Asana のすべての機能を見る

Asana でできることがひと目でわかるよう、すべてのプランの Asana の機能をリストにまとめました。リンク先にアクセスすると、各機能の使い方などを詳しく確認することができます。

モバイル

ウェブアプリに加えて、Asana では iOSAndroid 向けのモバイルアプリも提供しています。大半の機能はモバイルでご利用いただけますが、デバイスのタイプによって仕様が異なる場合があります。また、ウェブアプリと異なる仕様もあります。

モバイル機能を確認したい場合は、ヘルプセクションを開いて iOS または Android のガイドをご覧ください。

仕事、プロジェクト、およびタスク管理

  • プロジェクト—イニシアチブや会議、プログラム用のリストまたはかんばんボードの形で、仕事を共有プロジェクトとして整理します。
  • タスク—チームの全員が管理できるように仕事を小さな単位に分類します。
  • サブタスク—タスクをさらに小さなパーツに分類したり、タスク全体を完了するための追加手順を表示したりします。
  • タスク担当者—タスクのオーナーを明示することで、誰の目にも担当者が明らかになります。
  • セクション—プロジェクトリストのセクションまたはプロジェクトボードの列にタスクを分類し、タスクを整理してワークフローのステージに一致させることができます。
  • カスタムフィールド—プロジェクトやポートフォリオにドロップダウン、数字、またはテキストのカスタムフィールドを作成することで、情報の取得、ステータスの追跡、情報のソートおよび絞り込みが可能になります(スプレッドシートの列と同じです)。またカスタムフィールドに変更があった際に通知を受け取ることもできます。*
  • フォームプロジェクトブリーフやリクエストなどの正確な情報を管理します。フォームは直接プロジェクトに紐付いているため、送信を 1 か所でまとめて追跡できます。
  • 期日— 期日を設定することで、すべてのタスクをスケジュール通りに完了することができます。タスクは Asana のカレンダーだけでなく、職場のカレンダーに表示することも可能です。
  • 締め切り時間— 仕事の締め切り時間を指定することで、期限の見逃しを防ぐことができます。あらゆるタイムゾーンに対応しているため、すべてのメンバーがその仕事をいつまでに終わらせる必要があるか把握できます。
  • 開始日— 仕事に着手すべき日付を示す開始日を設定すると、ギリギリになって慌てることなく期限を遵守できます。*
  • マイルストーン—タスクのマイルストーンに進捗の重要な目印を設定することで、プロジェクトの目標を明確にし、チームのモチベーションを維持します。*
  • タイムライン— プロジェクトのすべてを一目で確認できるガントチャート式のビュー。プロジェクトを最初から最後まで順調に進めることができます。*
  • 添付— コンピューター、Google ドライブ、OneDrive、Dropbox、Box からタスクや会話にファイルを追加します。
  • いいね— タスクやコメントの確認やお礼、タスクへの賛成を表すために使用します。
  • 複数プロジェクトのタスク— 複数のプロジェクトで同じタスクを維持すると、無駄な労力を使わずに複数のコンテキストで仕事を確認することができます。
  • 依存関係— タスクの依存関係を使うと、どのタスクが着手可能で、どのタスクが保留中かが明確になります。*
  • テンプレート—どのチームもテンプレートで直ちに始めることができ、プロジェクトを実行する際に何度も再利用することができます。また、独自のプロジェクトをテンプレートとして保存できるため、ステップを見落とす心配がありません。*
  • コメント限定プロジェクト— 特定のプロジェクトメンバーにタスクのコメントだけを許可することで、メンバーにプロジェクトの情報を共有しつつ、プロジェクトやテンプレートが誤って変更されることを防げます。*

コミュニケーション

  • タスクのコメント— タスクに直接コメントすることで必要な情報を明確に伝達。Asana のチームメイトや他の仕事をメンションすれば、関係のある人および内容を常につなげておくことができます。あらかじめ用意されている簡単返信を使うと、タスクにすばやく応答できます。
  • 画像の校正 — 画像の特定の箇所に直接フィードバックを書き込み、クリエイティブチームに的確な指示を出します。†
  • プロジェクトの会話— プロジェクトの進捗について話し合うことで、勢いをキープできます。
  • チームページ— チームのすべてのプロジェクトを 1 か所に表示し、チーム内の会話や告知を行うためのスペースを用意したり、チームの説明を記載したりできます。
  • ステータス更新— プロジェクトの現状を関係者と共有しましょう。この情報はポートフォリオに表示できます。
  • 言語—Asana は英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語でご利用いただけます。
  • リッチテキスト— 広いテキストフィールドでリッチテキストを使うことでメッセージを読みやすくしたり、アイデアを番号付きリストや箇条書きにまとめたりできます。

