よくある質問

請求に関するよくある質問については、こちらをご覧ください。

私が使っているのはワークスペースと組織のどちらですか?

Asana アカウントがあれば、必要な数の組織やワークスペースを作成し、参加することができます。

アカウントに一意のドメインを持つ会社のメールアドレスを登録している場合は、会社のプロジェクトに対して組織を使います。たとえば、あなたの会社の名前が Acme Co. で、そこで Asana を使っている場合、組織 acmeco.com を作成することになります。Asana アカウントには、必ず会社用のメールアドレスを追加してください。

組織の利用は、会社またはビジネス専用のメールドメインがあることが前提になります。会社のメールドメインで Asana に登録した人は、自動的に会社の組織にメンバーとして参加することになります。

個人的な目標やタスクのために Asana を使っている場合や、会社に一意のメールドメインがない場合は、ワークスペース(英語)を使用します。

会社で Asana を使って仕事をしているが、社外の用途でも Asana を使いたいという場合は、両方を使用します。

ワークスペースは、単一のチームとして機能します。ワークスペースにいる場合、新しいチームを作成することはできません。チームに招待する人をメンバーあるいは限定アクセスメンバーから選んだり、必要に応じてそれぞれのステータスを入れ替えたりします。一方、組織の場合はチームを新規作成することができます。なお、組織のメンバーになることができるのは、会社のメールドメインのメールアドレスを持つ人だけです。それ以外のメールアドレスで組織に参加した場合は、ゲストとして追加されます。

以下の表は、ワークスペース、チーム、組織の違いをまとめたものです。

ワークスペース チーム 組織
個人用のメールアドレスで作成できる 仕事/会社用のメールアドレスを使って作成することが必要
個人または比較的小さなチームが使用するための 1 つのチームとして機能する 組織内の 1 つのチームとして機能する 複数のチームを収容する
新しいチームを作成できない 複数のチームを作成できる
メンバーまたは限定アクセスメンバーとして誰でも追加できる メンバーシップはチームの権限設定(英語)で定義される [組織のメンバーシップ](/guide/help/organizations/basics#gl-people)は会社のメールドメインで定義。その他はすべて[ゲスト](/guide/help/organizations/basics#gl-people)として組織に参加

ワークスペースを組織に変換するには?

まず、アカウントに会社のメールアドレスを追加します(まだ追加していない場合)。

アカウントに会社のメールアドレスを登録したら、いずれかのワークスペースを組織に変換することができます。

組織に変換するオプションが表示されない場合は、サポートチームにお問い合わせ(英語)ください。

ワークスペースや組織の所有者は?

ワークスペースと組織は、すべてのメンバーが管理できる共有スペースです。無料バージョンの Asana の場合、ワークスペースや組織の所有権は誰かに集中するものではなく、アクセス権を持つメンバー全員で管理することになります。

プレミアムのワークスペースや組織でも、プロジェクトやタスクはすべてメンバーが共同で管理しますが、請求は請求管理者が、組織のメンバーシップは組織の管理者が管理します。

新しい組織の作成方法についてはこちらをご覧ください

ビジネス用のアカウントから個人用のアカウントに作り直したいのですが?

Asana では、アカウントはその用途ではなく所有者を識別するために使用されます。Asana に登録すると、自分専用のアカウントが作成され、あなたの名前、メールアドレス、写真 (任意) と関連付けられます。セットアップ中にビジネスアカウントと個人アカウントを選択する場面はありません。どちらもまったく同じです。

ただし、セットアップ中に Asana を職場で使うことを予定しているかどうかを尋ねられます。職場で使う選択をした場合は、ワークスペース(英語)ではなく組織で始めることになります。

あなたのメールドメインで組織が作成されると、作成者にかかわらず、その会社のメールアドレスを持つ人は全員その組織に参加できるようになり、組織は無効にできない存在になります。たとえアカウントを無効にしても、組織は無効になりません。

組織をやめてワークスペースで始めたい場合も、アカウントは無効にしないでください。 組織を離脱してワークスペースを作成(英語)するだけで、簡単に実行できます。アカウントを無効にしても、所属先の組織やワークスペースには影響しません。登録し直したら、結局また組織に戻ることになります。組織は会社のメールドメインと紐付けられており、あなたのメールアドレスが組織のドメインと一致する場合は、自動的にその組織に参加することになります。

なお、組織と関連付けられていないメールアドレスをアカウントに追加しない限り、組織から離脱することはできません。

Asana アカウントがあれば、作成、参加、または離脱できる組織やワークスペースの数に制限はありません。トップバーのワークスペース設定と組織設定から切り替えることができます。

誰が私のワークスペースや組織を見ることができますか?

