顧客のフィードバック

Asana で顧客フィードバックプロジェクトを作成する方法

いくつかのプロジェクトの作成方法があります。すぐにはじめるには: .

  1. 顧客フィードバックテンプレートを、チームの需要に合わせカスタマイズします。
  2. 現在フィードバックの追跡に使用している既存のスプレッドシートをインポートします

すべての Asana テンプレートへのアクセス方法

トップバーの + ボタンから Asana のテンプレートにアクセスする方法をデモする GIF

無料会員の場合、フィードバックプロジェクトの構築をはじめから行うか、Asanaプロジェクトで好まれている方法を使用して ここからはじめる

特定の機能や製品などに対するフィードバックのみを追跡したい場合は、それぞれにのプロジェクトを作成、フィードバックを1つの集約プロジェクトとしてではなく適切な場所に移動します。 フィードバックを複数の場所から追跡する必要がある場合は、いつでもタスクを複数のプロジェクトに追加 することができます。

コンテンツカレンダーやローンチプロジェクト用の複数の Asana プロジェクトに同じタスクを複数所属させている GIF

顧客のフィードバックを管理するコツ

1. フィードバックを余すところなく追跡、カスタム項目を使用して傾向を見つける

テンプレートからも既存のカスタム項目が使用でき、プロジェクト上部にある青色のカスタム項目の追加 ボタンから変更や追加を行うことができます。

カスタム項目では、各タスクの重要な詳細の追跡を行うことができ、スプレッドシートのカラムなどプロジェクトの並び順を変えたりフィルタを使用することができます。センチメントや実行可能なもの、 ソースや優先順位を示す項目によって、フィードバックを理解することができ、効率的に仕事を進めることができるようになります。

分析を実行せずにフィードバックセンチメントをすばやく評価するには、プロジェクトをカスタム項目で並べ替える方法が有効です。そうすることで、実行可能なフィードバックや連絡が必要な顧客を見つけることができます。

フォームを使用した顧客のフィードバックの把握が容易に可能です。

商品の改善、問題の解決や顧客のニーズについて学ぶにはフィードバックが不可欠ですが、異なる方法や場所にて追跡を行なっているとうまくいかなくなってしまいます。そこで、 顧客フィードバックプロジェクトに直接連結されているフィードバック項目を作成 を使用します。そのフォームでは、フィードバックが漏れ無く収集されるため、チームはすべての詳細を受け取り、他のフィードバックと共に分析や実行をすることができます。

Asanaで作成された顧客フィードバックフォームのスクリーンショット

フォームはこちらのステップでセットアップできます

3. フォームを使用して顧客がフィードバックを寄せやすくする

 フォームのリンクを共有することで、Asanaを使用していなくても、だれからでもフォームの送信が可能になります。顧客対応チームはEメールを通してフィードバックを管理するのではなく、フィードバックフォームのリンクを送るようにします。チームは煩雑な受信トレイからフィードバックを探す手間がなくなり、顧客も意見が反映されているように感じ、満足度が上がります。

だれとでも共有できるAsanaプロジェクトのフォームのリンクをコピーしているGIF

4. 連携機能を利用してEメールで受け取ったフィードバックを実行可能にする

フィードバックのEメールを継続して受信している場合は、 AsanaのGmailアドオン または Outlookアプリを利用して簡単にEメールをプロジェクトのタスクに変換することができます。Eメールを使用している他の顧客ユーザーは、Eメールを特定のプロジェクトに転送 してタスクを作成することができます。

Outlook と Gmail のメールと受信トレイを Asana と連携したスクリーンショット

5. 常に整理されたフィードバック

カスタム項目を使用してフィードバックの整理をはじめましょう。定期的に受け取ったフィードバックを評価する プロジェクト管理者 を割り当て、まとめます。 フィードバックの選別を 定期タスク として割り当てることもできます。

既に同様のフィードバックが報告されていた場合には、選別の時に タスクの統合 をして、重複追跡をなくします。

6. フィードバックへのすばやい対応

すべてのフィードバックが急を要するものではありません。すぐに注意が必要なフィードバックには、プロジェクト管理者がタスクと期日を割り当てます。そのタスクには担当者に必要な情報があらかじめ追加されているため、どのように対処されるべきなのかがわかりやすく、チームの中で余計なやり取りをする必要がなくなり、問題解決までの時間が短縮され顧客の満足度も上がります。

顧客フィードバックのリソース

私たちの顧客のフィードバック管理の例やコツなどを視覚的に学ぶには、こちらのリソースをご参照ください。: .

