バグ追跡

Asana でバグ追跡プロジェクトを作成する方法

プロジェクトをすばやく作成するには、次の方法があります。

  1. バグ追跡テンプレートを使い、チームのニーズに合わせてカスタマイズします。
  2. 現在バグの追跡で使っている既存のスプレッドシートをインポートします。

特定の機能、製品、またはページに関するバグを追跡したい場合は、それぞれについてプロジェクトを作成することでバグを適切な場所に送信できます。

すべての Asana テンプレートへのアクセス方法

トップバーの + ボタンから Asana のテンプレートにアクセスする方法をデモする GIF

無料ユーザー、一から独自のバグ関連プロジェクトを構築したい方、または Asana プロジェクトの全般的なベストプラクティスを確認したい方は、こちらをご覧ください。

バグを追跡および管理するためのヒント

1. バグを統一した方法で追跡し、カスタムフィールドを使用して傾向を把握

テンプレートを使っている場合は既存のカスタムフィールドが使用できますが、プロジェクト上部にある青色のカスタムフィールドの追加ボタンから変更や追加を行うこともできます。

カスタムフィールドでは、各タスクの重要な詳細を追跡し、スプレッドシートの列のようにプロジェクトを絞り込んだり、ソートできます。ソースや優先順位などのフィールドをもとにチームはフィードバックを理解し、効率的に修正を進めることができます。

優先度の高いバグをすばやく追跡するには、プロジェクトをカスタムフィールドでソートする方法が有効です。これをもとにチームメイトに修正依頼を割り当てることができます。

2. フォームを使って重要な詳細をすばやく収集する

問題を解決し、お客様のニーズを知るにはバグ報告が不可欠ですが、ばらばらの方法や場所でバグを追跡するのは非効率です。そこで、プロジェクトに直接紐付くバグ追跡フォームを作成します。フォームを使えばバグが統一された形で収集されるため、チームは作業に必要なすべての情報を入手できます。

Asana で作成されたバグ追跡フォームのスクリーンショット

このページの手順に従ってフォームを作成します。次に、プロジェクトルールを追加して、送信されたフォームのタスクをエンジニア部門のチームメイトに自動的に割り当てて、送信されたバグ報告が確実に優先されるようにします。

3. フォームを使用してお客様がバグを報告しやすくする

フォームのリンクを共有すれば、Asana を使用していなくても、誰でもフォームの送信が可能になります。お客様対応チームはメールに頼る必要がなくなり、お客様は意見が反映されていると感じて満足度が上がります。ごちゃごちゃの受信トレイからも解放されます。

誰とでも共有できる Asana プロジェクトのフォームのリンクをコピーしている GIF

バグのスクリーンショットが送られてきた場合は、画像の校正を利用して画像に直接コメントを付け、この情報と合わせて問題を報告できます。校正中につけられたコメントはサブタスクになるため、担当者を割り当てることもできます。

4. 会話やメールで報告されたバグをアクションにつなげる

チャットやメール経由で多くのバグ報告を受け取る場合は、フォームのリンクをリクエスト元に送信するほかに、連携を利用して会話からタスクに変換してすばやくアクションにつなげることができます。

Outlook と Gmail の Asana 連携のスクリーンショット

メールの場合は、Asana for GmailOutlook、またはその他のメールクライアントのアドオンを使います。チャットの場合は、Asana for Slack の連携を試してみましょう。

連携により Slack のメッセージから Asana のタスクを作成している GIF

5. 長期的にバグを整理

カスタムフィールドとフォームを使用してプロジェクトを整理するほかに、受け取ったバグを定期的に評価するプロジェクトオーナーの割り当てを行い、常に情報を整理しておくことが大切です。バグの選別を繰り返しタスクとして割り当てることもできます。

すでに同様のバグが報告されていた場合には、選別の際にタスクを統合して、追跡の重複をなくします。

6. バグへのすばやい対応

すべてのフィードバックがすぐに対応を要するわけではありませんが、アクションが必要なフィードバックには、プロジェクトオーナーがタスクと期日を割り当てます。そのタスクには担当者に必要な情報があらかじめ追加されているため、要求される内容が明確です。このため、チームの中で余計なやり取りをする必要がなく、問題解決までの時間が短縮され、お客様の満足度も上がります。