ワークスペースや組織を見ることができるのはそのメンバー(英語)のみで、サイドバーに見ることができるワークスペースや組織が表示されます。

たとえば、自分で作った「旅行」という名前のワークスペースと、所属先の会社の組織である acmeco.com の両方のメンバーであるとします。同じく「旅行」のメンバーであるユーザーを除き、acmeco.com ユーザーにあなたが「旅行」のメンバーであることは表示されません。

同様の原理で、他のユーザーがメンバーになっている他のワークスペースや組織をあなたが知ることもできません。

会社のメールドメインが変わるのですが?

まず、Asana アカウントに新しいメールアドレスを追加してください。

それから Asana サポートチームにお問い合わせ(英語)ください。必要に応じて組織の変更設定をサポートします。

タスク 「プロジェクトのステータスを更新しましょう」を無効にするには?

プロジェクトオーナーには、プロジェクトのステータスを更新するタスクが割り当てられます。このタスクの説明には、自分がオーナーになっている対象のプロジェクトへのリンクがあります。

プロジェクトを開き、進捗ビューに移動して「毎週金曜日にステータスの更新を促す」のボックスをクリックします。

自分の組織でクライアントと一緒に仕事するには?

クライアントを ゲスト として組織に招待することができます。  

組織のメンバーシップは、会社のメールドメインによって定義されます(michael@yourco.com の場合、組織 yourco.com に所属)。会社のメールドメインのメールアドレスを持っていない人は、組織ゲストとして組織に招待することができます。

ゲストの場合、組織に対するアクセス権は限定されており、本人に明示的に共有されたもののみを閲覧することができます。以下は、組織ゲストに関する注意点です。

  • ゲストを特定のタスクのフォロワーとして追加すると、ゲストにはそのタスクのみが表示されます。プロジェクトの他のタスクや、組織の他のプロジェクトやチームを見ることはできません。
  • ゲストをプロジェクトメンバーとして追加すると、ゲストにはそのプロジェクトとプロジェクト内のタスクのみが表示されます。チームの他のプロジェクトや、組織の他のチームやプロジェクトを見ることはできません。
  • 組織ゲストをチームに招待すると、ゲストはそのチームで追加された特定のプロジェクトにのみアクセスできます。招待されない限り、組織の他のチームやプロジェクトを見ることはできません。

Asana アカウントからメールアドレスが削除されたのですが?

フリーの組織の場合、メンバー全員が組織から他のメンバーのプロビジョンを解除することができます。プレミアムの組織の場合、組織からメンバーのプロビジョンを解除してアクセス権を削除することができるのは管理者です。

プロビジョンを解除すると、ユーザーのアカウントからその組織と関連付けられていたメールアドレスが削除されます。組織へのアクセス権を取り戻すには、組織のメンバーまたは管理者に問い合わせる必要があります。

もうアカウントを持っているのにアカウント作成画面が表示されたのですが?

すでに Asana アカウントに追加されているメールアドレスとは異なるメールアドレスに、チームへの招待が送信された場合、新規作成画面が表示されて新しいチームの作成を促される場合があります。この場合は、他のブラウザやシークレットウィンドウ(英語)を使って既存のアカウントにログインし、そこから新しいメールアドレスを追加してください。自分のアカウントを使用して、招待されたチームにアクセスできるようになります。

または、チーム作成メニューの下の続行をクリックし、新規アカウントのまま進めます。その後、このアカウントと既存のアカウントを統合します。アカウントを統合した後は、いずれのメールアドレスを使っても 1 つのアカウントにログインし、所属しているすべての組織とワークスペースにアクセスできるようになります。

普段、Google SSO を使ってログインしている場合や問題がある場合は、サポートチーム(英語)にお問い合わせください。

自分が非公開ユーザーと表示されるのですが?