ビュー

  • マイタスク— 優先度付きの To-Do リストで自分の 1 日を計画することがします。
  • 受信トレイ— 自分に関係があるプロジェクトや会話、タスクに関する最新情報だけを自動的に入手します。
  • 検索— 整理に手間をかけずに、必要な仕事をすばやく見つけることができます。
  • 高度な検索レポート— 高度な検索レポートは、特にプロジェクトマネージャーやチームのリーダー、管理者にとって役立つ機能です。チームの余力や進捗、またはリスクがある仕事をすばやく明確に見つけることができます。*
  • ポートフォリオ— プロジェクトのポートフォリオですべてのイニシアチブを追跡します。ポートフォリオにはすべてのプロジェクトのステータス、優先度、進捗がリアルタイムに表示されるため、目標までの道のりを正確に測ることができます。†
  • ワークロード—チームの余力を 1 つのビューにまとめる Asana のリソース管理機能。インフォームドディシジョン (情報を得た上で行う決定) による人員配置を行うことで、必要に応じて仕事量のバランスを調整することができます。†
  • カレンダー— タスクのリストをカレンダー上に表示することで、仕事の期限を一目で確認できます。
  • ファイルビュー— プロジェクトのすべての添付ファイルをギャラリー表示し、必要なプロジェクトファイルをすばやく見つけます。
  • 色覚サポートモード— 色覚サポートモードを有効にすると、Asana のすべてのカラーパレットがより明瞭になります。

チーム管理

  • チーム— チームを作成することで、プロジェクトを整理し、チームメイトに共有カレンダーや会話を紐づけることができます。チームのプライバシー設定は、コントロールが可能です。
  • フォロワー— フォロワーとして追加されたチームメイトは、強力なチームワークで円滑にタスクに取り組み、タスクの最新情報に関する通知を受け取ることができます。
  • ゲスト— Asana でベンダーや請負業者、パートナーとコラボレーションできます。
  • 権限—プロジェクトへのアクセスを制限することも、機密性の高い仕事をするための非表示チームを作成することも、逆に組織全体がアクセスできる公開チームや公開プロジェクトを作ることもできます。
  • 管理者コントロール— メンバーとその設定を追加、削除、管理したり、パスワードの複雑さを決定したりできる組織の管理者を指定。さらに Asana Enterprise のお客様は、SAML および Asana 管理者 API を使ってコントロールを強化できます。‡
  • プライバシーコントロール— プロジェクトへのアクセスを制限することも、機密性の高い仕事をするための非表示チームを作成することも、逆にチームを公開することもできます。*
  • データのセキュリティ— Asana では、データのエクスポートや削除も簡単です。データは独立したサーバーにバックアップされます。さらに Enterprise のお客様であれば、99.9% のアップタイムが保証されます。‡

連携

こちらで紹介している Asana 連携アプリはごく一部です。すべての連携を見るにはアプリページを、独自開発についてはデベロッパーページをご覧ください。

ファイルの作成および共有

  • DropboxGoogle ドライブBox—組み込み機能を使ってファイルをタスクに直接添付します。
  • Adobe Creative Cloud—新規タスクの確認やデザインの共有、Asana で提供されたフィードバックの反映を、すべて Creative Cloud でそのまま行うことができます。†

コミュニケーション

  • Slack— Slack から直接タスクを作成、完了、編集することで、仕事をよりスピーディーに進めることができます。Asana のタスクやプロジェクトに更新があると、その更新は Slack チャネルに自動的に投稿されます。
  • Asana for Gmail アドオンまたは Asana for Outlook— クライアント、顧客、チームメイトとのメールを受信トレイからそのまま Asana の実行可能なタスクに変換します。
  • Asana にメールを送信— メールを Asana に送信または転送します。より実用的にメールを活用できるうえ、重要な情報を見失うことがなくなります。

