1on1 ミーティング

1on1 ミーティングは、マネージャーがチームメンバーとつながりを深め、コーチングやコミュニケーションなどに特化した快適な空間を作るために重要な手段です。有能なマネージャーは、部下が自分は正当に評価されていると感じ、自信が持てるように努力しますが、1on1 ミーティングはこうした前向きな対話に役立ちます。Asana は、1on1 ミーティングの計画はもちろん、横道にそれないように会話を導くことや、話し合いから発生したアクションアイテムの追跡にも役立ちます。

Patreon は、1on1 ミーティングに Asana を利用しています

 

1on1 ミーティングプロジェクトの作成方法

  1. 非公開プロジェクト を設定して、部下のみ招待します。

  2. プロジェクトにセクションを作成して、議題を整理します。たとえば: .

    • 今週の議題
    • 後で
    • 問題点とよい点
    • ゴール
    • アクションアイテム
  3. 1on1 ミーティングが終わったら次のミーティングの前に、プロジェクトに新しいトピックを投稿します (マネージャーと部下の両方で議題を追加してください)。

    • 話す内容を忘れないようにタスクに説明を追加します。
    • タスクにコメントを追加して、ミーティングの前後にも仕事について話し合いを行います。
    • 1on1 ミーティングプロジェクトに他のプロジェクトからタスクを追加し、前後関係を踏まえて話し合いを行います。
  4. アクションアイテムのセクションにタスクを割り当て、次回のミーティング前に完了するよう、適切な期日を設けます。

  5. 1on1 ミーティングプロジェクトを作成したら、テンプレートとして保存します。プロジェクトヘッダーのドロップダウンをクリックし、「テンプレートに変換」を選択します。これで社内の誰でも 1on1 ミーティングプロジェクトを容易に作成できるようになります。

Asana で作成された 1on1 ミーティングプロジェクトに関わるマネージャー用にチームメイトが作成したタスクのスクリーンショット

毎週、話し合うトピックには繰り返し期日を使用します。こうしたトピックを「今週の議題セクション」に入れておくと、毎週表示されます。

1on1 ミーティングプロジェクト管理のヒント

1on1 ミーティングの目的は、スケジュールにまた一つ会議を増やすことではありません。Asana で 1on1 ミーティングプロジェクトを設定したら、次の方法でミーティングを最大限に活用しましょう。

  • あらかじめ議題を設定しておくことで、トピックを事前に検討し、その場の思い付きではなく、徹底的に深掘りできます。
  • 1 週間かけてアイデアを投稿しておけば、ミーティング中に何を話すべきか考える時間を省けます。
  • ミーティングはチームメンバーの考えをお互いに話し合うことが目的です。前もって、率直で安心な話のできる雰囲気を作るため、部下に議題や優先順位に対して意見を述べるように推奨しましょう。
  • 目標やキャリア計画、成長のための機会について定期的に確認し、それらを達成するための取り組みを強化します。

1on1 ミーティングのための時間を設けることは、有能なチームリーダーにとって重要な役割。そこから得られる一貫した率直なフィードバックによって、部下の長所が最大限に引き出されます。人材育成を重視し、問題を話し合いで乗り越え、一緒にアイデアの優先順位をつけることで、個人のキャリアと組織全体によい影響をもたらします。

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。