フィードバックのリソース リンク
フィードバックテンプレート テンプレートを使用
オンデマンドコース Asana アカデミーに登録
ケーススタディとウェビナー Asanaで顧客フィードバックを管理しているStyleHaul の例
顧客フィードバックのコツに関するブログ ブログを読む
コミュニティでつながる 次のトレーニングに参加 または コミュニティフォーラムでスレッドをはじめる

ログイン

or

パスワードを忘れた場合

登録

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

登録

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

無料トライアルを始める

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

無料トライアルを始める

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

Asana Premium を入手

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

Asana Business を入手

会社用のメールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながることができます。

登録できませんでした。

アカウントの作成中に問題が発生しました。このウィンドウを閉じてもう一度試してください。

こんにちは。以前にもお会いしましたね!

リンクを次に追加

エラー: リンクを追加する前にワークスペースを選択してください


申し訳ありませんが、このブラウザは非対応です

Asana は現在お使いのインターネットブラウザに対応していません。こちらの対応ブラウザを使ってご登録ください。


料金を計算するには Asana にログインまたは登録してください

or

パスワードを忘れた場合

Asana レッスン

15 分以内の短いレッスンで Asana のいろはを学ぶことができます

タスク

タスク Lessons

あらゆる仕事を管理

3 分

マイタスク

マイタスク Lessons

次にするべきことを常に把握

3 分

プロジェクト

プロジェクト Lessons

チームメイトと一緒に仕事をする

3 分

受信トレイ

受信トレイ Lessons

コミュニケーションをさらに加速

3 分

タスクを使えばあらゆる仕事の管理、コラボレーション、整理を行うことができます。

タスクとは、To-Do やアイデア、メモ、覚えておくべきことなどです。

タスクを自分やチームメイトに割り当てます

Tab+M を押すと、自分にタスクをすばやく割り当てることができます。

期日を追加することで、期限が明確になります。

タスクの説明フィールドには指示内容やするべきことを入力します。

@ を入力すると、他のタスクやメンバー、会話、プロジェクトへのリンクを作成できます。

誰かを @メンションすると、その相手はフォロワーとしてタスクに追加されます。

新しいコメントや添付が追加されると、フォロワーは通知を受け取ります。

タスクの最新情報を把握する必要があるメンバーは、フォロワーとして追加します。

フォロワーは、フォローを外すことでタスクの通知の受信をいつでも停止することができます。

質問またはフォロワーに情報を提供する場合はコメントを追加します。

コメントにいいねすると、あなたが確認したことがフォロワーに伝わります。

関連ファイルを添付として追加できます。

DropboxGoogle DriveBox から直接添付することも可能です。

サブタスクを作成してタスクを小さなステップに分けます。

サブタスクの追加後に Enter を押すと、他のサブタスクも追加できます。

サブタスクには通常のタスクとまったく同じように詳細を含めることができます。

サブタスクにコメントや添付を追加するには、コメントの吹き出しをクリックします。

タスクはどの画面からでもトップバーを使って作成できます。

すべてのタスクには一意の URL があり、簡単にコピーして共有できます。

おめでとうございます!これでタスクについて習得しました。

次のレッスンに進みましょう!

