Jira Server

概要

Asana for Jira Server は、Asana で作業を行うチームと Jira で作業を行うチームがコラボレーションを行い、可視性を確立するための連携です。

この連携により、Jira Server を使用するユーザーは、Jira Cloud との連携から生まれるメリットを活用できます。

それは、(勤務時間の多くを Asana で仕事を計画することや、仕事を処理することに費やす) ビジネスチームと製品チームが (Jira で仕事を計画し、実行する) エンジニアリングチームとコラボレーションを行い、シームレスに仕事を追跡することを可能にします。その目的は、スプリントを追跡し、さらに Jira 側の開発ステージに対する可視性を Asana ユーザーに提供することによって、スケジューリングを最適化することです。

Asana for Jira Server を使用することで、実行から納品にいたる Asana 側の計画ステージと Jira 側の開発フェーズの間を橋渡しします。

Jira の課題を Asana タスクの中に作成し、そのステータスをモニタリングします。

インストール要件

Asana の要件:

Asana for Jira Server との連携は、すべての PremiumBusiness および Enterprise のお客様にご利用いただける機能です。

Jira 管理者が必要な条件は次の通りです。

  • Asana のアカウントがあること
  • 有料プランを利用していること
  • インストールの最初のステップを行えること

Jira の要件:

Jira Software Server または Data Center のバージョン 8.12~8.15 がサポートされており、下のリンクの要件に沿って構成されている必要があります。

Jira Cloud をご利用のお客様は、Asana for Jira Cloud 連携をご使用ください

インストール方法

Jira 管理者は Jira Server Marketplace からプラグインをインストールし、アプリケーションリンクを作成する必要があります。最初の数ステップを Jira 管理者が完了したら、Asana のエンドユーザーは、アクセス権のある任意のプロジェクトに連携を追加することができます。

Jira 管理者によるインストール:

次に、Jira の管理者は「Asana に接続」をクリックしてアプリケーションを認証する必要があります

  • Asana の認証を促すプロンプトが表示されます
  • 認証したら、新しい連携に接続する Asana の適切なドメインを選択してください
  • Jira で確認が表示されたら、Server で必要なステップは完了です。後のステップはユーザーが Asana で行うことができます。

Asana ユーザー:

  1. Asana で連携を追加するプロジェクトに移動します
  2. 画面右上の「カスタマイズ」をクリックし、メニューを下にスクロールして「アプリを追加」をクリックします。

アプリの追加

認証中に「Asana が Jira Server に追加されていません」というメッセージが表示されたら、Jira 管理者によるインストールのステップに戻り、Asana の組織が認証され、関連のワークスペースが選択済みで、Jira Server の「管理」に表示されていることを確認してください。

Jira server

完了すると、アプリがプロジェクトに追加され、「Jira Server」フィールドがタスクに表示されます。ユーザーはそこで Jira の既存の課題を追加したり、Asana の中から直接 Jira の新しい課題を作成したりできます。

Jira Server フィールド

このアプリをプロジェクトに追加するのが初めての場合は、Jira と Asana の一連の認証フローを実行します。それが終わると、関連するプロジェクトのタスクに課題をリンクできるようになります。

機能

この連携を使い、Asana の既存のタスクを Jira の既存の課題にリンクしたり、課題を新規に作成したりする準備が整いました。

Asana タスクを Jira の既存の課題にリンクする

Jira Server フィールドのドロップダウンメニューから、既存の課題を追加できます。

フィールドを追加

そして、Jira の課題の URL を入力するか、テキストフィールドに課題名を入力します。

url

ここで、Jira の課題を開いたり、フィードバックを送信したり、タスクから課題を削除したりできます。

Asana タスクから Jira の課題を作成する

Asana のタスク内にある Jira Server フィールドから「課題を新規作成」を選択します。

課題を作成

次に新しいダイアログポップアップが開きます。すべてのフィールドに入力してください (特にプロジェクトと課題のタイプ)。Asana タスクからファイルを添付することもできます。

課題を作成

課題を作成」をクリックします。

入力されたフィールドから関連する詳細が Asana に読み込まれ、課題が作成されます。

課題を作成またはリンクすると、Asana のタスク内で課題の詳細が更新されます。Asana のタスク 1 つにつき、追加できる Jira の課題は 1 つのみです。

Jira の課題が作成されると、リアルタイムで機能する Jira ウィジェットに Jira の課題のステータス、優先度、および担当者が表示されます。クリックすると詳細が表示されます。

Asana に反映される変更内容

Jira の課題に関する変更内容は、次に Asana のページを読み込むときに Asana 側にも反映されます。

主な機能

  • 計画ステージと引き継ぎの間を橋渡しする: タスクをエンジニアリングチームに移行する準備ができたら、プロジェクトマネージャーは Asana からシームレスに Jira の課題を作成できます。計画は Asana 側ですでに完了しているので、製品マネージャーはエンジニアリング部門に作業を移し、Jira でのスプリント計画を簡単に行えます。この連携により、時間が節約され、データの一貫性が保たれます。

  • Jira の課題を作成する作業をルール機能で自動化すれば、作業ステップを省き、ワークフローを最適化できます。その方法はこちらでご確認ください。

Jira のルールを追加

####「ルールを追加」ポップアップから、以下を行います

  1. 「Jira Server」で、「新しい課題を作成」をクリックします
  2. 新しい課題を作成」ボックスのすべてのフィールドに入力します
  3. ルールを作成」をクリックして、Jira Server の課題の作成を自動化します
  • Jira で行われる開発作業の透明性: Asana ユーザーは Jira で行われている作業を確認できるので、関係者と重要なクライアントに主なリリース日やバグ修正などの最新情報を周知できます。同様に、製品マネージャーは Asana の中で直接 Jira 側の作業を追跡、計画、実行できる柔軟性を持てるので、双方にメリットがあります。

Asana for Jira Server との連携についてよくある質問の一覧は、Jira Server の FAQ ヘルプガイドをご覧ください。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。