ゲスト は招待されたワークスペースまたは組織へのアクセスが限定されています。ゲストに共有された専用のコンテンツのみ閲覧が可能です。

2 人のユーザーに対してお互いが「非公開ユーザー」と表示される場合、この 2 人はどちらもゲストです。ゲストにこれが表示される場合、2 人は同じチーム、プロジェクトまたはタスクには従事していないことになります。これは、クライアントと仕事をするときに、表示することを指定しない限りクライアントに他者の名前が表示されないようにするための仕様です。2 人が同じタスクをフォローしている、または同じプロジェクトやチームに従事している場合は、お互いに相手の名前が表示されます。

ゲストが他者の名前を見るためには、1 つ以上のプロジェクトでその相手と一緒にメンバーになっているか、両者が一緒に 1 つ以上のタスクのフォロワーになっている必要があります。

2 人のゲストを同じプロジェクトにメンバーとして追加するか、同じタスクのフォロワーに追加すれば、お互いの名前が表示されるようになります。

管理者ではないのにチームのメンバーシップリクエストが来るのですが?

デフォルトでは、チームへの参加リクエストがあるとすべての現行チームメンバーにメールで通知が送られ、全員がリクエストを承認することができます。このメール通知は、特定のメンバーに制限することもできます。メンバーシップリクエストの通知設定を利用できるのは、承認制(英語)に設定されているチームのみです。

参加リクエスト通知

メンバーシップリクエスト通知を制限する

  1. チーム設定チーム設定 チーム設定では、組織全体ではなくチームのみに影響するよう設定を調整できます。 続きを読む にアクセス
  2. 高度タブに移動
  3. 新規メンバーの承認は、一部のメンバーだけに通知されますのラジオボタンをクリック
  4. 新しくメンバーシップがリクエストされたことを通知するメンバーの名前を入力

退職者のタスクはどうなりますか?

フリーの組織とワークスペースの場合、元従業員が非公開(英語)の設定で所有していたタスクやプロジェクトを見ることはできなくなります。公開されていたタスクや共有プロジェクトと関連付けられていたタスクはアクセス可能ですが、割り当てなしになる場合があります。

Premium 組織の場合、元従業員に以前割り当てられていた公開タスクと非公開タスクの両方が含まれた非公開プロジェクトが、管理者に対して作成されます。

いずれの場合も、元従業員がタスクに対して投稿したコメントはそのまま残りますが、プロフィール写真は消え、名前をクリックすることができなくなります。

プロビジョンを解除された従業員の Asana アカウントのトップバーには、会社のワークスペースや組織が表示されなくなり、従業員はそのプロジェクトやタスクにアクセスできなくなります。

削除したユーザーが、タスクを割り当てるときにまだオートコンプリートの結果に表示されるのですが?

組織は複数のチームで構成されていることがあります。ユーザーを削除したときに、フリーの組織のチームから削除しても、組織自体から削除しなかった場合、名前が表示されることがあります。

もちろんチームでは表示されませんが、組織には存在が残っているため、タスク割り当て時のオートコンプリートの結果に表示されるのです。削除するには、もう一度チームに招待してから、ガイドのこの記事の手順に従いプロビジョンを解除する必要があります。

ワークスペースや組織から削除されたユーザーには、メールで通知されます。

退職するときはどうすればいいですか?

  1. アカウントに会社と関連付けられていないメールアドレスを追加すれば、Asana を利用し続けることができます。

  2. あなたの仕事を引き継ぐ人にタスクを再割り当てします。複数選択(英語)を使えば、タスクを一括で再割り当てすることができます。

  3. プレミアムの組織チーム、またはワークスペースの請求管理者の場合は、その役割を再割り当てします。

  4. プレミアム組織の管理者の場合は、他の管理者がいることを確認します。

  5. 非公開タスクを削除または公開する(英語)ことを検討します。

  6. 会社の組織やワークスペースから離脱します。組織の場合は、管理者があなたのプロビジョンを解除する可能性があります。

間違って削除してしまったのですが?

