メールでタスクを送る

メールを転送して Asana タスクに変換する

Asana にメールを送ってタスクタスクタスクは Asana における仕事の基本単位です。あらゆる種類の仕事をタスクにして、小さな要素に分割したり情報を格納したりといったことができます。続きを読む会話会話Asana では、ユーザーは会話機能を使ってコミュニケーションを取ります。すべてのプロジェクトやチームページで会話を始められます。続きを読むを作成できます。

メールは次のように解釈されます:

メールフィールド タスクフィールド
x@mail.asana.com へのメール マイタスクマイタスクユーザーに割り当てられたすべてのタスクがマイタスクリストに表示されます。続きを読むのタスク
To: フィールドに追加されたアドレス タスクの担当者担当者タスクまたはサブタスクを担当する人です。タスクまたはサブタスク 1 件につき、1 人の担当者を割り当てることができます。続きを読む
CC のメール受信者 タスクのコラボレーター
メールの件名 タスク名
メールの本文 タスクの説明タスクの説明タスクの説明は、ユーザーがタスクに詳細やコンテキストを追加できるテキストフィールドです。続きを読む
メールの添付ファイル タスクの添付添付タスクや会話に添付されたファイルのことです。続きを読むファイル

X は変数ではありません。

メールでタスクをマイタスクに送る

メールを使用してマイタスクリストのタスクを作成するには、x@mail.asana.com にメールを送信します。デフォルトでは、x@mail.asana.com にメールを送ると、メールアドレスに関連付けられているワークスペースまたは組織にタスクが作成されます。

メールアドレスに関連付けられている組織またはワークスペースを変更するには:

  • トップバートップバートップバーは、Asana の最上部 (ヘッダーの上) に表示されます。続きを読む右側のプロフィール写真をクリックします
  • プロフィール設定プロフィール設定プロフィール設定では、自分のアカウントに関する環境設定を調整できます。続きを読む」をクリックします
  • メール転送」タブを選択します
  • メールアドレスに関連付けたい組織またはワークスペースを選択します

メール通知」タブに、アカウントに他のメールアドレスを追加するオプションがあります。

メールでタスクをプロジェクトに送る

任意の Asana プロジェクトに直接メールを送ってタスクを作成できます。

すべての Asana プロジェクトには一意なメールアドレスがあり、それを使ってプロジェクト内にタスクを作成できます。

プロジェクト内でメールアドレスを見つける

プロジェクトのメールアドレスを見つけるには、次のことを行います。

  1. プロジェクト名の横にある「プロジェクトアクション」ドロップダウンの矢印をクリックします。
  2. インポート」をクリックしてから「メール」を選択します。

プロジェクトのメールアドレスは、プロジェクトの一意の ID を使用して手動で識別することもできます:

  • 任意のプロジェクトを開きます
  • プロジェクトの URL に含まれる一連の数字がプロジェクトの ID です (URL は https://app.asana.com/0/プロジェクトID/list のようになっています)

メールを使ってタスクをプロジェクト内に作成するには、x+プロジェクトID@mail.asana.com にメールを送信します。たとえば、プロジェクト ID が 123 なら、x+123@mail.asana.com にメールを送ります。

Asana for Gmail アドオンまたは Asana for Outlook アドインを使うと、メールの受信トレイから直接タスクを作成できます。

メールで会話を送る

メールを送信することでチームチームチームとは、プロジェクトに共同で取り組む、組織内の人々で構成されるグループのことです。続きを読むまたはプロジェクトプロジェクトプロジェクトとは、さまざまなタスクがリスト化されたものです。続きを読むに会話を投稿できます。

チームの会話にメールを送る

チームの会話のページの一番下にメールアドレスが表示されます。チームの会話のメールアドレスは、[チーム名]@mail.asana.com です。

プロジェクトの会話にメールを送る

プロジェクトの会話のページの一番下にメールアドレスが表示されます。プロジェクトの会話のメールアドレスは、[プロジェクト名]@mail.asana.com です。

このアドレスにメールを送信し、それぞれのチームまたはプロジェクトの会話に投稿を作成します。他のユーザーを CC に入れて、コラボレーターとして会話に追加することもできます。

組織内では、会社のメールアドレスからメールを送信した場合にのみ会話の投稿を送信できます。

たとえば acme.com の組織に所属する場合、アカウントに他のメールアドレスが登録されていても、メールにより会話を投稿できるのは @acme.com のメールアドレスからメッセージを送信した場合のみです。

CC または To フィールドに含める場合は、全員が Asana のワークスペース、組織、プロジェクトにアクセスできることを確認してください。また、Asana アカウントに関連付けられているメールアドレスを使っていることを確認してください。アクセスできない人が含まれていた場合、タスクを作成できなかったという通知を受け取ることがあります。

メールの自動転送

定期的に受信しているメールで Asana のタスクを作成したい場合は、自動転送を行うことができます。Asana でメールを自動転送するには、次のことを行います。

  • 転送用のメールアカウントを作成します
  • Asana で組織またはワークスペースに forwarder@ を追加し、このメールアドレスを Asana とメールの送信先プロジェクトに追加します
  • 自分の Asana アカウントからログアウトし、forwarder アカウントでログインしてから、アカウントのメール通知をオフにします
  • Asana プロジェクトへの自動転送メールに forwarder@ アカウントを設定します。以下は一般的なメールクライアント向けの手順です。
  • Gmail
  • Microsoft Exchange
  • Yahoo

これで、forwarder@ がメールを受信するたびに、Asana プロジェクトに転送されて forwarder に割り当てられます (割り当ては簡単に解除できます)。

メール認証

アカウントがフィッシングやメールのなりすましから確実に保護されるように、メールを送信するメールサーバーでメールドメインが正しく設定されている必要があります。サーバーは、エンベロープアドレスのドメインが送信元アドレスのドメインと一致するように設定されていなければなりません。そうなっていない場合は、アドレスが一致しないため、これを解決するためにメールサーバー管理者に連絡する必要があるというエラーメッセージが表示されます。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。