バグを追跡するためのリソース

もっとヒントが欲しい、ビデオのほうがわかりやすい、あるいは Asana のお客様がバグをどのように追跡しているか見てみたい、という方は、こちらのリソースをご参照ください。

バグを追跡するためのリソース リンク
バグ追跡テンプレート テンプレートを使用
ビデオチュートリアル How to Asana を視聴
ケーススタディとウェビナー Asana でバグ追跡を行っている StyleHaul の事例を見る
バグ追跡のヒントについてのブログ ブログを読む
コミュニティとつながる 次回トレーニングに参加またはコミュニティフォーラムでスレッドをはじめる

ログイン

or

パスワードを忘れた場合

登録

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

登録

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

無料トライアルを始める

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

無料トライアルを始める

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

Asana Premium を入手

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

Asana Business を入手

勤務先メールアドレスを入力すると、Asana でチームとつながれます。

登録できませんでした。

アカウントの作成中に問題が発生しました。このウィンドウを閉じてもう一度試してください。

こんにちは。以前にもお会いしましたね!

リンクを次に追加

エラー: リンクを追加する前にワークスペースを選択してください


申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。


料金を計算するには Asana にログインまたは登録してください

or

パスワードを忘れた場合

Asana レッスン

15 分以内の短いレッスンで Asana のいろはを学ぶことができます

タスク

タスク Lessons

あらゆる仕事を管理

3 分

マイタスク

マイタスク Lessons

次にするべきことを常に把握

3 分

プロジェクト

プロジェクト Lessons

チームメイトと一緒に仕事をする

3 分

受信トレイ

受信トレイ Lessons

コミュニケーションをさらに加速

3 分

タスクを使えばあらゆる仕事の管理、コラボレーション、整理を行うことができます。

To-Do リストやアイデア、メモ、リマインダーなどにタスクを使用します。

タスクを自分やチームメイトに割り当てます

Tab+M を押すと、自分にタスクをすばやく割り当てることができます。

期日を追加することで、期限が明確になります。

タスクの説明フィールドには指示内容や期待することを入力します。

@ を入力すると、他のタスクやメンバー、会話、プロジェクトへのリンクを作成できます。

他のユーザーを @メンションすると、その相手はタスクのフォロワーとして追加されます。

新しいコメントや添付が追加されると、フォロワーは通知を受け取ります。

タスクの最新情報を把握する必要があるメンバーは、フォロワーとして追加します。

フォロワーは、フォローを外すことでタスクの通知の受信をいつでも停止できます。

質問をしたり、フォロワーに最新情報を提供したりするには、コメントを追加します。

コメントにいいねすると、あなたがコメントを確認したことがチームメイトに伝わります。

関連ファイルや楽しい GIF ファイルを添付として追加できます。

DropboxGoogle DriveBox から直接添付することもできます。

サブタスクを作成してタスクを小さなステップに分割します。

サブタスクの追加後に Enter を押すと、他のサブタスクも追加できます。

サブタスクには通常のタスクとまったく同じように詳細を含めることができます。

サブタスクにコメントや添付を追加するには、コメントの吹き出しをクリックします。

どの画面でも、トップバーからタスクを作成できます。

すべてのタスクには一意の URL があり、簡単にコピーして共有できます。

おめでとうございます!これでタスクについて習得しました。

次のレッスンに進みましょう!

