリアで GST に登録している方が、管理者コンソールで ABN (Australian Business Number) を追加すれば、今後の請求書に GST は追加されません。ただし、リバースチャージメカニズムに基づいてその購入を報告する義務が生じる場合があります。どのような義務が発生するかに関しては、お客様の税務アドバイザーにご相談ください。

VAT ID を追加するには:

  1. 有料プランの組織あるいは有料ディビジョンには管理者コンソールに、有料チームにはチーム設定に移動します。
  2. 請求」タブをクリックします。
  3. 「VAT 番号を追加」を選択します。

「販売先」住所を含め、この情報は、確認と検証の対象となります。

EU VAT

EU VAT は、顧客プロフィールの請求先国の住所に基づいて請求されます。

これには、27 の EU 加盟国が含まれます。

  • オーストリア
  • ベルギー
  • ブルガリア
  • クロアチア
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • エストニア
  • フィンランド
  • フランス (VAT 処理の目的でモナコも含む)
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • ハンガリー
  • アイルランド
  • イタリア
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マルタ
  • オランダ
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • ルーマニア
  • スロバキア
  • スロベニア
  • スペイン
  • スウェーデン

EU VAT 税率

Asana は、非加盟国向けのワンストップショップ「OSS」のもとで登録されています。

Asana は、OSS に基づいて、有効な VIES VAT 番号 (域内 VAT 番号あるいは ID) が提供されない限り、お客様の所在地に適用される税率で VAT を請求することが義務付けられます。

お客様の所在地が EU かどうか、EU 内のどの国かを判断するためには、お客様のアカウントに関連づけられた「販売先」の住所が使用されます。

VAT 免除

VIES データベースで確認されると、有効な VAT 番号を提供すれば、VAT は請求されません。ただし、リバースチャージメカニズムの下で、購入を報告する義務が生じる場合があります。

慈善団体、非営利組織

一般的に、ほとんどの慈善団体はビジネス活動を行っていないため、EU VAT 目的では登録を行いません。そのため、組織が登録されていない場合、Asana からの購入において VAT が請求される場合があります。

EU VAT 指令第 151 条による免税

EU VAT 指令では、指令の第 151 条に基づき、特定の国際機関および外交機関に対する免除が規定されています。

免税の対象となる場合、お客様が VAT 登録している EU 加盟国の税務当局から、免税ステータス を示す文書が発行されます。この文書を、Asana のサポートチームに転送し、確認を受ける必要があります。

あるいは、お客様の地域の税務当局から直接、VAT の返金を受けられる場合もあります。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。