キャンペーンの管理

Asana でマーケティングキャンペーンプロジェクトを作成する方法

キャンペーンプロジェクトをすばやく作成するには、次の方法があります。

  1. キャンペーンテンプレートを使い、チームのニーズに合わせてカスタマイズする。
  2. 現在キャンペーン作業の追跡で使っている既存のスプレッドシートをインポートする。

すべての Asana テンプレートへのアクセス方法

トップバーの + ボタンから Asana テンプレートにアクセスする方法をデモする GIF

無料ユーザー、一から独自のキャンペーンプロジェクトを構築したい方、または Asana プロジェクトの全般的なベストプラクティスを確認したい場合は、こちらをご覧ください。

一緒に仕事をしているエージェンシーをゲストして招待する

一緒に仕事をしているエージェンシーをゲストとしてプロジェクトに招待すれば、キャンペーンの始動と実施がよりスムーズになります。エージェンシーはキャンペーン計画全体を見ることが可能になり、あなたも期限や納品物に関する指示内容を明確にすることができるため、理想的なキャンペーンを予定通りにローンチできます。

ゲストを Asana に招待する手順については、この短いチュートリアルをご覧ください

マーケティングキャンペーン作業を管理、実行するためのヒント

マーケティングキャンペーンプロジェクトを構築した後は、次のヒントを活用し、仕事の進行に合わせてプロジェクトを管理しましょう。

1. 要旨を書き、役割分担を明確にした上でキャンペーンを始動する

マーケティングキャンペーンプロジェクトの要旨と役割分担が表示された「概要」ビューのスクリーンショット

キャンペーンに取り組むチームでは、メンバーの多くが、自分の仕事が全体的な目標とメッセージに沿っているか確認するため、常に案件の要旨を参照します。その要旨をプロジェクトの概要」タブに配置すれば、いつでも簡単にアクセスでき、キャンペーンマネージャーは、要旨文書を探すメンバーからの絶え間ない問い合わせに対応しなくて済むようになります。

概要」タブで役割分担を設定すれば、承認依頼や質問をしたい場合には誰に連絡すればよいのか、チーム全員に明らかになります。

2. 「タイムライン」でプロジェクトを計画し、変更に合わせて調整する

成功するマーケティングキャンペーンには、リリース日までに多くの重要な期限や依存関係があるもの。タイムラインでその計画を立てれば。すべてのピースがぴたりとはまり、目標が達成されます。

Asana のタイムライン機能を使ったプロジェクト計画の GIF

タイムラインでマーケティングキャンペーン計画を作成する方法

  1. リストビューでキャンペーンのすべての To-Do のタスクを作成します。
  2. プロジェクトの上部の「タイムライン」タブをクリックしてタイムラインビューにします。
  3. タスクをタイムラインにドラッグ & ドロップしてタスクをスケジュールします。タイミングの矛盾を見つけたら、タスクをドラッグ & ドロップしてスケジュールを調整します。
  4. 担当者が期限に向けて仕事に取り組む時間を確保できるように、タスクの日付範囲を広げます。
  5. タスクを特定の順序で完了させる必要がある場合は、タスクにカーソルを合わせ、それからドットを関係するタスクにドラッグすることで両者の間に依存関係を作成します。

仕事が始まってからも、タイムラインを活用すれば計画が台無しになる前にすばやく競合に対処できます。たとえば、キャンペーンのランディングページの作成に予想より時間がかかっている場合は、タイムラインで依存しているタスクを移動します。期限が調整されると、タスク担当者にその通知が自動的に送られるため、混乱が生じたり、会議が増えたり、手遅れになることなく、適切なタイミングで仕事に着手できるようになります。

3. フォームを使って重要なクリエイティブブリーフの情報を把握し、すばやくアクションに移す

クリエイティブブリーフは、マーケティングチームによるキャンペーンの目標、オーディエンス、要件に関する重要な情報の把握に役立つ一方、適切に入力されていなかったり文書内で行方不明になるとクリエイティブプロセスの遅延につながる恐れがあります。そこで、キャンペーンプロジェクトと直結したクリエイティブブリーフフォームを作成することで、チームは (自分たちにわかる言葉で表現された) 必要な情報をもとに作業に着手できます。