プロジェクト

プロジェクトを削除すると、プロジェクトの ID とそのプロジェクトを復元する手順が記載されたメールが送信されています。うまくいかない場合は、プロジェクトの ID をご用意の上、お問い合わせ(英語)ください。

プロジェクトを削除したにもかかわらず復元手順が記載されたメールを受信していない場合は、プロジェクトが存在したワークスペースや組織の正確な名前をお知らせください。また、プロジェクトの中にあった何らかのタスクの URL もお伝えください(タスクの古いメール通知(英語)の中で見つけることができます)。

タスクとサブタスク

まず、検索を使ってタスクを探します。まだ有効になっている場合や、アーカイブされている場合もあります。

削除されていることが確実な場合は、削除済みタスクを確認するか、間違って削除したユーザーに確認するよう依頼します。

それでも見つからない場合は、お問い合わせ(英語)ください。

サブタスクがカレンダーに表示されないのですが?

親プロジェクトの名前がサブタスクの詳細ウィンドウの上部に表示されることがあるものの、サブタスクは親タスクのプロジェクト、タグ、担当者を継承しません。サブタスクは親タスクから独立したタスクとして機能するため、プロジェクトカレンダーに表示するためには、期日の設定と手動によるプロジェクトへの追加が必要です。

組織の名前を変えるには?

フリーの組織の場合、組織名は会社用のメールアドレスのメールドメインと同じになります。たとえば、会社名が「Acme Co」で会社用メールアドレスが「acme.co」の場合、その会社の Asana における組織名は「acme.co」になります。

プレミアム組織の管理者の場合は、組織名を変更するオプションがあります。

組織を無効にするには?

組織は共有物です。あなたが知らないうちに他のユーザーが組織内で非公開のタスクやプロジェクトを作成している場合があります。このため、すべてを削除するボタンは存在しません。

代わりに、次を実行することが可能です。

Asana では、会社は組織として存在します。会社の人が 1 人でも Asana に参加し会社用のメールアドレスを使っていれば、組織が作成されます。上記をすべて行った上であなたが組織を離脱してその組織が空になった後、その会社のメールアドレスを使って誰かが Asana に新しく登録した場合、その人はあなたが離脱した組織に自動的に参加することになります。もしそのユーザーが参加したときに会社のメールドメインでまったく新しい組織を作成してほしい場合は、システムから会社のメールアドレスを削除する必要があるため、お問い合わせ(英語)ください。

組織からワークスペースに切り替えるために組織を削除することは望ましくありません。最終的には、組織のみが提供されます。また、「新しく始める」ために組織を削除する必要はありません。組織からプロジェクトとタスクを削除するだけで十分です。

アカウントを無効にするには?

アカウントの無効化を行うと無効になるのは個人のアカウントのみで、所属するワークスペースや組織は無効になりません。

個人の Asana アカウントがあれば、個人用か仕事用かにかかわらず複数のワークスペースや組織に所属することができます。ワークスペース、チーム、組織は共有スペースです。データを削除すると、スペース内の全員からそのデータが削除されることになります。

「アクセス権がないようです」というエラーが表示されたのですが?

アクセス権がないようです」というエラーの原因には、以下が考えられます。

複数のアカウント

チームメイトから、登録に使用したものとは異なるメールアドレスに招待が送信された。

解決策

  • ログアウトする
  • 招待または通知を受け取ったメールアドレスを使用して、再びログインする

プロジェクト/タスク/タグの削除

通知または招待を受け取った後に、その対象が削除された。

権限の変更

タスクの通知または招待を受け取った後に、その対象が非公開(英語)になった。

アクセス権を持つユーザーに、再追加を依頼する必要があります。

古いブックマーク

特定のタスクやプロジェクトの URL をブックマークしたが、その対象がもう存在しない。

いつでも開けるようブラウザのブックマークに Asana を登録する場合は、特定のタスクやプロジェクトの URL ではなく https://app.asana.com を使用します。

招待がキャンセルされた

プロジェクトに招待されたが、その後招待がキャンセルされた。

招待の送信元に招待を再送する必要があるかどうかを尋ねます。または、無視しても構いません。

他の会社は Asana をどのように使っていますか?

ワークフローに合わせてチームで Asana を使用する方法については、(英語)が記載された記事および Asana コミュニティフォーラムでご覧いただけます。

Asana は英語以外の言語で使えますか?

現在、Asana は英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語、日本語でご利用いただけます。言語は、プロフィール設定の表示タブで切り替えることができます。

カレンダービューで、月曜日を週初めにしたいのですが?