その他の連携アプリ

  • Chrome— Chrome のウェブページから Asana にタスクをすばやく簡単に追加できます。
  • Litmus—Litmus と Asana を連携すると、メール制作プロセスをシンプルにしてプロジェクトを簡単に管理することができます。†
  • Github— Github のコミットをタスクにリンクすることで、チームは最新のコード変更を把握できます。
  • Zapier– Zapier を使うことで、いくつものアプリとの統合が可能になります。仕事を作成したり情報を複製したりすることなくタスクを Asana に自動的に送信できます。
  • Harvest— 組み込みタイマーを使って、Asana を開いたままタスクの時間を追跡できます。

Asana の有料プランにご関心がある場合は、 トライアルを始めるか、料金ページをご確認のうえセールスチームにお問い合わせください。

*は Asana Premium の機能です。

† は Asana Business の機能です。

‡ は Asana Enterprise の機能です。

ログイン

or

パスワードを忘れた場合

登録

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

登録

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

無料トライアルを始める

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

無料トライアルを始める

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

Asana Premium を入手

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

Asana Business を入手

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

登録できませんでした。

アカウントの作成中に問題が発生しました。このウィンドウを閉じてもう一度試してください。

こんにちは。以前にもお会いしましたね!

リンクを次に追加

エラー: リンクを追加する前にワークスペースを選択してください


申し訳ありませんが、このブラウザは非対応です

Asana は現在お使いのインターネットブラウザに対応していません。こちらの対応ブラウザを使ってご登録ください。


料金を計算するには Asana にログインまたは登録してください

or

パスワードを忘れた場合

Asana レッスン

15 分以内の短いレッスンで Asana のいろはを学ぶことができます

タスク

タスク Lessons

あらゆる仕事を管理

3 分

マイタスク

マイタスク Lessons

次にするべきことを常に把握

3 分

プロジェクト

プロジェクト Lessons

チームメイトと一緒に仕事をする

3 分

受信トレイ

受信トレイ Lessons

コミュニケーションをさらに加速

3 分

タスクを使えばあらゆる仕事の管理、コラボレーション、整理を行うことができます。

タスクとは、To-Do やアイデア、メモ、覚えておくべきことなどです。

タスクを自分やチームメイトに割り当てます

Tab+M を押すと、自分にタスクをすばやく割り当てることができます。

期日を追加することで、期限が明確になります。

タスクの説明フィールドには指示内容やするべきことを入力します。

@ を入力すると、他のタスクやメンバー、会話、プロジェクトへのリンクを作成できます。

誰かを @メンションすると、その相手はフォロワーとしてタスクに追加されます。

新しいコメントや添付が追加されると、フォロワーは通知を受け取ります。

タスクの最新情報を把握する必要があるメンバーは、フォロワーとして追加します。

フォロワーは、フォローを外すことでタスクの通知の受信をいつでも停止することができます。

質問またはフォロワーに情報を提供する場合はコメントを追加します。

コメントにいいねすると、あなたが確認したことがフォロワーに伝わります。

関連ファイルを添付として追加できます。

DropboxGoogle DriveBox から直接添付することも可能です。

サブタスクを作成してタスクを小さなステップに分けます。

サブタスクの追加後に Enter を押すと、他のサブタスクも追加できます。

サブタスクには通常のタスクとまったく同じように詳細を含めることができます。

サブタスクにコメントや添付を追加するには、コメントの吹き出しをクリックします。

タスクはどの画面からでもトップバーを使って作成できます。

すべてのタスクには一意の URL があり、簡単にコピーして共有できます。

おめでとうございます!これでタスクについて習得しました。

次のレッスンに進みましょう!