マイタスクでは、次にするべきことが必ずわかります。

マイタスクとは、自分に割り当てられているすべてのタスクのリストです。

これにより、仕事をシンプルに管理できます。

マイタスクのリストをクリックし、文字を入力するだけでタスクを追加できます。

テキスト文書に入力するときのように、改行すると各行が 1 つの新規タスクになります。任意のリストをペーストして一度に複数のタスクを作成することもできます。

x@mail.asana.com にメールを転送すれば、タスクに変換できます。

添付も含め、メールが Asana のタスクに変換されます。

新しいタスクは最近の割り当てリストの一番上に表示されます。

マイタスクに追加したタスクは自分以外には公開されません。

公開をクリックすると、チームと共有できます。

タスクは今日近日後日に分類することで優先度を設定できます。

タスクの横にある青丸をクリックすると、すばやくソートできます。

今日行うタスクは今日にします。

チームメイトは、あなたのマイタスクリストを見て、あなたが何に取り組んでいるかを確認できます。

ただし、表示されるのはあなたが公開したタスクとプロジェクトで共有されたタスクだけです (プロジェクトについては後述します)。

期限が 1 週間以内のタスクは近日にします。もうすぐ期限のタスクが一目瞭然です。

期日になると、タスクは近日から今日

自動的に移動します。

期限が 1 週間以上先のタスクは後日にします。

期日が近付くまでこれらのタスクを非表示にしておくことができます。

期限の 1 週間前になると、そのタスクは後日から近日に移動します。

マイタスクの優先度を常に設定しておくことで、今取り組むことと、近日中に予定されていることを常に把握できます。

これで仕事の管理と計画の方法について習得しました!

に、Asana でチームと一緒に仕事をする方法を説明します。

プロジェクトを使うと、チームで一緒に一連のタスクに取り組むことができます。

プロジェクトは、プロセスやイニシアチブのステップを管理および整理するのに役立ちます。

イベント計画や製品リリース、投稿カレンダーなどを管理するのに最適です。

マイタスクと同じように、クリックして入力すればプロジェクトにタスクを追加できます。

ステップがすでに文書やメールに記載されている場合は、そのリストをペーストするだけでタスクを作成できます。

タスクをメールからプロジェクトに追加します。

プロジェクトのドロップダウンメニューから、プロジェクトの一意のメールアドレスを確認できます。

タスクを他の関連するプロジェクトに追加します。

タスクは複数のプロジェクトに含めることができます。

リストプロジェクトにセクションを追加して、タスクを整理できます。

タスクの行で Tab+N を押せば新しいセクションを作成できます。

ボードプロジェクトでタスクを整理するにはを追加します。

列間または列内でタスクをドラッグ & ドロップして並べ替えます。

タスクを割り当て期日を設定します。

プロジェクトカレンダーがあれば期限の見逃しを防ぐことができます。

カレンダーでタスクをドラッグ & ドロップすると、それに伴って期日が変更されます。

プロジェクトの最新情報を受け取る必要があるユーザーをメンバーとして追加します。

プロジェクトメンバーには、新しい会話、ステータス、タスクの通知が送信されます。

告知をしたりディスカッションを開始したりするには、プロジェクトに会話を投稿します。

投稿した内容はプロジェクトメンバー全員に送信されます。

進捗を使うと、プロジェクトの進み具合を確認できます。

プロジェクトのステータスを設定し、プロジェクトの進み具合をチームに知らせます。

プロジェクトオーナーは、週に 1 回ステータスを更新するよう促されます。

プロジェクトはサイドバーから開いたり整理したりします。

プロジェクトをお気に入りに登録すれば、サイドバーの上部にピン留めできます。

プロジェクト名の左にあるボタンをクリックすると、プロジェクトがお気に入りに登録されます。

どの画面でも、トップバーからプロジェクトを新規作成できます。

これでチームと一緒にプロジェクトを進めることができるようになりました。

残るレッスンはあと 1 つだけです。

受信トレイでコミュニケーションと調整がさらに速くなります。

受信トレイをチェックして最新情報をすばやく確認し、対応します。

タスクの期日になると、受信トレイに通知が表示されます。

フォローしているタスク、会話、プロジェクトが更新されたときも同様です。

受信トレイを閉じずに、更新情報を開いて対応できます。

更新情報をクリックすると、対応するために必要なすべてのコンテキストが表示されます。

対応が終了した更新情報はアーカイブします。

更新情報の右に表示される X をクリックして、通知をアーカイブします。

アーカイブを開いて、非表示にした更新情報を受信トレイに戻します。

アーカイブされた更新情報の右に表示される矢印をクリックすると、受信トレイに戻ります。

タスクやプロジェクトのフォローを外すと、その更新情報の受信を停止できます。

受け取る (または受け取らない) 更新情報をコントロールできます。

Asana を使い慣れたら、メール通知をオフにできます。

チーム内コミュニケーションの大半は、受信トレイを使うとより簡単に管理できます。頻繁にチェックするようにしましょう。

おめでとうございます!これで Asana で仕事を進める準備ができました。