カレンダービューで月曜日が週の初日になるよう調整するには、プロフィール設定を開き、表示タブでドロップダウンから月曜日を選択します。

Calendar-start-day

Asana でタイムゾーンを変えるには?

タイムゾーンは IP アドレスに基づいて設定されているため、Asana 内で直接タイムゾーンを変更することはできません。ただし、タイムゾーンはお客様が Asana を使用するたびに自動設定されるため、旅行先や出張先でコンピューターのタイムゾーンが変更されると Asana のタイムゾーンも変わります。

現在、リマインダーメールの時間設定を変更することはできません。リマインダーの時間と現地のタイムゾーンに差異があると混乱が生じる恐れがありますが、現状、リマインダーメールの時間は PST (カリフォルニア州のタイムゾーン) に基づいています。

ログイン

or

パスワードを忘れた場合

登録

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

登録

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

無料トライアルを始める

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

無料トライアルを始める

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

Asana Premium を入手

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

Asana Business を入手

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

登録できませんでした。

アカウントの作成中に問題が発生しました。このウィンドウを閉じてもう一度試してください。

こんにちは。以前にもお会いしましたね!

リンクを次に追加

エラー: リンクを追加する前にワークスペースを選択してください


申し訳ありませんが、このブラウザは非対応です

Asana は現在お使いのインターネットブラウザに対応していません。こちらの対応ブラウザを使ってご登録ください。


料金を計算するには Asana にログインまたは登録してください

or

パスワードを忘れた場合

Asana レッスン

15 分以内の短いレッスンで Asana のいろはを学ぶことができます

タスク

タスク Lessons

あらゆる仕事を管理

3 分

マイタスク

マイタスク Lessons

次にするべきことを常に把握

3 分

プロジェクト

プロジェクト Lessons

チームメイトと一緒に仕事をする

3 分

受信トレイ

受信トレイ Lessons

コミュニケーションをさらに加速

3 分

タスクを使えばあらゆる仕事の管理、コラボレーション、整理を行うことができます。

タスクとは、To-Do やアイデア、メモ、覚えておくべきことなどです。

タスクを自分やチームメイトに割り当てます

Tab+M を押すと、自分にタスクをすばやく割り当てることができます。

期日を追加することで、期限が明確になります。

タスクの説明フィールドには指示内容やするべきことを入力します。

@ を入力すると、他のタスクやメンバー、会話、プロジェクトへのリンクを作成できます。

誰かを @メンションすると、その相手はフォロワーとしてタスクに追加されます。

新しいコメントや添付が追加されると、フォロワーは通知を受け取ります。

タスクの最新情報を把握する必要があるメンバーは、フォロワーとして追加します。

フォロワーは、フォローを外すことでタスクの通知の受信をいつでも停止することができます。

質問またはフォロワーに情報を提供する場合はコメントを追加します。

コメントにいいねすると、あなたが確認したことがフォロワーに伝わります。

関連ファイルを添付として追加できます。

DropboxGoogle DriveBox から直接添付することも可能です。

サブタスクを作成してタスクを小さなステップに分けます。

サブタスクの追加後に Enter を押すと、他のサブタスクも追加できます。

サブタスクには通常のタスクとまったく同じように詳細を含めることができます。

サブタスクにコメントや添付を追加するには、コメントの吹き出しをクリックします。

タスクはどの画面からでもトップバーを使って作成できます。

すべてのタスクには一意の URL があり、簡単にコピーして共有できます。

おめでとうございます!これでタスクについて習得しました。

次のレッスンに進みましょう!

