デザインのフィードバックと検討会議

Asana でデザイン検討会議を管理する方法

手軽に始めるには、Asana テンプレートを使いましょう。テンプレートへのアクセス方法については以下の GIF をご覧ください。

トップバーの + ボタンから Asana のテンプレートにアクセスする方法をデモする GIF

無料ユーザーや、初めから独自の会議プロジェクトを構築したい方、または Asana プロジェクトの全般的なベストプラクティスを確認したい方は、こちらのプロジェクト作成手順をご覧ください。

より効果的な検討会議を行うためのヒント

プロジェクトを構築した後は、次のヒントを活用して効果的に会議を行いましょう。

以下のステップは検討会議に特化したものですが、この枠組みは他のフィードバックプロセスにも応用できます。デザイナー用のプロジェクトを作成してレビューや承認が必要なときに作品を追加し、以下のステップを行ってください。

1. チームメイト 1 名を割り当てて会議の議題を管理する

会議が最も効果的になるのは、議題が明確で、資料に簡単にアクセスでき、すべてをカバーするのに十分な時間がある場合。会議の運営担当のデザインマネージャーやプロデューサーなどのチームメイトがいる場合は、その担当者をプロジェクトオーナーにしましょう。決まった担当者がいない場合は、交代でこの役割を割り当てます。

プロジェクトオーナーは、検討会議の議題にアイテムがあること、アセットが添付されていること、話し合いに十分な時間を確保することに対して責任を負います。

検討すべき作品を議題に追加し忘れないようにするために、リマインダー用の繰り返しタスクを作成し、そのタスクのコピーを割り当てます

2. 既存のタスクを議題に追加する

時間を節約し、コンテキストを明確に保つために、デザイナー/クリエイターにデザイン作品が入っている既存のタスクを議題に追加してもらいます。タスクを複数のプロジェクトに追加するには :

コンテンツカレンダーやローンチプロジェクト用の複数の Asana プロジェクトに同じタスクを追加している GIF

  1. Asana のタスクに移動します。
  2. 「Tab + P」を押します。
  3. 追加先のプロジェクトの名前を入力します。「Enter」を押します。
  4. 1 つのタスクの状態を保ちながら、タスクが複数のプロジェクトに追加されます。

これで会議中に作業ファイルに簡単にアクセスし、同じ場所でフィードバックを追跡して実行可能な状態を保つことができます。

フィードバックを効果的に管理するためのヒント

次のヒントを活用すれば、デザイン検討会議中のフィードバックのやり取りをよりすばやく簡単にすることができます。

1. 会議中のレビュアーによるフィードバックを、コンテキストを維持し、アクションに移せる具体的なものにする

フィードバックは、コンテキストがあり、明確で、1 つの場所からアクセスできる必要があります。そうでなければ、クリエイターは自分の作品に対して何を求められているのかがわからず、混乱し困惑するでしょう。

これを防ぐには、校正用の注釈を使ってアセット上で直接フィードバックを追跡するか、タスクのコメントを使ってメモします。この作業は検討会議中に記録係が行うか、レビュアーが自分で行ってもよいでしょう。校正機能を使えば、具体的な行動に移せるフィードバックが画像のコンテキストの中で 1 つだけ提供されるため、デザイナーはこれを参照して作品を効果的に仕上げることができます。

Asana の画像校正ワークフローの GIF

これで、クリエイターは検討する必要があるフィードバックを明確に把握して作業に戻ることができます。フィードバックを反映するかしないかにかかわらず、作業後、クリエイターは自分が下した決定とその理由についてコメントすることで、レビュアーは自分の意見が伝わったことがわかります。

2. より明確なレビューと承認で期日を守る

キャンペーンのフィードバックをより簡単に提供し、それを反映できるかどうかで、及第点のデザインと、本当に感動を起こすイメージのデザインとの大きな違いが生まれます。以下の手順に従ってすばやく明確に承認を得て、仕事を進捗させましょう。

Asana のカスタムフィールドを使った承認ワークフローの GIF。承認待ちや承認済みの仕事を示すことができる

  1. プロジェクトルールを追加して、自動的にタスクを適切なメンバーに割り当てて完了させたり、進行具合に合わせて別のプロジェクトセクションに移動させましょう。
  2. カスタムフィールド通知を使って、進捗についての最新情報を関係者に欠かさず伝えましょう。たとえば、フィールドが「フィードバック待ち」から「承認済み」に更新されると関係者に通知が送信されます。

3. フィードバックを手元に置きながらデザインに取り組む

フィードバックを受け取った後、参照するためにそれを印刷したり、アプリと画面を行き来したりしていると、作業の効率が下がります。Adobe Photoshop CC や Illustrator CC、InDesign CC アプリで作業している場合は、Asana との連携機能を使用してフィードバックタスクを直接プログラムに取り込み、作業スピードを上げることができます。

Adobe Creative Cloud の連携により Asana のタスクが Adobe プログラム内に表示されているスクリーンショット

連携のセットアップ手順はこちらです。

フィードバックを計画、管理するためのリソース

動画のほうがとっつきやすい、あるいは Asana のお客様による会議の計画やフィードバックの管理方法を知りたい、という方のために、以下にリソースをご用意しました。

リソース リンク
フィードバックテンプレート テンプレートをプレビュー
オンラインコース Asana アカデミーに登録
ケーススタディウェビナー Asana でリモートチームのフィードバックをやり取りする InVision の手法をご確認ください
コミュニティとつながる 次回のトレーニングに参加するか、コミュニティフォーラムでスレッドをはじめる 

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。