最初のプロジェクトを作成する

タスクをいくつか作成すると、その一部が同じような仕事につながっていることに気付くことがあります。そのようなタスクはプロジェクトとしてまとめることができます。 組織で初めて Asana を使う場合は、プロジェクトの関係者であるチームメイトを 2〜3 人招待し一緒に Asana を使い始めることをおすすめします。 すでに Asana を使っているチームの場合、サイドバーから既存のプロジェクトを見つけます。

プロジェクトを活用できる場面は?

プロジェクトはチームに属し、その中にタスクが格納されます。複数の関係者や複雑なワークフローを含む大きなイニシアチブの管理、チームの目標の計画および達成、期限の管理、アイデアの整理など、プロジェクトが最適な用途はたくさんあります。

プロジェクトに関する簡単な Asana レッスンをご覧ください。

Asana のプロジェクトを最初に試すべき具体的なプロセスやプロジェクトはチームによって異なりますが、次のようなプロセスを選ぶことをおすすめします。

  • シンプルかつ具体的なもの
  • チームによる密なコラボレーションを必要とするもの
  • 明確な目標、計画、成果物のあるもの
  • 現在問題があったり円滑に進んでいないもの
  • チームの実績として意味のあるもの

まずテンプレートをご利用ください。そして、プロジェクトのベストプラクティスやヒントをご覧ください。

プロジェクトをセットアップ

Asana のプロジェクトはとても柔軟でさまざまな用途に向いているため、可能性は無限にあります。例として以下のテンプレートを参考にしてください。

現在、プロジェクトの計画と管理にスプレッドシートを使用している場合は、CSV インポート機能で Asana にすばやくプロジェクトをインポートできます。

プロジェクトを作成する基本的なフレームワークは以下のとおりです。

1. プロジェクトを作成して名前を付ける

Asana でプロジェクトを作成

トップバーにある + ボタンをクリックし、プロジェクトを選択します。プロジェクトに「ウェブサイトの立ち上げ」や「Q2 顧客感謝イベント」など、読めば内容と目標がわかる名前を付けます。目標、参考資料へのリンク、プロジェクトの概要などを含む説明を追加します。

プロジェクトに参加するチームメイトを考え、プロジェクトが属するべきチームを選びます。チームを作成するには、+ ボタンのメニューを使います。

次にリストまたはボードを選びます。リストプロジェクトは To-Do リストやイベントプランニングなど順序のあるタスクを作るのに向いています。ボードプロジェクト (かんばん) は付箋のように使え、ステージを経る作業、明確にカテゴリー分けされた作業、またはビジュアルを表示したい場合 (例: デザイナーによりグループ化されたデザインリクエスト) などに最適です。

有料の Asana アカウントをご利用の場合、プロジェクトのプライバシー設定を個別に指定できます。それ以外の場合、プロジェクトは選択したチーム全体に公開されます。

2. プロジェクトを計画して整理する

主要なマイルストーンごと、あるいはプロジェクトの目標達成に欠かせない作業のひとつひとつにタスクを作成します。それぞれのタスクに期日を設定して締め切りを明確にします。

タスクを追加するには、プロジェクトのリストビューまたはボードビューで Enter キーを押します。

次に、セクション (リストビュー) または列 (ボードビュー) を追加し、タスクをグループ化します。

タスクを追加する際、タイムラインを使うと作業を一目で確認し、チームメイトと計画を共有したり、途中で計画を調整したりできます。このようにして期日通りに仕事を進められます。

3. プロジェクトメンバーを追加する

プロジェクトメンバーとして関係者を招待すると、誰がいつまでに何をするか、すべてを Asana で管理できます。プロジェクトメンバーは、関与の度合いに応じて、プロジェクトのアクティビティに関するさまざまなレベルの通知を受け取れます。

プロジェクトメンバーによる変更を許可しないプロジェクトは、コメント限定に設定します。

4. プロジェクトの会話を始める

プロジェクトを使い始めると、タスクに関する (またはプロジェクト全体の) コメントや質問の中には、プロジェクトに携わる全員が関与すると良いと思われるものが出てきます。そんな時には、プロジェクトの会話を始めてチームメイト間で話し合う場を設けることで、複雑なメールスレッドを作成しなくても貴重なフィードバックを得ることができます。

5. ステータスを追跡する

プロジェクトは作業を整理するのに最適な方法です。進捗ビューに毎週ステータス更新を投稿し、プロジェクト内の作業の進捗をチームに知らせることができます。プロジェクトの期日が明記されたタスク完了グラフもあるので、期日に向けて仕事を順調に進めていくことができます。

プロジェクトの完了時には、アクティブのままにしておくか、アーカイブするか、削除することを選択できます。プロジェクトの一覧をすっきりと整理しつつ、必要に応じて参照できるように、アーカイブをおすすめします。

さらにプロジェクトを Asana に追加する

最初のプロジェクトを作成したら、一般的なワークフロー用にカスタムテンプレートを作成するなど、Asana プロジェクトの別の使用方法を探してみてはいかがでしょうか。Asana を一番最初に使い始めるユーザーも、既存チームの新規ユーザーも、Asana の有益な使用方法を学ぶことができます。引き続き、このガイドで詳細をご紹介していきます。

How to Asana を視聴する

簡単にビデオでチェックしたい場合は、How to Asana のヒントを参考にして最初のプロジェクトを始めてみましょう。

以上で説明は終わりです。チームメイトを招待して一緒に Asana を始めるか、すでに Asana を使用しているチームメンバーとコラボレーションを始めましょう。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。