マイタスクを使うと、次にするべきことが必ずわかります。

マイタスクとは、自分に割り当てられているすべてのタスクのリストです。

これがあると、仕事をシンプルに管理できます。

マイタスクのリストをクリックし、タスクを入力して追加します。

入力はテキスト文書を作成するときと変わりません。タスクを新規作成するたびに新しい行を追加します。リストにペーストすることもできます。

x@mail.asana.com にメールを転送すれば、タスクに変換することができます

添付も含め、メールは Asana のタスクに変換されます。

新しいタスクは新規タスクのリストの一番上に表示されます。

マイタスクに追加したタスクは自分以外には公開されません。

公開をクリックすると、チームと共有できます。

タスクは今日近日後日に分類することで優先度をつけることができます。

タスクの隣にある青のドットをクリックすると、すばやくソートできます。

今日行うタスクは今日にします。

チームメイトは、あなたのマイタスクのリストを表示して、あなたが何に取り組んでいるかを確認できます。

ただし、表示されるのはあなたが公開したタスクとプロジェクトで共有したタスクだけです(後述のプロジェクトのところで詳しく説明します)。

期限が 1 週間以内のタスクは近日にします。もうすぐ期限のタスクが一目瞭然です。

期日になると、タスクは近日から今日に移動します。

とっても便利。

期限が 1 週間以上先のタスクは後日にします。

このタスクは期日が近付くまで後方で控えています。

期限まで残り 1 週間を切ると、そのタスクは後日から近日に移動します。

マイタスクの優先度を維持することで、今何に取り組めばいいか、次に何が待っているかを常に把握しておくことができます。

これで仕事の管理と計画の方法について習得しました!

に、Asana でチームと一緒に仕事をする方法を学びましょう。

プロジェクトを使うと、一連のタスクについて一緒に仕事をすることができます。

プロジェクトで、プロセスやイニシアチブのステップを管理および整理することができます。

イベント計画や製品リリース、投稿カレンダーのようなものです。

マイタスクと同じように、クリックして入力すればプロジェクトにタスクを追加できます。

すでに書類やメールにステップがある場合は、それをリストにペーストします。

タスクをメールからプロジェクトに追加します。

プロジェクトの一意のメールアドレスは、プロジェクトのドロップダウンメニューから確認できます。

タスクを他の関連するプロジェクトに追加します。

タスクは複数のプロジェクトに含めることができます。

セクション を追加すれば、タスクをリストプロジェクトに整理することができます。

タスクのタイトルの最後に : を入力して、セクションにします。

また、を追加すればタスクをボードプロジェクトに整理できます。

列間または列内でタスクをドラッグアンドドロップして並べ替えます。

タスクを割り当てて期日を設定します。

プロジェクトカレンダーがあれば期限の見逃しを防ぐことができます。

カレンダーでタスクをドラッグアンドドロップして期日を変更します。

プロジェクトの最新情報を受け取る必要がある人をメンバーとして追加します。

プロジェクトメンバーには、新しい会話、ステータス、タスクの通知が送信されます。

告知やディスカッションを開始する場合は会話を投稿します。

投稿した内容はプロジェクトメンバー全員に送信されます。

進捗を使うと、プロジェクトの進み具合を確認することができます。

プロジェクトのステータスを設定し、プロジェクトの進み具合をチームに知らせます。

プロジェクトオーナーは、週に 1 回ステータスを設定するよう促されます。

プロジェクトはサイドバーから開いて整理します。

プロジェクトをお気に入りに登録すれば、サイドバーの一番上にピン留めすることができます。

プロジェクト名の左にある ボタンをクリックすると、プロジェクトはお気に入りに登録されます。

トップバーを使うと、どの画面からでもプロジェクトを新規作成できます。

これでチームと一緒にプロジェクトを進めることができるようになりました。

実際に始める前にあと 1 つだけレッスンを受けましょう。

受信トレイを使えば、コミュニケーションと調整がさらに速くなります。

受信トレイをチェックして更新情報をすばやく確認し、対応します。

期限が来たタスクがあると、受信トレイから通知があります。

また、あなたがフォローしているタスクや会話、プロジェクトをチームメイトが更新したときも同様です。

受信トレイを閉じずに、更新情報を開いて対応することができます。

更新情報をクリックすると、対応するために必要なすべてのコンテキストが表示されます。

対応が終了した更新情報はアーカイブします。

更新情報の右に表示される X をクリックすると、アーカイブすることができます。

アーカイブを開けば、一度閉じた更新情報を受信トレイに戻すことができます。

アーカイブされた更新情報の右に表示される矢印をクリックすると、受信トレイに戻ります。

タスクやプロジェクトのフォローを外すと、その更新情報の受け取りを停止することができます。

つまり、受け取る(または受け取らない)更新情報をコントロールすることができるのです。

希望する場合は、Asana のメール通知をオフにできます。

チーム内コミュニケーションの大半は、受信トレイを使うとより簡単に管理できます。頻繁にチェックするようにしましょう。

おめでとうございます!これで Asana で仕事を進める準備ができました。