マイタスクを使うと、次にするべきことが必ずわかります。

マイタスクとは、自分に割り当てられているすべてのタスクのリストです。

これがあると、仕事をシンプルに管理できます。

マイタスクのリストをクリックし、タスクを入力して追加します。

入力はテキスト文書を作成するときと変わりません。タスクを新規作成するたびに新しい行を追加します。リストにペーストすることもできます。

x@mail.asana.com にメールを転送すれば、タスクに変換することができます

添付も含め、メールは Asana のタスクに変換されます。

新しいタスクは新規タスクのリストの一番上に表示されます。

マイタスクに追加したタスクは自分以外には公開されません。

公開をクリックすると、チームと共有できます。

タスクは今日近日後日に分類することで優先度をつけることができます。

タスクの隣にある青のドットをクリックすると、すばやくソートできます。

今日行うタスクは今日にします。

チームメイトは、あなたのマイタスクのリストを表示して、あなたが何に取り組んでいるかを確認できます。

ただし、表示されるのはあなたが公開したタスクとプロジェクトで共有したタスクだけです(後述のプロジェクトのところで詳しく説明します)。

期限が 1 週間以内のタスクは近日にします。もうすぐ期限のタスクが一目瞭然です。

期日になると、タスクは近日から今日に移動します。

とっても便利。

期限が 1 週間以上先のタスクは後日にします。

このタスクは期日が近付くまで後方で控えています。

期限まで残り 1 週間を切ると、そのタスクは後日から近日に移動します。

マイタスクの優先度を維持することで、今何に取り組めばいいか、次に何が待っているかを常に把握しておくことができます。

これで仕事の管理と計画の方法について習得しました!

に、Asana でチームと一緒に仕事をする方法を学びましょう。

プロジェクトを使うと、一連のタスクについて一緒に仕事をすることができます。

プロジェクトで、プロセスやイニシアチブのステップを管理および整理することができます。

イベント計画や製品リリース、投稿カレンダーのようなものです。

マイタスクと同じように、クリックして入力すればプロジェクトにタスクを追加できます。

すでに書類やメールにステップがある場合は、それをリストにペーストします。

タスクをメールからプロジェクトに追加します。

プロジェクトの一意のメールアドレスは、プロジェクトのドロップダウンメニューから確認できます。

タスクを他の関連するプロジェクトに追加します。

タスクは複数のプロジェクトに含めることができます。

セクション を追加すれば、タスクをリストプロジェクトに整理することができます。

タスクのタイトルの最後に : を入力して、セクションにします。

また、を追加すればタスクをボードプロジェクトに整理できます。

列間または列内でタスクをドラッグアンドドロップして並べ替えます。

タスクを割り当てて期日を設定します。

プロジェクトカレンダーがあれば期限の見逃しを防ぐことができます。

カレンダーでタスクをドラッグアンドドロップして期日を変更します。

プロジェクトの最新情報を受け取る必要がある人をメンバーとして追加します。

プロジェクトメンバーには、新しい会話、ステータス、タスクの通知が送信されます。

告知やディスカッションを開始する場合は会話を投稿します。

投稿した内容はプロジェクトメンバー全員に送信されます。

進捗を使うと、プロジェクトの進み具合を確認することができます。

プロジェクトのステータスを設定し、プロジェクトの進み具合をチームに知らせます。

プロジェクトオーナーは、週に 1 回ステータスを設定するよう促されます。

プロジェクトはサイドバーから開いて整理します。

プロジェクトをお気に入りに登録すれば、サイドバーの一番上にピン留めすることができます。

プロジェクト名の左にある ボタンをクリックすると、プロジェクトはお気に入りに登録されます。

トップバーを使うと、どの画面からでもプロジェクトを新規作成できます。

これでチームと一緒にプロジェクトを進めることができるようになりました。

実際に始める前にあと 1 つだけレッスンを受けましょう。

受信トレイを使えば、コミュニケーションと調整がさらに速くなります。

受信トレイをチェックして更新情報をすばやく確認し、対応します。

期限が来たタスクがあると、受信トレイから通知があります。

また、あなたがフォローしているタスクや会話、プロジェクトをチームメイトが更新したときも同様です。

受信トレイを閉じずに、更新情報を開いて対応することができます。

更新情報をクリックすると、対応するために必要なすべてのコンテキストが表示されます。

対応が終了した更新情報はアーカイブします。

更新情報の右に表示される X をクリックすると、アーカイブすることができます。

アーカイブを開けば、一度閉じた更新情報を受信トレイに戻すことができます。

アーカイブされた更新情報の右に表示される矢印をクリックすると、受信トレイに戻ります。

タスクやプロジェクトのフォローを外すと、その更新情報の受け取りを停止することができます。

つまり、受け取る(または受け取らない)更新情報をコントロールすることができるのです。

希望する場合は、Asana のメール通知をオフにできます。

チーム内コミュニケーションの大半は、受信トレイを使うとより簡単に管理できます。頻繁にチェックするようにしましょう。

おめでとうございます!これで Asana で仕事を進める準備ができました。