Asana で作成されたキャンペーンブリーフフォームのスクリーンショット

フォームのリンクを共有すれば、Asana のユーザーでなくてもフォームを送信できます。送信されたフォームはキャンペーンプロジェクトにタスクとして作成されるので、そこで優先度を設定できます。

フォームのセットアップ方法はこちらです

4. 仕事の重複を避けるため、複数のプロジェクトでキャンペーンタスクを追跡する

キャンペーンの仕事は多くの場合、製品リリースや採用活動などの一部として、他のマーケティングアクティビティと連動しています。Asana なしでは、チームは他のプロジェクトやイニシアチブで発生している仕事を確認できず、仕事が重複したり、調整に苦労することになるかもしれません。

コンテンツカレンダーやローンチプロジェクト用の複数の Asana プロジェクトに同じタスクを追加している GIF

  1. Tab + P を押して、タスクの追加先のプロジェクトの名前を入力します。

タスクを複数のプロジェクトに追加 (マルチホーム) すれば、仕事を複製したり、あちこちで仕事を管理したりする必要がなくなり、時間を節約できます。このタスクは追加先のすべてのプロジェクト間で同一であるため、ファイルやコメントはすべて添付されており、関係者は最も自分に合ったコンテキストでこれを確認できます。

5. レビューと承認のプロセスを明確にして期日を守る

キャンペーンのフィードバックをより簡単に提供し、それを反映できるかどうかで、訴求力に大きな違いが生まれます。以下の手順に従ってすばやく明確に承認を得て、仕事を進捗させましょう。

Asana のカスタムフィールドを使った承認ワークフローの GIF。承認待ちや承認済みの仕事を示すことができる

  1. プロジェクトルールを追加すれば、自動的にタスクを適切なメンバーに割り当てたり、完了させたり、進行具合に合わせて別のプロジェクトセクションに移動させることができます。
  2. カスタムフィールド通知を使って、進捗についての最新情報を関係者に欠かさず伝えましょう。たとえば、フィールドが「フィードバック待ち」から「承認済み」に更新されると関係者に通知が送信されます。
  3. レビュアーは校正機能を使用して画像にフィードバックを直接残すことができます。フィードバックの各事項は実行可能なサブタスクとして作成され、作成者は必要に応じてフィードバックを追跡したり実行に移すことができます。

Asana の画像校正ワークフローの GIF

Adobe Creative Cloud の連携により、作成者は作業している Adobe のアプリでフィードバックを直接表示できます。コンテキストを読み取りながら作業できるうえ、ツールを切り替える時間を節約できます。

Adobe Creative Cloud の連携により Asana のタスクが Adobe プログラム内に表示されているスクリーンショット

これにより、レビュアーは自分の考えを明確にし、作成者はフィードバックを反映するかどうかを決められるため、フィードバックのやり取りのプロセスがさらに簡単になります。その上、すべての記録を 1 か所に残すことができます。

6. テンプレートを使ってすべてのキャンペーンで時間を節約し、大切なステップの見逃しを防ぐ

キャンペーンはそれぞれ異なるとしても、毎回、あるいはキャンペーンのタイプごとに共通する作業があるものです。キャンペーンごとに計画を作り直したり、作業ファイルや指示とは別の文書にテンプレートを保存したりする代わりに、Asana でキャンペーンテンプレートを作成、保存して時間を節約しましょう。

再利用するために Asana のプロジェクトをテンプレートとして保存している GIF

  1. 中心となるキャンペーン作業をタスクとしてプロジェクトに作成します。毎回同じ担当者が同じタスクを完了する場合以外は、タスクの割り当てや期日の追加は行いません。
  2. プロジェクトヘッダーの「...」をクリックし、「テンプレートとして保存」を選択します。
  3. テンプレートを編集できるメンバーを制限したい場合は、コメント限定プロジェクトにします
  4. キャンペーンのたびに、オレンジ色の + ボタン、「プロジェクト」をクリックし、組織の保存済みテンプレートのタブを開いてテンプレートをコピーします。
  5. キャンペーン作業の改良に合わせてテンプレートを更新することで、ミスを繰り返したり古い方法をとることがなくなります。