マイタスクを使うと、次にするべきことが必ずわかります。

マイタスクとは、自分に割り当てられているすべてのタスクのリストです。

これがあると、仕事をシンプルに管理できます。

マイタスクのリストをクリックし、タスクを入力して追加します。

入力はテキスト文書を作成するときと変わりません。タスクを新規作成するたびに新しい行を追加します。リストにペーストすることもできます。

x@mail.asana.com にメールを転送すれば、タスクに変換することができます

添付も含め、メールは Asana のタスクに変換されます。

新しいタスクは新規タスクのリストの一番上に表示されます。

マイタスクに追加したタスクは自分以外には公開されません。

公開をクリックすると、チームと共有できます。

タスクは今日近日後日に分類することで優先度をつけることができます。

タスクの隣にある青のドットをクリックすると、すばやくソートできます。

今日行うタスクは今日にします。

チームメイトは、あなたのマイタスクのリストを表示して、あなたが何に取り組んでいるかを確認できます。

ただし、表示されるのはあなたが公開したタスクとプロジェクトで共有したタスクだけです(後述のプロジェクトのところで詳しく説明します)。

期限が 1 週間以内のタスクは近日にします。もうすぐ期限のタスクが一目瞭然です。

期日になると、タスクは近日から今日に移動します。

とっても便利。

期限が 1 週間以上先のタスクは後日にします。

このタスクは期日が近付くまで後方で控えています。

期限まで残り 1 週間を切ると、そのタスクは後日から近日に移動します。

マイタスクの優先度を維持することで、今何に取り組めばいいか、次に何が待っているかを常に把握しておくことができます。

これで仕事の管理と計画の方法について習得しました!

に、Asana でチームと一緒に仕事をする方法を学びましょう。

プロジェクトを使うと、一連のタスクについて一緒に仕事をすることができます。

プロジェクトで、プロセスやイニシアチブのステップを管理および整理することができます。

イベント計画や製品リリース、投稿カレンダーのようなものです。

マイタスクと同じように、クリックして入力すればプロジェクトにタスクを追加できます。

すでに書類やメールにステップがある場合は、それをリストにペーストします。

タスクをメールからプロジェクトに追加します。

プロジェクトの一意のメールアドレスは、プロジェクトのドロップダウンメニューから確認できます。

タスクを他の関連するプロジェクトに追加します。

タスクは複数のプロジェクトに含めることができます。

セクション を追加すれば、タスクをリストプロジェクトに整理することができます。

タスクのタイトルの最後に : を入力して、セクションにします。

また、を追加すればタスクをボードプロジェクトに整理できます。

列間または列内でタスクをドラッグアンドドロップして並べ替えます。

タスクを割り当てて期日を設定します。

プロジェクトカレンダーがあれば期限の見逃しを防ぐことができます。

カレンダーでタスクをドラッグアンドドロップして期日を変更します。

プロジェクトの最新情報を受け取る必要がある人をメンバーとして追加します。

プロジェクトメンバーには、新しい会話、ステータス、タスクの通知が送信されます。

告知やディスカッションを開始する場合は会話を投稿します。

投稿した内容はプロジェクトメンバー全員に送信されます。

進捗を使うと、プロジェクトの進み具合を確認することができます。

プロジェクトのステータスを設定し、プロジェクトの進み具合をチームに知らせます。

プロジェクトオーナーは、週に 1 回ステータスを設定するよう促されます。

プロジェクトはサイドバーから開いて整理します。

プロジェクトをお気に入りに登録すれば、サイドバーの一番上にピン留めすることができます。

プロジェクト名の左にある ボタンをクリックすると、プロジェクトはお気に入りに登録されます。

トップバーを使うと、どの画面からでもプロジェクトを新規作成できます。

これでチームと一緒にプロジェクトを進めることができるようになりました。

実際に始める前にあと 1 つだけレッスンを受けましょう。

受信トレイを使えば、コミュニケーションと調整がさらに速くなります。

受信トレイをチェックして更新情報をすばやく確認し、対応します。

期限が来たタスクがあると、受信トレイから通知があります。

また、あなたがフォローしているタスクや会話、プロジェクトをチームメイトが更新したときも同様です。

受信トレイを閉じずに、更新情報を開いて対応することができます。

更新情報をクリックすると、対応するために必要なすべてのコンテキストが表示されます。

対応が終了した更新情報はアーカイブします。

更新情報の右に表示される X をクリックすると、アーカイブすることができます。

アーカイブを開けば、一度閉じた更新情報を受信トレイに戻すことができます。

アーカイブされた更新情報の右に表示される矢印をクリックすると、受信トレイに戻ります。

タスクやプロジェクトのフォローを外すと、その更新情報の受け取りを停止することができます。

つまり、受け取る(または受け取らない)更新情報をコントロールすることができるのです。

希望する場合は、Asana のメール通知をオフにできます。

チーム内コミュニケーションの大半は、受信トレイを使うとより簡単に管理できます。頻繁にチェックするようにしましょう。

おめでとうございます!これで Asana で仕事を進める準備ができました。