これでどんなキャンペーンでも数回のクリック操作だけで始められます。

キャンペーンの作業と進捗を報告するためのヒント

1. 「概要」でステータス更新を投稿し、プロジェクトアクティビティを確認する

![Asana プロジェクトにおけるステータス更新のスクリーンショット。アクティビティフィードにタスクの更新が表示されている)(https://luna1.co/4e8e09.png){.screenshot}

キャンペーンの仕事が進捗した際には、「概要」タブで、アップデートを投稿し、プロジェクトアクティビティの最新リストを確認できます。ステータス更新の際には、更新情報にハイライトをドラッグ & ドロップすれば、チャートやマイルストーンを共有できます。毎回同じフォーマットを使用したい場合には、Asana でステータス更新用のテンプレートを保存できます。

2. プロジェクトを会議の議題として使うことで、より効果的な会議を行う

定期的に会議を行うことで進捗や団結を確認できます。エージェンシーや部門の違うパートナーと会議を行う際にキャンペーンプロジェクトを会議の議題として使えば、仕事の状況や、本当に議論が必要なトピックを確認しやすくなります。これにより、全体の進捗確認ではなく、戦略やアイデアの話し合いに集中できます。

会議中は、浮上したアクションアイテムに対してタスクを作成することで、それを忘れないようにすることができます。

3. カスタムフィールドで優先度を管理し、キャンペーン作業を整理する

スプレッドシートに慣れている方なら、列をソートしたり絞り込んだりして重要な情報を確認しやすくしているでしょう。カスタムフィールドはそれよりもずっと強力な機能です。情報を確認できるのはキャンペーンマネージャーだけ、という状況にはならず、全員が実際の仕事のコンテキストの中でそうした重要な情報を追跡できます。

たとえば、「優先度」カスタムフィールドをキャンペーンプロジェクトに追加した場合、各タスクの優先度を設定できるため、何に注力するべきかがすべてのチームメイトに対して明確になります。そして、優先度でプロジェクトをソートすれば、特に優先度が高いタスクがトップに表示されるため、これらのタスクが順調に進んでいるかを確認できます。

タスクをタイムライン上でカスタムフィールドでソートして表示することで、計画の視認性が向上し、障害となっている問題を色で特定できます。

4. ポートフォリオとワークロードですべてのキャンペーンの進捗をモニタリングし、作業の割り当てを管理する

ステータス更新をチェックしてチームの余力を確認するために、普通、チームのリーダーは会議やメール、スプレッドシートなどから情報を集めますが、これは時間がかかる上に正確さに欠ける場合もあります。そこでコンテンツカレンダーや他の関連するコンテンツプロジェクトが入ったプロジェクトのポートフォリオを作成すれば、プロジェクトのステータスや期限、優先度、オーナーをすべて 1 か所で確認できます。

続いて「ワークロード」タブを使えば、Asana ですでに割り当てられているタスクに基づいてこれらのプロジェクト全体のチームのキャパシティを視覚化できます。ワークロードがあれば、インフォームドディシジョン (情報を得た上で行う決定) による作業の割り当てを行うことで、仕事量のバランスを取り、プロジェクトを順調に進められます。

ワークロードビューで複数の担当者間で仕事量を調整し直しているスクリーンショット

ワークロードのデフォルトはタスク数ですが、もちろんすべてのタスクが同じように作成されるわけではありません。ポートフォリオ内のすべてのプロジェクトに対して工数カスタムフィールドをセットアップすれば、全体の時間数や労力レベルをさらに把握しやすくなります。

キャンペーンを計画および管理するためのリソース

ビデオのほうが学習しやすい方や、Asana のお客様がマーケティングキャンペーンをどのように運営しているかを知りたい方のために、以下にリソースをご用意しました。

リソース リンク
マーケティングキャンペーン用テンプレート テンプレートを使用
オンデマンドコース Asana アカデミーに登録
ケーススタディ Dow Jones のマーケティングチームCulture Amp が Asana でマーケティングキャンペーンを行い、制作を管理している方法を見る
ケーススタディウェビナー Asana でマーケティングキャンペーンを計画、管理する InVisionLeukaemia Foundation の手法をご確認ください
キャンペーンヒントブログ ブログを読む
コミュニティとつながる 次回のトレーニングに参加するか、コミュニティフォーラムでスレッドをはじめる 

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。